美容 健康

女性の抜け毛や薄毛の原因は?予防や対策はできる?シャンプーは重要?

女性の抜け毛や薄毛は年をとると進行すると思われがちで、
「更年期以降の症状」だと思い込んでいませんか?

最近では20代や30代で抜け毛に悩む女性も増えてきています。

抜け毛や薄毛は気になり出してからでは遅いのかしら?
予防法や対策はあるの?

毎日鏡を見るたび気になり悩んでいるひとも多いのではないでしょうか?

「私だけは大丈夫」、なんて思っている人はいないでしょうが、
できる事なら人知れず早めの対策をして、
普段から簡単にケアできるならしておきたいのが本音ですよね。

誰でも年はとるわけですから仕方ありませんが、
若い頃からの抜け毛や、老化による薄毛も、
ケアの仕方次第で進行を遅らせることも可能なんですよ。

スポンサードリンク

女性の抜け毛や薄毛の原因は何?

男性の場合のいわゆる「はげる」原因は遺伝的なものが強いようですが、
それ以外にも要因はいくつもあります。

女性の場合も、原因はひとつではありません。

「原因はこれ!」
と言い切れないのがやっかいなところです。

それでは、
主な原因を確認してみましょう。

■老化
抜け毛や薄毛の進行は頭皮や毛母細胞の老化によって起こるのが普通です。
髪の毛は細胞からつくり出されるので、
つくり出す細胞自体が、
老化してしまうと生産能力が落ちることになります。

そして
つくり出す能力が、
抜けていく数に追いつかなければ当然髪の毛も減り、
 これが細胞の老化、機能低下 ともいえます。

これは、
髪の毛が生えるけど育たない、
産毛みたいなのはあるけど、
しっかりと髪の毛として育っていない、
という男性のケースとは違うのです。

■ホルモン
女性の体にも、男性ホルモンは備わっています。
女性ホルモンの分泌が減って、
男性ホルモンの分泌が増えると抜け毛や薄毛が引き起こされます。

女性は男性ほどの薄毛になりにくいのは、女性ホルモンが機能しているからなのですね。
 更年期になると女性ホルモンが減ってくるので、抜け毛や薄毛は進行する のです。

しかし、
近頃は仕事の形態が変わることなどにより 女性が男性化 してきていることが、
男性ホルモンを増やしていることにもつながっているようです。

若年性の抜け毛、薄毛で悩む女性は心当たりありませんか?
ばりばりの女性サラリーマンですね。

■ストレス
最近は生活の多様化が進み、夜型の女性も増えています。
夜中にインターネットやゲームを楽しんでいるとアッという間に時間が過ぎて、
慢性的に寝不足状態の女性も多いのではないでしょうか。

夜更しをして不摂生な生活を続けていると 「成長ホルモン」 の分泌量が減ってしまいますよ。

それによって、
毛母細胞の働きも弱まります。

その結果、
毛髪の成長も妨げられ、太い力強い毛が生えなくなり、大量の抜け毛を招いてしまうのです。

頭皮自体へのストレス (紫外線・シャンプーの仕方など) 
ファッション (パーマ・ヘアカラー・スタイリング剤・ストレスのかかる髪型など) も大きく影響しています。

頭皮によくないシャンプーやドライヤーなど、日常的に誤ったヘアケアをしていると、薄毛になりやすくなるのです。

■過度のダイエット
髪の毛は、 蛋白質(タンパク質)、脂質、色素(メラニン) で構成されています。

適度な運動と栄養を考えた食事によるダイエットならば問題はありませんが、
若いうちは「とにかく食べる量を減らす」ダイエットをしがちです。

髪の毛の原料すらも減らしていることになるのです。

これでは、
栄養バランスやホルモンバランスが乱れてしまうし、
自律神経の乱れやストレスを招くことにもなりかねません。

 自律神経が乱れると血流が悪くなって、   頭皮と髪に栄養が充分行きわたらなくなり、ヘアサイクルも乱れてしまう のです。

女性の抜け毛や薄毛の予防や対策は?

それではどのような予防や対策をしたら抜け毛や薄毛は防ぐことができるのでしょう。

予防としては、
老化は自然現象ですよねー。

なので、
止めることはできません。

しかし、
早めにケアすることで頭皮の老化の進行を遅らせることはできます。

これは、
 お肌の老化を遅らせるようにすることと同じ でなんですよ。

上の原因(老化、ホルモン、ストレス、過度のダイエット)をすべて取り除くことは無理かもしれないけど、
少しでも取り除くことができればそれが予防につながるのです。

ではどのような対策が有効なのでしょう。

まずは、
毎日しっかりと睡眠をとることが重要です。

睡眠中は、成長ホルモンが分泌され、同時に血液により栄養が運ばれています。

特に、 午後10時から午前2時 が、成長ホルモンが最も盛んに分泌されます。

この4時間の間にかかるように意識して寝ることが大切です。

そして、
カラーリングとパーマは控えめにしましょう。

パーマやカラーリングを繰り返すことで、キューティクルが破壊されて、髪が細くなり、ハリや弾力が失われてしまいます。

スポンサードリンク

最近はダメージの少ないカラーやパーマも出てきています。
頭皮や髪の健康のためには、やらないことが一番ですが、それは無理ですよね。

なので、
 ダメージの弱いものを利用するか、頻度を減らすように しましょう。

カラーリングやパーマ液を頭皮につけてしまうことが、
髪を細くしてしまう大きな原因なので、
液を頭皮に直接つけない 技術の高い店舗を見つけだすのも一つの手 です。

そして、
バランスの良い食事と規則正しい生活を心がけましょう。
髪の健康にはとても大切なんです。

血液が髪まで栄養を送れるように、
髪や頭皮に良い食べ物も、積極的に摂るようにしましょう。

髪に良い成分
■たんぱく質 (しらす干し、牛肉、まぐろ、など)
■亜鉛 (牡蠣、牛肉、卵の黄身、など)
■ビタミンB6 (にんにく、まぐろ、鶏ひき肉、など)
■ビタミンE (いくら、モロヘイヤ、大根、など)
■銅 (レバー、桜えび、納豆、ココア、など)

女性の抜け毛や薄毛の予防や対策でシャンプーは重要?

 シャンプーはとっても重要 です!

頭皮は顔の皮膚と一枚の皮でつながっているので、似た性質を持っています。

なので、
乱暴な洗い方をするとすぐに傷がついてしまいます。
お肌のお手入れと同じなんですね。

多くの方は(私も含めて)
お肌のお手入れは念入りにするのに対して、
頭皮にお手入れはあっさりとあまりシャンプー剤にも洗い方にもこだわっていないのではないですか?

そこで、
抜け毛や薄毛対策に「シャンプーの見直し」をしてみましょう。
シャンプーの種類も洗浄成分によって次の3種類に大きく分けられます。

■高級アルコール系シャンプー
■石けん系シャンプー
■アミノ酸系シャンプー

最も多く出回っているのが、

■高級アルコール系シャンプーです。
洗浄成分に 石油合成系活性剤を使用 しています。
泡立ちがよく、皮脂をキレイに洗い流すシャンプーなのですが、
洗浄力が強いため、頭皮の保護に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

また、
刺激も強いので、乾燥肌や敏感肌の方は注意が必要です。

すすぎが不十分で微量でも頭皮に成分が残ると、
皮膚へ浸透し、頭皮の炎症や毛母細胞にダメージを与える可能性があります。

■石けん系シャンプーは、
洗浄成分に 石けんを使用 したシャンプーです。

刺激が弱く、頭皮に優しいのが特徴なのですが、
石けんはアルカリ性のものが多いため、
弱酸性の髪に使用するとキューティクルが毛羽立ってしまいます。

そのため、
泡立ちが悪い、髪がきしむ、ゴワつくなど、使い心地が悪いことがあるので、
石けん系シャンプーを使ったあとは、
酸性のリンスで髪の毛を弱酸性に戻す必要があるのです。

■アミノ酸系シャンプーは、
洗浄力は弱くなりますが、抜け毛予防に適したシャンプーなのでおすすめですよ。

髪や頭皮はタンパク質で作られ、タンパク質はアミノ酸によって構成されています。

洗浄成分にこのアミノ酸を使っているため 刺激が少なく、頭皮を守るバリアの役割をする皮脂を適度に残しながら汚れを落としてくれるのです。 

シャンプー剤が決まったら次は、

正しいシャンプーのやり方

1.ブラッシングしましょう。
フケやほこりを落とすために、
毛先から、その後全体を丁寧にブラッシングし、頭皮の血行を促しましょう。

2.充分に髪にシャワーを当てましょう。
流すという感覚で行いましょう。
髪の汚れは、
なんとこのプレシャワーリング(前流し)だけで70%位落ちちゃいます。
2~3分充分に行ないましょうね。
これによって、シャンプー剤も少ない量で充分な泡立ちが得られます。

3. シャンプー剤を手に取り馴染ませながら髪に塗布しましょう。
十分に泡が立つまで揉み洗いをします。
爪を立てずに指の腹で頭皮を洗っていきましょう。
充分にマッサージをする感覚で洗っていきましょう。
ムースやスプレー等を使用してる方は2度洗いをオススメします。

4.最後の流しは重要です。
充分過ぎるくらいシャンプー剤を流しましょう。
最低でも3分以上はシャワーで流し、
シャンプーの成分が頭皮に残らないようにしましょうね。

シャンプーの頻度
・3日に1回でも大丈夫です。脂症の人でも2日に1回程度でもOKです。
・シャンプーしない日は、お湯洗い。よごれをもみ出すように、やさしく。
・毎日のシャンプーは多すぎますが、水(湯)だけの洗髪なら毎日でもOK。

関連記事
「産後のひどい抜け毛の原因は?いつまで続くの?改善するための対策は?」

まとめ

ストレスや疲労をため過ぎないようにし、
寝不足をなくし日頃の生活習慣に気をつけ、
規則正しい生活とバランスのよい食生活を心がけましょう。

これは、あらゆる健康の基本ですよね。

髪は野菜や果物を育てるのと同じ、
頭皮は土地の役割をはたしているのです。

健康な頭皮で栄養タップリな太い髪を育てましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?
  2. 大学入学式で男性が着るスーツの値段や色は?コーディネートに必要な物は?
  3. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  4. 深大寺だるま市2017年の開催日程や気になる開眼時間!見どころやアクセス情報は?…
  5. だるま目入れのタイミング右左どちらから?設置場所や供養方法!願い叶わぬときは?

関連記事

  1. 美容 健康

    日焼け後の皮むけの対処方法 再生にかかる期間とケアの方法は?

    夏が近づき日差しが強くなると困ってしまうのが日焼けですよね。屋…

  2. 美容 健康

    爪ゴツゴツした縦線の原因と消す方法は?病気が心配何科にいく?

    最近、爪の縦線が気になっていませんか?男性も女性もやっぱり爪は…

  3. 美容 健康

    ローズヒップティーの選び方とおいしい食べ方!お風呂でも効果ある?

    透き通るような鮮やかな赤色に、甘酸っぱい香りのローズヒップティー。…

  4. 美容 健康

    バストの垂れる原因と防止策は?寝る時にブラジャーはつける?つけない?

    いくつであっても、女性にとってバストの悩みは尽きませんよね。…

  5. 美容 健康

    円形脱毛症ヘアカラーやパーマ大丈夫?隠し方や効果のある良い食べ物は?

    円形脱毛症になって数ヶ月経ってくると、以前染めた部分と、伸びて…

  6. 美容 健康

    わき汗のニオイ対策は身体の清潔と洗濯の工夫 と制汗剤の使い方がカギ

    気温が上がり、ムシムシと暑い日が続くと、気になってくるのが汗のニ…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP