赤ちゃん 子供 育児

赤ちゃんノロウイルス感染時の症状は?感染経路は?予防策や対処法は?

冬には色々な感染病が流行りますよね。
インフルエンザに並び、最近よく耳にするのがノロウイルスです。

このノロウイルスですが感染力がとても高くて、
特に、
免疫力の低下した赤ちゃんやお年寄りには、
とてもリスクが高い病気です。

赤ちゃんがかかってしまったらどうしたらいいの?
考えるだけで、
ママは心配と不安でいっぱいになっていませんか?

赤ちゃんがノロウイルスにかかってしまったら、
いち早く気付いて対処してあげたいですね。

そのためにも、
ノロウイルスについて知っておきましょう。

今日は、
赤ちゃんがノロウィルスに感染してしまった時の症状や、
ノロウイルスの感染経路、
予防策や対処法についてお話しします。

スポンサードリンク

赤ちゃんがノロウイルスに感染した時の症状は?

ノロウイルスは とても強力な感染力 を持っています。

これらの症状がノロウイルスの初期症状ですよ。

■突発的な噴水のような嘔吐を繰り返します。
■固形物(離乳食)も水分(母乳、ミルク)も、
全部噴水のように嘔吐してしまい、
水分が思うように取れない場合は、
脱水症状を起こしてしまう可能性もでてきます。
■嘔吐のあとは水っぽい白っぽい下痢を何度もして、
おしりがかぶれることもあります。
■嘔吐や下痢で体力を使うため、ぐったりし不機嫌になります。
■嘔吐や下痢と同時に微熱や高熱を出す赤ちゃんもいます。

このように、
ノロウイルスは症状が強力なので、 最初から辛い症状が続く のです。

早く初期症状に気がついて病院に連れていくことが重要なんですよ。

赤ちゃんは下痢や嘔吐で、すぐ脱水症状になってしまうなんてことも・・・

脱水症状は命に関わる問題なので、

・赤ちゃんがぐったりしている、
・顔色や唇の色が悪い、
・目がうつろで反応が鈍い、

こんな場合は、
個人で判断せずに、早急に病院で診察を受けてくださいね。

赤ちゃんがノロウイルスにかかる感染経路は?

ノロウイルス感染症の おおもとの感染源 は、
生カキを食べると感染すると言われていますが、
生カキだけではなく、
カキなどの二枚貝の体内にノロウイルスは潜んでいて、
加熱が不十分なまま(80℃以上で1分以上の加熱)二枚貝を食べた場合に、
 ノロウイルスは体内に侵入して胃腸内の細胞にとりついて増殖 していくのです。

でも・・・

赤ちゃんは生ガキや二枚貝は食べられませんよね。

なのに、
ノロウィルスに感染する確率が高いのはなぜなのでしょう?

それは、
人体に侵入したノロウイルスは、
体内で増殖して便や嘔吐物として体外へ排出されます。

この便や嘔吐物が感染源となって、
 人から人へ感染が拡大しノロウイルスが流行 するのです。

二次感染能力が強い点もノロウイルスの大きな特徴なんですよ。

このノロウイルスに感染した人の手から食事が作られて、
それを食べた人にまた感染するといった、
二次感染からどんどん広がってしまううんですね・・・

免疫力の弱い赤ちゃんは簡単に感染してしまうということです。

感染した人の使ったお箸で一緒の料理を食べるだけでも、
感染するとも言われているくらいですから、
 なんでも触りたがり、 なんでも口に入れてしまう赤ちゃんは、 感染の確率がグンと上がってしまう ということなんですね。

赤ちゃんがノロウイルスに感染した時の予防策や対処法は?

すべての感染症に共通する重要なことは、感染を未然に防ぐ予防策です。

赤ちゃんのノロウイルス感染症の場合は、
まず、
外からウイルスを持ちこまないことです。

ノロウイルスの感染経路は基本的に口からのため、
手についたウイルスを口にいれないことが大切です。

赤ちゃんはもちろんですが、
家族全員が帰宅時やトイレのあとは、
石けんでていねいにしっかり手洗いをしましょう。

手を洗うときには 15秒以上、手を水で流しましょう。 

そして、
睡眠は十分にとり、食事もバランス良く食べて体力の低下を防ぎましょうね。

食べ物はよく過熱してから食べると食品からの感染リスクを減らせます。
一般的に80℃以上で1分以上の間加熱すると、ウイルスが死滅するといわれていますよ。

授乳の際は、哺乳びんやおっぱいなどを清潔に保つことが重要です。

調理器具の洗浄や消毒をきちんと行うことも予防につながりますね。

では、
赤ちゃんがノロウイルスにかかった場合の対処法を確認しておきましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんにノロウイルスの疑いがあるときは

1.あわてずに様子を観察しましょう。
2.脱水症状を起こさないようにこまめに水分補給しましょう。
3.早めにお医者さんに診てもらいましょう。

病院でノロウイルスと診断されると、点滴や整腸剤など処方されます。
薬は処方されたものをしっかり飲ませましょうね。
自己判断で解熱剤や下痢止めを飲ませることはやめましょう。

大切なのはこまめな水分補給ですよ。

嘔吐が激しい場合の母乳やミルクの与え方は?

1回の量を少なめに飲ませましょう
■吐いた後はすぐに飲ませたりしないで、しばらく様子を見ましょう。
■授乳後30分~1時間の間に吐かないようなら、さらに飲ませてみましょう。

赤ちゃんが 全くおっぱいやミルクが飲めない場合は 
脱水症状になる可能性高いので、すぐに病院で受診しましょう。

また、
飲んでいても、
 嘔吐の回数が多い場合も 
脱水症状になってしまう可能性があるので、すぐに病院で受診しましょう。

離乳食が進んでいる赤ちゃんの場合は?

離乳食が始まっていても、
赤ちゃんが食べたがらない場合は無理に食べさせる必要はありませんよ。

もし、
赤ちゃんが食べ物を欲しがった時は、

 おかゆややわらかく煮込んだうどん、 ゆでたじゃがいもなど 
でんぷん質の多いものを少量ずつ食べさせてみましょう。

回復してきたら食べるものの種類や量を増やすようにし、
通常の離乳食になるべく早く戻すようにしましょう。

回復するまで避けておきたい食材は?
・脂っこい食べ物
・食物繊維の多いもの
・刺激の強いもの
・柑橘類やその他の果汁など

これらの食べ物は胃に負担がかかるので、
完全に回復するまでは食べさせないようにしましょうね。

それでは、
赤ちゃんが完治したあと、
 再度ノロウイルスにかからないように、 家族に移らないための対処法  も確認しておきましょうね。

ノロウイルスの免疫は持続期間が短く、種類も多いので、
一度ノロウイルスに感染し免疫ができても、
違う種類のノロウイルスに感染してしまうことがあるのです。

一冬に2回感染することも十分にあり得るのです。

ノロウイルスは基本的にアルコール除菌では死滅しません。

なので、
塩素系漂白剤で消毒する必要があります。
 作り方は、水5リットルに対して50mlのハイター などを入れましょう。

■洗濯物は赤ちゃんのものと家族のものは別にしましょう。
赤ちゃんのものだけ熱湯で1分以上付け込みましょう。
■赤ちゃんの嘔吐物はキレイに拭き取り、
塩素系漂白剤をしみこませた布などでキレイに拭き取りましょう。
■ふとんなどに嘔吐物が付いた場合は、
塩素系漂白剤などで拭き取った後に外に干しましょう。
干すことが無理な時は、
拭いた場所をしっかりと、ふとん乾燥機やドライヤーで乾かしましょう。

また、
ドアノブやトイレ、嘔吐後などにスプレーして拭き掃除する場合は、
手袋とマスクを必ずつけてから行い、
拭きとった雑巾やペーパータオル、
マスクや手袋などはビニール袋に入れて、
固く口を縛ってから捨てるようにしましょう。

このような作業をする時やおむつ替えの時は、
必ずビニール手袋やマスクをし予防しましょうね。
マスクや手袋などはビニール袋に入れて、
汚れたおむつもビニール袋にいれて、
固く口を縛ってから捨てるようにしましょう。

そして、
一番重要なのは、
 ビニール手袋をして作業をしても、手洗いは石鹸を使用してしっかり洗い、 30秒以上流水で流して洗う ことです。

関連記事
「赤ちゃんノロウイルス嘔吐下痢はいつまで?離乳食やお風呂はどうする?」

まとめ

大切な赤ちゃんや家族を守るためにも、
しっかりと知識をつけてノロウイルスを予防しましょう。

赤ちゃんがノロウイルスに感染してしまったときは、
あわてずに落ち着いて対処し、
二次感染しないように十分に気を付けましょう。

脱水症状にならないように注意して観察し、
気になる場合はすぐに病院で受診しましょう。

寒い冬、健康で笑顔で乗り越えたいですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?
  2. さつまいもの栄養と効能!調理法の注意点と新鮮に長期保存するには?
  3. 成人式の振袖レンタル予約はいつする?相場は?選び方のポイントは?
  4. 大学入学式で男性が着るスーツの値段や色は?コーディネートに必要な物は?
  5. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?

関連記事

  1. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんの蚊除け蚊取り線香は安全?天然除虫菊や電気蚊取り器はどう?

    夏が近づいてくると、気になるのが「蚊」の存在。赤ちゃんが生まれて初…

  2. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんの蚊よけ対策 ディートに注意!安全なハッカ油スプレーの作り方

    夏が近づいてくると、気になるのが「蚊」の存在です。赤ちゃんが生…

  3. 赤ちゃん 子供 育児

    ベビーサンダルの安全な選び方 つま先のケガに注意!靴下は履くの?

    よちよち、とことこ。あかちゃんが、歩けるようになって初めての夏…

  4. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんファーストシューズはいつから?選び方は?嫌がる時はどうする?

    つかまり立ちから、伝い歩き、よちよちとバランスをとりながらのひとり歩き…

  5. 赤ちゃん 子供 育児

    母親が食中毒 母乳飲ませていい?赤ちゃんにうつる?具体的な予防と対策!

    梅雨のジメジメした季節や真夏になると、食中毒のニュースがテレビで流れて…

  6. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんは温泉にいつから入れていいの?泉質のおすすめと注意点は?

    秋の行楽シーズンです!この季節になると行きたくなるのが温泉旅行です…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP