観光

御朱印とは?もらい方のマナーと代金はいくら?

以前、宮崎県の青島神社を参拝した時のことです。

女性数人のグループが御朱印帳を手にしているのを見て、
よくわからないけど、
「私も参拝の記念に!」と御朱印帳を購入し、御朱印を書いて頂きました。

その御朱印を見て、ありがたさが心にジーンときたのを覚えています。

そのとき、
「今後は神社参拝の際は記念に御朱印書いて頂こう!」と思ったのですが・・・

何の知識もないため、御朱印帳の御朱印は今もたった一つのまま・・・

私のように、
御朱印のことをもっと知りたいと思っている方は多いのではないでしょうか?

そこで今日は、
御朱印とは?
御朱印のもらい方のマナー、
御朱印にいくらお支払いしたらいいのか?

これらについて調べてみました。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

御朱印とは?

現在では誰でも簡単に御朱印を頂くことが出来ます。
神社やお寺に参詣した記念や証明のようになっていますよね。

しかし、
本来はもう少し意味があるものなのです。
観光地などの「記念スタンプ」などとはまったく意味合いが違いますよ。

では、
本来の 御朱印の意味を確認 してみましょう。

御朱印の始まりは観音霊場です。
西国三十三ヶ所が一番古くて有名です。
この霊場を巡拝するときに、巡礼者はあらかじめお寺の数だけ 写経 をし、
 住所、氏名、年齢、祈願内容 などを記載した木の札を用意していきました。
これらを各お寺に奉納することで、その証明として頂いたのが御朱印なのです。

今でも、霊場のことを札所といいます。
ご詠歌で「お参りする」という意味で「札を打つ」というのはこの伝統があるからなんですね。

そして、
お寺より頂く御朱印は、
 信心の証 と同時に、
お寺を巡るという宗教的な善を行うことで 罪が消えたという証明 でもあったのです。

このことから、
御朱印を持つ者が亡くなった時には、
棺の中に御朱印を忘れずに入れてあげるべきもので、御朱印を持っていれば地獄に落ちないと考えられ、庶民にとっては大切な「成仏の保証書」だったんですね。

このように、
本来御朱印は、参拝者が写経をお寺に納めた際にいただく印だったのです。
それが江戸時代後期のころから、
納経しなくても参拝のあかしとして頂けるようになります。
やがてこれは神社にも広がるのです。

御朱印は、
御守やお札と同じに神仏や寺社名が書いてあります。
なので、
御本尊や御神体の分身といっても言い過ぎではないですよね。

そして、
印刷物と違い、まったく同じ物はありません。
同じ寺社の御朱印でも書いてくださる方によって筆跡は違い、
押し印は押し方の強弱によっても、朱墨のつき方によって濃淡が違うのです。

また、
御朱印のデザインは不変ではありません。
月日が経つと変更する場合もあるので、再度訪れた時に同じデザインのものが頂けるとは限らないんです。
書いてくださる方は、 あなたのためだけに心を込めて一字一字ていねいに書き押印 してくださってるんです。

すべての御朱印はその時の「ご縁」で授かったオンリーワンアートということです。

スポンサードリンク

粗末に扱わないようにし、ずっと大切に保管したいですね。

御朱印のもらい方のルールは?

御朱印は御朱印帳や納経印帳とよばれる専用の帳面に押印してもらいます。
御朱印を押してもらうためには、 まず御朱印帳を用意 しましょう。

御朱印帳は、
比較的大きな神社やお寺、文房具屋、インターネット通販で購入することができますよ。

用意ができたら、
一度に多くの御朱印の依頼が参拝者からくるお寺や神社もあるので、取り間違えのトラブルが起こらないように御朱印帳の内側などに名前を記入しておきましょうね。

御朱印は「参拝した証」なので、
基本的に御朱印を依頼する際は必ず参拝を終えてからにしましょうね。

お寺や神社が混み合ってる場合には、
先に御朱印帳を御坊様、神職様、宮司様に預けて、参拝している間に御朱印を押印して貰える場合もありますよ。
時間がない場合は相談してみるのもいいですね。

では実際に、お寺や神社のどこにどのように依頼したらいいのでしょう。

大きなお寺や神社には、売店や入り口に「御朱印所」という場所があります。
御朱印所に行き 「御朱印を頂けますか」とうかがいましょう。 

そして、
 御朱印をいただくページを開き「こちらへお願いします」と一言添えて 渡すのです。

受け取る際には両手で受け取り、忘れずにお礼の言葉を延べましょう。

心をこめて墨書きしてくださっている間は御坊様、神職様、宮司様に質問や雑談は控えましょうね。
目の前で他の方とおしゃべりしたり、スマホでお話をするのも書いてくれる方に失礼です。
静かに待つよう十分に注意しましょうね。

御朱印所がない場合もあります。
このような時は
 社務所やお寺の住居の呼び鈴を鳴らして
「御朱印をお願いできませんでしょうか?」
と依頼 
してみましょう。
こころよく対応してくれるでしょう。

御朱印代金はいくらお支払いするの?

御朱印を受け取る際には御朱印代をお支払いしましょう。

300円〜500円が相場です。

金額が決まっているところはいいのですが、
 「お気持ちで」 と言われるとこまっちゃいますよね。
この場合は相場の300円〜500円程度をお支払いしておきましょう。

この時、
お寺や神社に手間をかけないように100円玉か500円玉など小銭を準備しておきましょうね。

もし、
 「御朱印代は結構です」 といわれた場合は・・・
「お賽銭しておきます。」と言って相場の300円〜500円程度をお賽銭をすれば丁寧ですね。

まとめ

御朱印の本来の意味を分かった上で、
本来の目的とは少し違いますが、
お寺や神社から頂いた御朱印をアートとして鑑賞するのも大きな魅力です。

その芸術性は海外でも広まってきているようですよ。

あなたも、
もらい方のマナーをしっかり守り、
これからオンリーワンアートの御朱印を集めてみましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  2. さつまいもの栄養と効能!調理法の注意点と新鮮に長期保存するには?
  3. だるま目入れのタイミング右左どちらから?設置場所や供養方法!願い叶わぬときは?
  4. 深大寺だるま市2017年の開催日程や気になる開眼時間!見どころやアクセス情報は?…
  5. 土鍋の使い始め目止めにおかゆを作る理由は?上手なお手入れと使い方は?

関連記事

  1. 観光

    埼玉県の桜 日本さくらの名所100選にも選ばれたアクセス抜群の「熊谷桜堤」

    いよいよ春ですね〜この季節のイベントは何と言っても、お花見です。…

  2. 観光

    旅行用リュックの容量を判断する目安と選び方!登山用との違いは?

    旅行の準備でまず迷うのは、「どんなバックで行こうかなぁ〜」ですよね。…

  3. 年中行事

    平塚七夕祭り2015の日程と時間 子連れでもOK?屋台グルメを楽しもう

    関東三大七夕祭りの一つとも言われている平塚の七夕祭り今年の日程(開…

  4. 観光

    鎌倉 成就院!海を一望できる景色とあじさいの見ごろは?混雑とアクセスは?

    6月といえば梅雨出かけようと計画しても雨雨雨、がっかりです…

  5. 観光

    イチゴ狩りのシーズンはいつ?おいしい時期と見分け方や食べ方は?

    真っ赤で美しい艶があって、近づくとたまらなく甘い香りが鼻をくすぐって、…

  6. 観光

    鎌倉「明月院ブルー」あじさいの見頃と穴場スポット!混雑状況とアクセスは?

    雨がシトシトと降り続く梅雨の時期。気持ちが重たくなりがちですが…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP