美容 健康

爪ゴツゴツした縦線の原因と消す方法は?病気が心配何科にいく?

最近、爪の縦線が気になっていませんか?

男性も女性もやっぱり爪はピンク色で、ツルッとピカピカに光っていてほしいですよね。

この気になる爪の縦線・・・
若々しくないし、ゴツゴツしていて綺麗じゃない。

この爪の縦線の原因はなに?
消す方法はあるのかな?
もしかして病気も考えられる?
心配な時は何科にいったらいいの?

このように、
いつも目にしている自分の爪ですが、以外にしらないことばかりで戸惑っていませんか?

今日は、
気になる爪のゴツゴツした縦線についてお話しします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

爪のゴツゴツした縦線の原因は?

爪の ゴツゴツした縦線 はなぜできるのでしょう。

その原因は爪ではありませんよ。
「えっ?」
と耳を疑っちゃいますが爪以外にあるんです。

爪に原因がないとはどういうことなんでしょう。

縦線は、
爪自体に問題あるのではなく、 爪の下の皮膚に問題がある のです。

その問題は、
驚くことなかれ老化現象なんです。

爪は指の皮膚に密着してくっついていますよね。
この指の皮膚が、お顔のシワのように縦にシワができちゃうと考えられているんです。

そして、
そのシワの入った皮膚に密着している爪に、一緒にシワができてしまうんです。

このように、
爪が皮膚に押され引っ張られて、ゴツゴツした縦線を爪に浮き上がらせていたんですね。

なので、
爪自体がシワになっているのではなく、指の爪裏側の皮膚のシワが表に爪を通して写っている状態ということです。

老化が爪にまで現れるなんて、なんだか悲しくなってきちゃいますね。

爪のゴツゴツした縦線を消す方法はある?

爪のゴツゴツした縦線は老化現象が原因なので、縦線を消すには、指の爪裏のシワを消すことです。

それは、
体の老化現象と戦うということになります。

でも、
薄〜い縦線なら、ネイルケア用のヤスリを軽く当てるだけで綺麗になりますよ。

しかしこれは、
あくまでならす程度に削るのを基本としておきましょうね。

綺麗にしたい一心でいつまでも長く、強くヤスリを当てるのは危険ですよ。

明らかに激しくゴツゴツ縦線が入ってる場合、
ヤスリで削っても完全には綺麗に消えるものではないからです。

爪は思っているほど分厚くないので、過剰に削り過ぎると割れて出血し激痛を伴うことになりますよ。

このように、
どうしても爪にばかり目がいきがちですが、
実際は皮膚の老化現象がによるシワと同じなのだから、
爪のシワだけど皮膚全体のシワと考え、目元、顔、手などのシワと同じ対策をすればいいのでしょうが、
爪の場合は目元、顔、手などのシワのように、美容液を塗ったり、エステに行ったりできませんよね。

だって、
悪いのは爪ではなく、爪の裏の指の皮膚が問題なんですから。
美容液を爪の上から塗っても弾いてしまい、爪裏には浸透しないから無駄なんです。

なので、
 できることはたった一つ ですよ。
体の内側からのアンチエイジングやエイジングケアをすることです。

スポンサードリンク

アンチエイジングの基本は、
加齢で失っていく 若さの源の「成長ホルモン」の分泌量を増やす ことですね。

この成長ホルモンを増やす方法は、

■毎日の食事で
・空腹の時間を必ず作る
・血糖値を急激にあげない
・タンパク質を必ず摂る
・アミノ酸をしっかりと摂る
■運動は激しくないものを選ぶ
■しっかりと睡眠を取る
■寝る前の食事は避ける
■ストレスを溜めない
■恋愛で心をドキドキワクワクさせる

爪のゴツゴツの縦線だけでなく、
髪の毛の伸びや艶、肌の張りなどの 美容面、  怪我をした時の 治りの早さ 
翌日の朝の疲労感の違いの 健康面、  これらも「成長ホルモン」の分泌量を増やすことで満足できるようになるはずですね。

爪の病気が心配な時は何科にいったらいい?

ほとんどの場合、
加齢による老化現象や生活習慣、栄養不足、ストレスによるものが多いですが、中には取り返しの付かない大きな病気の前触れという事もあるので、
 爪に異変やおかしな症状が見られたときは病院を受診 しましょう。

では、何科にいったらいいのでしょう。

爪は体調のバロメーターといわれています。
爪は硬いことから骨のようなものと勘違いされることが多いですが、
実は皮膚の付属器官なんです。

髪の毛や皮膚と同じ 「ケラチン」というタンパク質の一種 でできていて、髪の毛と爪は一緒の性質なんです。

皮膚の角質が硬化することで爪になるのです。

なので、
基本的には、
爪が病気になったときは 皮膚科の病院を受診するのがいい でしょう。

しかし、
爪の症状によって皮膚科でなく他の専門科に受診する方がいい場合もあるんです。

爪の変色や変形などは他の病気が潜伏していることもあるからです。

爪の色が白濁色になれば、
肝硬変や肝臓ガン、慢性肝炎などが疑われます。
ばち指になれば、
肺がんや肺気腫などが疑われます。
 内科や呼吸器科を受診するのがいい でしょう。

指の爪全体に黒い線や斑点が現れている場合や、爪の色が赤や灰色などに変色している場合、
内臓や肝機能系のトラブル、または悪性腫瘍の可能性もあります。
 大きな総合病院を受診 しましょう。

まとめ

気になる爪のゴツゴツした縦線は老化現象が原因です。

若さの源の美容面にも健康面にも効果のある
「成長ホルモン」の分泌量を増やして爪のゴツゴツした縦線を消しましょう。

爪が変色、変形したからといってすべてに他の病気があるわけではありません。

疑いすぎるのはよくありませんが、
爪が体調を知らせてくれているかもしれませんね。

症状が気になる時は病院を受診することをおすすめします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?
  2. 車の運転中に眠くなる理由は?眠気対策はこれ!もしかしたら病気?
  3. 深大寺だるま市2017年の開催日程や気になる開眼時間!見どころやアクセス情報は?…
  4. 土鍋の使い始め目止めにおかゆを作る理由は?上手なお手入れと使い方は?
  5. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?

関連記事

  1. 美容 健康

    ローズヒップティーの栄養成分と嬉しい効能や効果!副作用は?

    女性に人気が高いローズヒップティー。私も飲んでみようかな〜…

  2. 美容 健康

    女性の抜け毛や薄毛の原因は?予防や対策はできる?シャンプーは重要?

    女性の抜け毛や薄毛は年をとると進行すると思われがちで、「更年期以降…

  3. 美容 健康

    産後の抜け毛を予防する栄養素と予防効果がある食べ物は?

    出産後、「抜け毛がひどくて・・・」どうしたらいいの?抜け毛…

  4. 美容 健康

    花粉症で鼻のかみすぎ肌が赤くヒリヒリ荒れて痛い時の対処法は?化粧はする?

    毎年恒例の花粉症の季節がやってきました。何回経験しても辛く、一向に…

  5. 美容 健康

    ニキビと吹き出物の違いは?原因はなに?オロナインは効くの?

    若いころは肌トラブルなんてなかったのに、年齢を重ねたら急に・・・…

  6. 美容 健康

    わき汗のニオイ対策は身体の清潔と洗濯の工夫 と制汗剤の使い方がカギ

    気温が上がり、ムシムシと暑い日が続くと、気になってくるのが汗のニ…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP