赤ちゃん 子供 育児

子供へ運動神経は遺伝する?良くするには?おすすめトレーニング方法!

赤ちゃんが生まれたとき、「健康で元気に育ってくれたら何も言うことはない!」と思っていても、
日々成長し大きくなってくると、この子には「スポーツが得意な運動神経のいい子どもに育ってほしい!」という思いが強くなってきますよね。

パパが運動神経いいから大丈夫かな?
ママが運動オンチだとこの子もオンチになっちゃう?
やっぱり、スポーツ教室は必要?
いったいどうしたらこの子を運動神経のいい子に育てることができるの?

可愛いお子さんと接しながら不安になったり迷ったり心配したりしていませんか?

今日は、
運動神経は子供へ遺伝するのか?しないのか?
運動神経を良くするにはどうしたらいいのか?
おすすめのトレーニング方法についてお話しします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

子供へ親の運動神経は遺伝するの?

赤ちゃんが生まれ、健康で元気に成長してくるとパパやママは運動神経について気になってきますよね。
そして、運動神経は遺伝するものと思っている方も少なくないようですが・・・

運動神経は遺伝はしませんよ。

 運動神経の良い、悪い、とは神経が発達する時期にどれだけ体を動かしたかによって変わってくる んです。

ではなぜ、運動神経は遺伝すると思われているんでしょう。

それは・・・
運動の得意な親か、苦手な親かによって変わってくるからです。

運動が苦手な親は好んで子供と体を動かして遊ぼうとは思わないですよね。だって運動しなくったって子供と一緒に楽しく遊ぶことはたくさんありますもんね。

しかし、運動が得意の親は常に子供と体をつかって遊ぶことを考えます。その方が親も楽しいからですね。

このように、 運動の得意な親と苦手な親では体を動かして遊ぶ回数は断然違ってきちゃいます。 

運動神経は使えば使うほど発達します。
運動を司る神経組織を鍛えることで、脳からの指令がスムーズに速く、そして正確に伝えることができるようになることで、運動神経の良い身体が出来上がるのです。

この脳と身体をつなぐ神経(運動神経)の発達しやすい時期は、 3〜5歳、10〜12歳、15〜18歳 といわれています。

■3〜5歳には、
走る、飛ぶ、つかむなど、人間の基本動作にあたる運動神経が発達します。

■10〜12歳のこの時期は、
ゴールデンエイジと呼ばれて、脳と身体のつながりが大きく発達する時期です。
動けば動くほど脳がどんどん吸収するので、子供に色々な運動を経験させてあげましょう。

■15〜18歳のこの時期は、
リンパの働きがもっとも活発に働く時期です。
ヘトヘトになるまで運動したはずなのに一晩でケロっと回復しちゃいます。
それに加えて身体も筋肉も発達する時期なので、ゴールデンエイジの時に鍛えられた神経に身体の成長が追いつき、大きなパフォーマンスを発揮する事が可能になります。

厳密にいうと、 生れつきの運動能力(骨格や筋肉の質)などの遺伝は否定できません。  しかし、そこが大事ではないんです。

トップアスリートの遺伝子を受け継いだお子さんが生まれたとしても、まったく運動をさせなければ宝の持ち腐れになってしまうでしょう。
両親が運動が苦手だったとしても、運動ができる環境を与えてあげれば、優秀な遺伝子を持っていても運動をしない子より伸びる可能性はあるんです。

 運動神経は先天的な要素より、それ以上に後天的な要素(環境)の影響のほうが強い んですね。

まずは、子供が運動できる環境を親が正しい知識を持って与えていきましょう。

子供の運動神経を良くする方法は?

まずは赤ちゃんの頃から一緒に外遊びをすることです。

積極的にお子さんを公園に連れて行ってあげましょう。
パパやママが運動が嫌いだったり苦手だったりしたとしても、 「公園へ連れて行く」 ことなら出来ますよね。
赤ちゃんのうちから、公園に行くことを習慣にしましょう。
公園でたくさんの遊具で遊んだりかけっこするだけでも、子供には自然にいろいろな動きを身体におぼえさす「経験」になるんです。
小さいうちいろいろな動きの体験して、苦手な動きはなくなるといいですね。

子供の運動神経を改善するおすすめのトレーニングは?

12歳までに神経系統の発達に応じた、適切なトレーニングを積み重ねていくと、運動神経の良い子に育てられると言われています。
そして、 脳の発達には「楽しさ」と「好奇心」を感じさせることも重要 なことで、子供の運動神経を良くするのに必須の要素となります。

スポンサードリンク

とっても気になる脳の神経系統の発達ですが、
3歳頃に80%、
6歳頃に90%、
12歳頃までには100%、
それ以降は伸ばすことが難しいと言われているようです。

親が12歳までに心がけることは、

一生懸命になりすぎて、怒って教え込んだりスポーツを強制したりしてはいけませんよ。
運動が好きになる工夫をしましょうね。
結果ではなく、お子さんがした努力を褒めて自信を持たせることも必要です。

運動神経の良い子は、頭で想像した通りに自分の体を動かすことができるんですが、そうなるために私たち親はどのようにしたらいいのでしょう。

0歳~12歳の運動神経を育てるトレーニングは?

■0~1歳(五感を刺激する)
この時期の乳幼児は五感が未発達です。できるだけスキンシップをして「楽しい」「気持ちいい」体験をたくさんさせましょう。
毎日ワンパターン化せず、月齢に応じた新しい刺激を色々プラスしていきましょう。

新生児の時期は ベビーマッサージや赤ちゃん体操。 

首が座れば おんぶ。 

お座りするようになったら、 絵本の読み聞かせや指先を使うおもちゃ。 

このような、スポーツにかたよらない体験も大切ですよ。

1歳を過ぎたら、
午前中はできるだけ外遊びや散歩が子供の運動神経を良くするには必須です。
そして、親が笑顔で楽しそうに一緒に取り組むこと、褒めてあげることが脳の発達には欠かせないんです。

■2~4歳(色々な運動を体験させる)
自分の動きをコントロールできるようになり、心身共に発達してくるこの時期の子供には、日々の遊びの中で体を動かす機会をつくりましょう。
なるべく毎日たっぷりと外遊びをさせ、 飛んだり、跳ねたり、走ったり、踊ったり、 本人が楽しいと思える遊びで体を動かす体験が大切です。

ちなみに、何か特別なスポーツだけをさせている子供よりも、 砂場で遊ぶ、ブランコをこぐ、鉄棒、トランポリン、ボール遊び、木登りなどを頻繁 に行う子供のほうが運動能力が高くなるという研究結果もあるようですよ。

外で遊ぶことが出来ないときは、室内で パパの体をよじ登ったり、お相撲ごっこをしたり、布団で前転 などして親子で楽しませてあげましょう。

■5~8歳(道具やルールを使った運動をさせる)
一つのスポーツではなく、色々な動きができるように体に覚えさせましょう。
いろいろなスポーツに対応できる運動神経が著しく発達し、今後の運動神経に関係する基礎的な動きを習得できるラストチャンスです。

体も大きくなって集団生活にも慣れてきてるので、 ルールのある遊びやボールや縄跳び、自転車など 道具を操作する遊びを経験させましょう。

休日は 自転車の練習やキャッチボール など、道具を使ってルールを守る遊びをしましょう。
この時期は 料理や食器洗いなどのお手伝い をさせるのも運動神経の発達に役立ちますよ。

■9~12歳(いろいろなスポーツを体験させる)
適切な時期に、一つのスポーツに偏ることなく、いろいろな体を動かす体験をさせることが大切です。

 ・好きなスポーツだけでなく左右対称のスポーツ をしてみましょう。
これは、運動神経を改善するためだけでなく、成長期の子どもの体には非常に効果的なんですよ。
その中でも、水泳は身体に余計な負荷をかけることなく、全身をくまなく鍛えることができるんです。
たとえば、 「サッカー+水泳」「野球+水泳」 などがいいでしょう。

 ・走る動作 を身につけましょう。
運動神経の悪い子どもの共通点としてあげられるのが、走る動作です。
走る動作はあらゆる運動の基本なんです。
きついトレーニングをする必要はありませんよ。
ペースはゆっくりでもいいのです。
「走る」動作に慣れることで、必然的にバランスの良い走りを身に付けることになり、それがゆくゆく運動神経をバランスよく改善ことにつながるんです。

まとめ

子どもの行動は親の生活環境によって左右されます。

笑顔で一緒に赤ちゃんの頃からコミニュケーションをとり楽しみながら外遊びを習慣化しましょう。

親が思いを感じ取れる、スポーツが大好きな元気で明るく、努力を惜しま無いお子さんに育つことでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  2. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?
  3. だるま目入れのタイミング右左どちらから?設置場所や供養方法!願い叶わぬときは?
  4. 車の運転中に眠くなる理由は?眠気対策はこれ!もしかしたら病気?
  5. 土鍋の使い始め目止めにおかゆを作る理由は?上手なお手入れと使い方は?

関連記事

  1. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんの歯磨きはいつから?生後6ヶ月のやり方とフッ素はどうする?

    赤ちゃんが生後6ヶ月になり、かわいい小さい歯が生えてくると、ママは歯磨…

  2. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃん発熱時は温める冷やす?冷やす場所や解熱剤は?お風呂は?

    だんだんと気温が低く肌寒くなってくると心配なのが、赤ちゃんの発熱ですね…

  3. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんに飲ませる麦茶は冷たいままでいい?飲ませる量と飲ませ方は?

    生後6か月くらい、離乳食が始まる頃になると、お母さんもそろそろ赤ち…

  4. 赤ちゃん 子供 育児

    お宮参りの初穂料 金額の相場と包み方は?のし袋は誰の名前で書くの?

    赤ちゃんが誕生して、一ヶ月を過ぎる頃にお宮参りがあります。初め…

  5. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃん蚊に刺されたら!跡が消えないときは?病院に行った方がいい?

    夏に悩まされるのは、あのどこからともなくやってくる、憎っき「蚊」ですよ…

  6. 赤ちゃん 子供 育児

    ベビーサンダルの安全な選び方 つま先のケガに注意!靴下は履くの?

    よちよち、とことこ。あかちゃんが、歩けるようになって初めての夏…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP