年中行事

八十八夜はいつ?その意味やお茶摘みとの関係は?

「夏も近づく八十八夜〜
野にも山にも若葉が茂る
あれに見えるは茶摘みじゃないか
茜襷に菅の笠〜♪」

不思議によく覚えている唱歌です。

この曲名を「八十八夜」だと思っていたのは私だけでしょうか・・・
正しくは「茶摘」なんですよね。

それだけ八十八夜という言葉が印象強いってことですよね。

しかし、
この八十八夜はいつなんでしょうか?
そしてどんな意味があるのでしょう?
歌の歌詞に「茶摘み」とあるということは、お茶と関係しているんでしょうか?

疑問がいっぱいではないですか?

今日は、
この疑問だらけの八十八夜について調べてみました。

スポンサードリンク

八十八夜はいつ?

八十八夜は、立春から数えて88日目にあたりますよ。

立春の日から「88日目」であることからその名がついた「八十八夜」

ということは?

そうなんです!
毎年何日と決まっていないんですね。
その年の 「立春の日」によって、八十八夜の日も違ってくる んです。

2016年の八十八夜 5月1日
2017年の八十八夜 5月2日
2018年の八十八夜 5月2日

ちょうどゴールデンウィークの真っ只中とおぼえておくと忘れないでいられますね。

八十八夜の意味は?

立春から数えて八十八日目をなぜ「八十八夜」と呼ぶようになったのでしょう。

昔、農業にたずさわる人が多かった日本は、ちょうどこの頃が 種まきや田植えの準備、茶摘みなど春の農作業を行う時期 にあたっていたのです。
八十八夜の数日後には二十四節気でいう「立夏」になりますが、昔の人はこの時期を「夏の準備を始める目安」ととらえていました。

 「末広がり」の縁起のいい姿 をしていることから、 「八」の字は幸運を呼ぶ といわれていますよね。その「八」の字が二つ重なった「八十八夜」はとても縁起のいい日と考えられていたのです。
また、「八十八」の3つの文字を組み合わせると「米」という字になるので、とくに 農業にたずさわる人に大切にされてきた のでしょう。

現在でも、八十八夜に、農作業の開始を祝う神事を行う地域が残っていますよ。

そして、この時期を表すことわざに
 「八十八夜の別れ霜」「八十八夜の泣き霜」 があります。

この八十八夜の別れ霜とは、
長い冬が終わって季節は春、八十八夜を迎える頃になると天候も安定します。この時期を過ぎればもう霜がおりるほど冷え込むことはないとされていたのです。その年の最後におりる霜のことを「別れ霜」といい、この 別れ霜を見計らって人びとは農作業を開始 していたのです。

しかし、
万が一その後に霜がおりると、農作物は大変な被害を受けてしまいますよね。
昔のこよみ(旧暦)は、月の満ち欠けに基づいた太陰暦です。そのために実際の季節とかなりずれることがありました。
とくに寒い地方が、 こよみだけに頼って農作業をしてしまうと、思わぬ霜の被害に泣かされた(泣き霜) ことがあったんですね。これが八十八夜の泣き霜です。

 「八十八夜」はこのような霜の被害に注意を促すことにもが利用 されていたんですね。

現代この 「別れ霜」から生まれたユニークな日本発祥の記念日 があるんです。
知っていますか?
私はしりませんでした・・・・
全くのノーマークでした。

スポンサードリンク

それは、5月13日のメイストームデー(五月の嵐の日)です。
「八十八夜の別れ霜」にちなんで 「バレンタイン」の88日後に定められた記念日 で、カップルが別れ話を切り出すのに最適な日とされているそうです。

ちなみに、メイストームは和製英語で、温帯低気圧が急激に発達し大雨や大風をもたらす、4月から5月にかけて発生する気象現象のことです。

春の嵐と同様、恋人のご機嫌にも気をつけましょうと言われているようですね。

八十八夜は農作業だけでなく、私たちが夏の準備を始めるにもいい時期です。
春から夏へと季節が変わる時で、天気がとても安定しているし、縁起のいい「八」の文字が二つも重なっているし最高ですね。
今年、八十八夜の当日に何かひとつしてみませんか。
このあとやってくる 梅雨をさっぱりと過ごす知恵 でもありますよ。

例えば
●夏用のガラスの器を出す
●夏用の日傘、帽子、手袋などを準備する
●カーテンやソファーカバー、クッションカバーを夏用に替える
●スリッパを夏用に替える

これで気分も運気も上昇しちゃいますね。

八十八夜の意味からくるお茶摘みやお茶の関係は?

昔の人は、 「八十八夜に摘まれたお茶を飲むと長生きできる」「新茶を飲むと病気にならない」 などと言い伝えてきました。
それは、お茶の葉が冬の寒い時期にゆっくりと養分を蓄えて、春になると少しずつ芽を出し始め、そのいち早く芽吹いた茶葉を収穫してつくった新茶(一番茶)はその後に摘まれる茶葉よりも、栄養価やうまみ成分が多く含まれていることを経験的に知っていたのでしょう。

しかし実際には、必ずしも茶摘みを八十八夜に行うわけではありませんよ。
茶の産地によって気温差があるので、現在の気候と照らし合わせると、八十八夜に茶摘みを行えるのは関西地方のようです。

それでは、日本で茶摘みは何回行われているのでしょう。

年に3回
1回目は4月下旬~5月上旬、
2回目は6月下旬~7月上旬、
3回目は八月下旬です。

八十八夜のころ1回目に摘まれた茶葉が一番茶となり、その後二番茶、三番茶と続きます。

この 八十八夜に収穫される一番茶が俗に言う新茶 です。

香りが抜群にいいだけではなく、テアニンという成分が豊富に含まれているのが特徴なんですよ。このテアニンは旨味成分なので、お茶をより美味しく飲めるのはもちろんなんですが、それだけではないのです。
嬉しいことに、 リラックス効果や集中力アップの効果も期待 できちゃう成分なんです。

せっかくなので、新茶を美味しく飲むためのポイントをおぼえちゃいましょう!

それは「お湯の温度」です。
1.沸騰させたお湯をいったん湯のみに注ぎましょう(湯のみを温める)
2.そのお湯を急須に戻しましょう
3.そして湯飲みに茶を注ぎ美味しくいただきましょう

少しぬるめのお湯を使うことで、効果的にうまみを引き出すことができるのです!

こちらの記事
「緑茶の賞味期限切れは飲める?古い茶葉の活用法と正しい保存方法は?」も参考にどうそ!

まとめ

八十八夜は、昔の日本では種まきや農作物の成長に関わる大切な日だったんですね。

現代でも八十八夜を暮らしのアクセントにしてみましょう。
近づく夏を感じながら夏の準備を始めるのが楽しみのひとつに加えられるといいですね。

そしていつもはお茶のペットボトル派の人も八十八夜のこの時期だけは丁寧に入れたり新茶を楽しんでみましょう。
今まで知らなかったお茶の魅力に出会えるかもしれませんよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 深大寺だるま市2017年の開催日程や気になる開眼時間!見どころやアクセス情報は?…
  2. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?
  3. だるま目入れのタイミング右左どちらから?設置場所や供養方法!願い叶わぬときは?
  4. さつまいもの栄養と効能!調理法の注意点と新鮮に長期保存するには?
  5. 土鍋の使い始め目止めにおかゆを作る理由は?上手なお手入れと使い方は?

関連記事

  1. 年中行事

    厄年の厄払い男性と女性の年齢は?行く時期はいつ?料金の相場は?

    新しい年を迎え初詣に行くと「今年の厄年の年齢」が書いてあるボードを…

  2. 年中行事

    新宿花園神社 酉の市の日程とアクセス!熊手の買い方や見世物小屋とは?

    にぎやかでお祭りのような雰囲気。威勢のある歯切れのいい手締めの声。…

  3. 年中行事

    平塚七夕祭り2015の日程と時間 子連れでもOK?屋台グルメを楽しもう

    関東三大七夕祭りの一つとも言われている平塚の七夕祭り今年の日程(開…

  4. 年中行事

    酉の市での縁起熊手の粋な買い方は?飾り方や処分方法は?

    「1年の無事に感謝し、来る年の幸を願う」酉の市。縁起物である熊…

  5. 年中行事

    年末大掃除はいつから?効率よく進めるには?時間がない時のコツは?

    一年の汚れをきれいにする大掃除の時期がやってきます。今年こそは…

  6. 年中行事

    初節句のお祝い祖父母や兄弟の金額の相場は?いつ渡すの?のしの書き方は?

    可愛い孫や姪や甥が初節句を迎えるって本当に喜ばしいことですね。すく…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP