赤ちゃん 子供 育児

赤ちゃん連れでお花見に行くのはいつから?注意することや持ち物は?

暖かくなってきました・・・春ですね!
待ちに待っていたお花見の季節です。

今年は赤ちゃんと一緒にお花見を楽しみたいと思っているパパとママ。

赤ちゃんにも桜の雰囲気をぜひ楽しませてあげたいですよね。

とはいっても、

いつから赤ちゃんをお花見に連れて行っていいのでしょうか?

守るべきマナーや注意することはどんなことでしょう?

赤ちゃんの服装や持ち物は何が必要なのでしょう?

このような疑問や不安がたくさん出てきませんか?。

今日は、
赤ちゃん連れでお花見にはいつから行けるのか、服装や持ち物、注意点はなにかについてお話しします。

ぜひ、参考にして不安をなくしてくださいね。

スポンサードリンク

赤ちゃん連れでお花見にはいつから行けるの?

基本的には、生後1か月半~2ヵ月を過ぎて健康状態が良好であるならば、赤ちゃんとの外出は可能です。

しかし、生まれて間もない赤ちゃんは、ママの免疫があっても抵抗力は弱いですよね。
抵抗力が弱い時期に、あまり早くから赤ちゃんをお花見に連れ出してしまうと体調を壊してしまうこともあるでしょう。
体調をくずし風邪をひいて熱を出してしまったら大変ですよ。

なので、そうならないためにも赤ちゃんの様子を見ながら、お花見にいつから赤ちゃんを連れて行けるのか考える必要がありますね。

赤ちゃんをお花見に連れて行ける目安ですが、
赤ちゃんの首がすわってからがいいでしょう!
首のすわり具合は個人差がありますが3か月~4か月くらいですね。
とはいっても、赤ちゃんは生まれてまだ3~4か月しかたってないので、 あまり遠くへのお花見はは避けた方が無難 です。

お花見に赤ちゃん連れで行く時の注意点は?

お花見といえばテレビのニュースなどで流れるような、有名な名所についつい足を向けたくなりますが、赤ちゃん連れの場合は有名スポット場は避けたほうが無難です。
人混みは赤ちゃんの大敵ですよ。
赤ちゃんと人ごみの中を歩くのは大変だし、赤ちゃんはぐずって泣くこともあるので、混んでいない時間に行くことがおすすめです。
赤ちゃん連れの場合は 安全で、できるだけゆったり過ごせれる場所 を選びましょう。
赤ちゃんの体調を一番に考えるのであれば、風の少ない暖かい日の午前中、比較的すいている時間帯に散歩をしながらお花見を楽しんで、 あまり長居はしないような計画を立てて くださいね。

お花見の場は酔っぱらいも多く、いつアクシデントが起こってもおかしくありません。
赤ちゃんのお花見デビューは、 何かあったらすぐに家に帰ってこられる場所 をパパとママで考えてあげてください。

そして、意外と大変なのがおむつ換えです。
トイレにおむつ交換台があればいいのですが・・・
たくさんの人が集まる場所で、おむつ換えのスペースを確保するのは大変です。
お花見は飲食中の人も多いですよね。お花見を楽しんでいる方々の隣で、シートを広げたその上でおむつを替えるのはマナー違反ですよ。
車の場合は 車に戻って替えるなり、近くのコンビニのトイレを借りる など工夫が必要です。

スポンサードリンク

駐車場が遠かったり、コンビニも近くになくどうしても無理な場合は、隣の方々に一声かける配慮を忘れないでください。

計画を立てる際にオムツ換えスペースなどがあるかどうか、事前にチェックしておくことも重要になります。

また、お花見で外出するときは、体温調節にも気をつけましょう。
赤ちゃんは自分で体温調節はできません。
パパやママがしっかり こまめにチェック してあげましょう。
気づいたら汗びっしょりなんていうこともありますよ。水分補給は忘れないでくださいね。

抱っこ紐やおんぶ紐、ベビーカーを有効に活用してください。
基本、赤ちゃんは 抱っこ紐で抱っこ で、お花見となると荷物が多くなるので、 荷物はベビーカーに乗せて 行くと楽ですよ。

赤ちゃん連れのお花見に必要な持ち物は?

春といっても桜の時期は天候が不安定です。
日差しが出ているうちは暖かく感じていても、雲が出てくると急に気温が下がることもあるので注意しましょう。

赤ちゃんの服装は、汗をかいたらすぐに着替えができる着脱のしやすいものがいいでしょう。
出かける際は 着替え二着以上 、気温が下がった時のことを考えて、カーディガンやポンチョなどのような 羽織りものを持参 してください。

また、この時期の紫外線量は夏場かわりません。日焼け止めクリームや帽子でしっかり日焼け防止をして、赤ちゃんのお肌を守ってあげましょう。
水分補給のために水分は多めに持っていくことも忘れないでくださいね。

ゴミ袋も必須、 ゴミは必ず家に持ち帰り ましょう。

赤ちゃんの為の持ち物リスト
■ベビーカー
■抱っこ紐(おんぶ紐)
■ブランケット(2枚くらい)
■オムツ
■おしりふき
■ビニール袋
■ノンアルコールのお手拭き
■着替え(1~2セット)
■レジャーシート
■オムツ替えシート
■ごみ袋
■ガーゼのハンカチ(1~2枚)
■飲み物(麦茶など)
■おもちゃ
〈母乳の場合〉
■授乳ケープ
〈ミルクの場合〉
■粉ミルク
■哺乳瓶
■お湯
■湯冷まし
〈離乳食の場合〉
■手作りのお弁当(ベビーフード)
■スプーンやフォーク
■おやつ

まとめ

赤ちゃんがいるからとお花見を諦めたりするのではなく、赤ちゃんと一緒に楽しみましょう。
それには、赤ちゃんのことを一番に考えて計画を立ててくださいね。

お花見に限った事ではありません。
赤ちゃんがぐずって泣き出したりして周りに迷惑をかけるような場合は、
パパやママが気持ちを切り替えて、スパッとその場を退散するくらいの潔い気持ちを持つのがいいでしょう。

それでは、ご家族で楽しく思い出に残るお花見になりますように!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 土鍋の使い始め目止めにおかゆを作る理由は?上手なお手入れと使い方は?
  2. 深大寺だるま市2017年の開催日程や気になる開眼時間!見どころやアクセス情報は?…
  3. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?
  4. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  5. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?

関連記事

  1. 赤ちゃん 子供 育児

    母親が食中毒 母乳飲ませていい?赤ちゃんにうつる?具体的な予防と対策!

    梅雨のジメジメした季節や真夏になると、食中毒のニュースがテレビで流れて…

  2. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんにチョコレートはいつから?アレルギーは?食べてしまったら?

    もうすぐバレンタインですね!今年はどんなチョコレートにしようか今か…

  3. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんの手足が冷たい大丈夫?靴下を履かせる?ホットカーペットは?

    「うわっ 冷たい!」 触ると、びっくり特に冬。赤ちゃんの手足って氷…

  4. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんにうなぎはいつから?アレルギーは大丈夫?食べ方のおすすめ!

    暑い夏を乗り切りるために「土用丑の日」に食べる「うなぎ」。かば…

  5. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃん離乳食に玉ねぎはいつから?アレルギーの心配は?生でもいい?

    今日は赤ちゃんに何を食べさせようかと離乳食に悩んでいませんか?…

  6. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんノロウイルス感染時の症状は?感染経路は?予防策や対処法は?

    冬には色々な感染病が流行りますよね。インフルエンザに並び、最近よく…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP