赤ちゃん 子供 育児

母乳にカフェインは影響する?移行する時間は?カフェインゼロの飲み物は?

母乳で育児中のお母さんを見かけると、とっても微笑ましく心が温かくなってきます。

赤ちゃんが、お母さんに抱かれ安心しきっておっぱいを吸っている姿は愛らしいですよね。

そんな毎日育児で頑張っているお母さん、
「大好きなコーヒーが飲みたいわ!」
「香りのいい紅茶でリラックスしたい!」と思っていませんか?

だけど、「妊娠中や授乳中はコーヒーや紅茶を控えましょう。」
そんな言葉をどこかで聞いたことがあるから飲んでいないというお母さんも少なくないでしょう。

でも、飲んだら何がどういけないの?
じゃあ、飲んでも大丈夫なカフェインゼロの飲み物ってなに?

こんな疑問はスッキリさせたいですね。

今日は、
授乳中のお母さんがカフェインを摂取することで、赤ちゃんにどんな影響があるのか、
移行する時間はどれくらいなのか、
安心して飲めるカフェインゼロの飲み物はなんなのか、

これらのことについてお話しします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

母乳にカフェインはどんな影響があるの?

 「妊娠中や授乳中はコーヒーを控えましょう。」  よく聞くこの言葉ですが、このことばの根源はカフェインを心配してのものです。

妊娠中のカフェインの影響と同じように、授乳中のお母さんにとっても、カフェインの赤ちゃんへの影響はとても気になりますよね。

ここで、カフェインのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

■カフェインのメリット

摂取の仕方によってですが、脳梗塞などの重大な病気を予防する効果があるといわれています。
脳を刺激し興奮気味にさせるので眠気を防止することも期待できます。
栄養ドリンクなどは多量のカフェインが含まれていることを、メリットとしてうたっているものが多いのもこのことからですね。

■カフェインのデメリット

脳に刺激を与えて興奮させる覚醒作用、これはメリットでもあるんですが、
裏を返せば不眠や落ち着きがなくなることに繋がります。

お母さんが摂取した カフェインは母乳の中に含まれて、そのまま赤ちゃんに移行 します。
お母さんに比べて赤ちゃんの代謝能力は未熟なので、その影響が大人よりも強く出ることが考えらえます。

赤ちゃんが、
情緒不安定(落ち着きがなくなる)になったり、
興奮状態(不眠)になったり、
覚醒作用で夜泣き(興奮して泣き止まない)をしたり、
不機嫌(喜怒哀楽が激しい)
といった影響がお母さんのカフェインの摂取する量が多くなれば 多少の影響が出る可能性はあるかも しれませんね。

しかし、子育て中の授乳期のお母さんは、今できる自分に適したリラックス法を見つけることは大切ですよ。
リラックスすることにコーヒーや紅茶が役立つなら活用しましょう。
その場合は、 飲む回数を少なくしたり、量を減らしたり することを心がけましょう。
さらに、赤ちゃんへの影響が気になるようなら、授乳前ではなく授乳後に飲むようにするのをおすすめします。

ただ、カフェインの量を気にして飲む回数を少なくしたり、量を減らしたりすることがストレスになるのであれば、カフェインレスのコーヒーなど利用するのも一つの方法ですよ。

母乳にカフェインが移行する時間は?

カフェインは母乳にどのくらい移行するのでしょうね。
赤ちゃんに影響はあるのでしょうか?

お母さんが摂取した食べ物や薬は、摂取量や摂取してからの経過時間、代謝時間などによって母乳に移行する量は異なりますが、「多かれ少なかれ」母乳に移行します。

スポンサードリンク

その中でも カフェインは母乳に移行する量はすくない んですよ。
摂取してから、経過した時間によっても移行する量は上下します。

では、一番きになる摂取してからカフェイン量が多くなる時間はいつなんでしょう。
それは、お母さんがコーヒーを飲んでから1〜2時間後です!
なので、 授乳前ではなく授乳後に飲むことをおすすめ します。

一般的には、コーヒーを少々飲んでも授乳に影響しないのです。
一日に飲むレギュラーコーヒーの量が4杯までならば、赤ちゃんに影響ないと指摘する研究もあるんです。

しかし、一方ではコーヒーを飲むと興奮したり眠れなくなる赤ちゃんがいるもの確かなんですよね。

カフェインへの反応は赤ちゃんによっても個人差があるので、お母さんが赤ちゃんの様子をみて判断するのが一番ですね。

それでは、 カフェインの半減期(体内のカフェイン量が半分になるまでにかかる時間) も確認しておきましょうね。

月齢の低い赤ちゃんの方が月齢の高い赤ちゃんに比べてカフェインの代謝排泄に時間がかかります。
新生児は98時間(4〜5日)
生後3〜5ヶ月の赤ちゃんは14時間
大人は約5時間

これをみると、やはり 新生児期にはお母さんはガマン ですね。

カフェインはコーヒー以外にも、
お茶やコーラなどの炭酸飲料、栄養ドリンク、一般用医薬品(頭痛薬や風邪薬など)にも含まれているんですよ。
カフェイン摂取を控える場合はコーヒーだけではなく、これらの食品や薬にも気をつけてましょうね。

ちなみに、
チョコレートやココアに含まれるテオブロミンもカフェインと同じような作用があるので頭に入れておきましょう。

カフェインの含有量

レギュラーコーヒー1杯《130mg》
インスタントコーヒー1杯《65mg》
デカフェコーヒー1杯《3mg》
紅茶や緑茶1杯《20〜90mg》
コカコーラ1缶(340ml)《65mg》
ミルクチョコレート50g《10mg》

授乳中に安心なカフェインゼロの飲み物は?

授乳中はなるべくカフェインの摂取を控えたたいですよね。
コーヒーや紅茶でなくてもリラックスできる、好みにあった飲み物が見つけられるといいですね。

では、ノンカフェインの飲み物はを紹介しますね。

■黒豆茶
血中コレステロールの酸化を防ぎ血液をサラサラにする効果や、体脂肪の蓄積を抑制し脂肪の代謝を促進する効果

■ゴーヤ茶
疲労回復、便秘の解消、胃腸の働きを活発、血糖値を降下し安定させ、肝機能を高める効果

■そば茶
中でもダッタンそば(韃靼蕎麦)と呼ばれる種類の蕎麦を原料に使用したダッタンそば茶には
毛細血管を強化し動脈硬化を予防し、高血圧の予防や改善、糖尿病の予防効果

■タンポポ茶(タンポポコーヒー)
利尿作用があることから浮腫(むくみ)の改善、冷え性や便秘の改善、胃や肝臓の働きを助け、母乳の出を良くする効果

■甜茶
花粉症や喘息などのアレルギー症状の緩和に効果的

■杜仲茶
血圧下降効果や動脈硬化改善効果

■ルイボスティー
特にアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー性疾患の症状緩和に効果的

まとめ

適度のカフェインは育児ストレスの緩和してくれるでしょう。
コーヒーや紅茶が飲みたい時には我慢せずに1日2~3杯の適量を飲んでも大丈夫ですよ。
授乳前ではなく授乳後に飲むことで赤ちゃんへの影響を少なくしましょうね。

赤ちゃんの健康のために、カフェインと上手に付き合っていけたらいいですね。

頑張って!
母乳で育児ができることは素晴らしいことですよ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 成人式の振袖レンタル予約はいつする?相場は?選び方のポイントは?
  2. 大学入学式で男性が着るスーツの値段や色は?コーディネートに必要な物は?
  3. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?
  4. 車の運転中に眠くなる理由は?眠気対策はこれ!もしかしたら病気?
  5. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?

関連記事

  1. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃん注意!日本脳炎の症状とは?原因や感染経路は?予防するには?

    日本脳炎の予防接種を受ける前の赤ちゃんがここ数年、日本脳炎を発症するケ…

  2. 赤ちゃん 子供 育児

    完全母乳の赤ちゃん 麦茶はいつから?作り方とあげるタイミング!

    赤ちゃんが成長してくると、母乳で栄養は補給しているけれど、母乳だけ…

  3. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃん鼻水は放置していい?病院へ行くタイミングは?耳鼻科?小児科?

    赤ちゃんの鼻水は健康状態を表すバロメーターのひとつと言われていますが、…

  4. 赤ちゃん 子供 育児

    離乳食初期の進め方と目安分量は?外出時や熱が出た時はどうする?

    もうすぐ生後6ヶ月。よだれもだらだら出てきているし、大人の食事…

  5. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんにうなぎはいつから?アレルギーは大丈夫?食べ方のおすすめ!

    暑い夏を乗り切りるために「土用丑の日」に食べる「うなぎ」。かば…

  6. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんノロウイルス嘔吐下痢はいつまで?離乳食やお風呂はどうする?

    赤ちゃんがノロウイルスに感染して、嘔吐や下痢を繰り返して辛そうにし…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP