赤ちゃん 子供 育児

赤ちゃん鼻水は放置していい?病院へ行くタイミングは?耳鼻科?小児科?

赤ちゃんの鼻水は健康状態を表すバロメーターのひとつと言われていますが、
育児初挑戦のママにとっては、鼻水がチョット出ただけで病院に連れていくべきか迷っちゃいますよね。

病院に行かないことで悪化することは絶対に避けたいですね。

でも、
鼻水が出ていても元気に遊んでるし、よく寝てる。

この場合は放置して様子を見ていていいのかしら?
病院へ連れていくタイミングはいつなの?
受診先は耳鼻科なの?小児科なの?

わからないことばかりでママは戸惑っていませんか?

今日は、
こんな赤ちゃんの気になる鼻水についてお話しします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

赤ちゃんの鼻水は元気だったら放置していてもいい?

熱もないし、元気に遊んでるし、よく寝てる。鼻水くらいで病院に行くのはどうなんだろう?
病院に行って、別な病気をもらってしまいそうだし・・・とためらってしまいますよね。

赤ちゃんが鼻水を出す理由は大人と全く同じなんです。
ほこりなどの異物や気温の変化に対する体の反応、風邪などの病気による免疫反応、副鼻腔炎などの病気が原因の場合など様々です。

そこで大切なのは、赤ちゃんの 鼻水は今どんな理由から出ているのか を知ることです。

赤ちゃんが鼻水を出し始めたら、まず鼻水の状態をよーく見ましょう。

透明でサラサラした水状態の鼻水の場合は、
 外部の刺激や温度の変化に対する体の反応 の場合が多いでしょう。
この場合、
鼻水だけで鼻づまりもなくて元気でならば、数日様子を見るのもいいでしょう。
しかし、この状態が一週間も続くようなら病院に行き早く治してあげましょう。

大人だって鼻水が止まらないと頭がもやもやしてきて、なんとなく気持ちが悪いですよね。
赤ちゃんだって同じです。
自分で鼻をかむことができない分、大人よりもずっと苦しい思いをしているはずですよ。

透明でも粘り気があったり、緑色や黄色の鼻水場合は、
 風邪や副鼻腔炎、蓄膿症などの病気の可能性が高い ですよ。
この場合、
早めに病院を受診しましょう。

赤ちゃんの鼻腔はとても狭いので、鼻水を放置しておくと奥ですぐに詰まります。
詰まることで鼻水の行き場がなくなり中耳炎や副鼻腔炎の原因になってしまうのです。

この 中耳炎は痛みや不快感を伴う 病気なので、中耳炎になる前に治したいですね。
また、中耳炎は痛みを伴うものもありますが、
副鼻腔炎を放置し治療が遅れ、 痛みを伴わない滲出性中耳炎 になり、聴力が弱くなることもあるので注意が必要ですよ。

では、鼻水が出た時にママが赤ちゃんにしてあげられることを確認しておきましょう。

スポンサードリンク

赤ちゃんは鼻をかめないので、
 綿棒やティッシュ、市販の鼻吸い器などをつかって鼻水を取ってあげましょうね。 

昔はママが口で吸ってあげていたといいますが、
病気が原因の鼻水の場合、ママに感染してしまう可能性があるので本当に緊急の時以外は避けたほうがいいですね。

また、鼻水によって鼻の周りの皮膚がかぶれてしまい傷にならないよう、
 ワセリンやベビークリームを塗って皮膚を保護 してあげましょう。

赤ちゃんの鼻水 病院へ連れて行くタイミングは?

赤ちゃんを病院へ連れて行くタイミングはいつがいいのでしょう。

ポイントは「鼻水の色と粘り気」ですよ。

赤ちゃんの鼻水は、最初は透明サラサラなことがほとんどなんです。
この透明でサラサラな鼻水は、温度差やハウスダストなどの刺激でも出ることがあります。

 さあ、タイミングはここです! 

鼻水の色が、黄色や緑色で粘り気を持ち、ドロドロになってきたら病院での受診が必要です!

しかし、
 透明でサラサラな鼻水でも、次のような症状があったら早めに病院へ 行きましょう。

■耳を触る
■機嫌が悪い
■よく泣く
■おっぱいやミルクの飲みが悪い
■鼻づまりがあり、眠れない
■目の充血や目やにがひどい
■鼻水が1週間続いている

2歳以下の赤ちゃんは、鼻の高さがありません。
鼻の穴も小さくて機能が未熟なので、少しの刺激でもすぐに鼻水が出ちゃうんです。
放っておくと思わぬ病気の原因になりかねないので、「鼻水くらい」と甘くみるのはNGです。
しっかりと赤ちゃんの様子や鼻水の状態を注意してみてあげましょうね。

赤ちゃんの鼻水 病院の受診先は耳鼻科?小児科?

赤ちゃんの鼻水の場合、耳鼻科と小児科のどちらを受診すべきなんでしょう。

まずは、しっかり 赤ちゃんの様子や症状を観察して どちらを受診したらいいのか判断しましょう。

■耳鼻科を受診する場合
・鼻水、鼻づまりのみ
・耳を触るなど耳を気にする
・耳を痛がっている
・耳だれがある
・小児科を受診しているが、いつまでも鼻水が止まらない

■小児科を受診する場合
・鼻水以外の症状がある(咳や痰、熱、下痢など)

まとめ

鼻水が出ていても、赤ちゃんが元気に遊んで、おっぱいやミルクをよく飲み、ぐっすり寝ているのであれば、しばらく様子を観察していてもいいでしょう。

しかし、一週間しても治らないようであれば早めに病院に連れて行きいきましょう。
そのときの様子や症状をみて耳鼻科にするか小児科にするか決めてくださいね。

ママは大変ですが、美味しいおっぱいになるよう食事に気を使い、部屋の湿度を保ち、外出を控えるなどして、
少しでも良くなるように頑張ってください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?
  2. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?
  3. だるま目入れのタイミング右左どちらから?設置場所や供養方法!願い叶わぬときは?
  4. さつまいもの栄養と効能!調理法の注意点と新鮮に長期保存するには?
  5. 成人式の振袖レンタル予約はいつする?相場は?選び方のポイントは?

関連記事

  1. 赤ちゃん 子供 育児

    突発性発疹の症状と経過と不機嫌な時の対処方法は?うつる病気なの?

    何の前触れもなく急な高熱が出る突発性発疹。真っ赤な顔をした赤ち…

  2. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんに必要な水着は下にはかせる専用おむつで万全に 選び方のポイントは2つ

    赤ちゃんと一緒に迎える初めての夏を前に楽しみにしていることは何…

  3. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんは温泉にいつから入れていいの?泉質のおすすめと注意点は?

    秋の行楽シーズンです!この季節になると行きたくなるのが温泉旅行です…

  4. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんファーストシューズはいつから?選び方は?嫌がる時はどうする?

    つかまり立ちから、伝い歩き、よちよちとバランスをとりながらのひとり歩き…

  5. 赤ちゃん 子供 育児

    母親が食中毒 母乳飲ませていい?赤ちゃんにうつる?具体的な予防と対策!

    梅雨のジメジメした季節や真夏になると、食中毒のニュースがテレビで流れて…

  6. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんインフルエンザの最適予防接種時期と間隔は?他の予防接種と費用は?

    これから冬に向けてインフルエンザの流行時期ですね。赤ちゃんに,…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP