イベント

お花見とは?おすすめの楽しみ方や守るべきマナーは?

春といって一番最初に思い浮かぶのは桜の花ではないでしょうか?。
今年も長く寒い冬を越し、待ち望んでいたお花見シーズンがやってきます。

この桜の花は日本人にとって特別な存在ですよね。

ところで、
お花見とは昔からあったのでしょうか?

このお花見ですが、宴会の他にどんな楽しみ方があるのでしょう。

マナーもしっかりと確認しておきたいですね。

毎年、何気なく行っていた花見ですが、実はよくわからなかったりしていませんか?

今日は、
そんなお花見の由来やルーツについてや、おすすめの楽しみ方、私たちが守るべきマナーについてお話しします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

お花見とは?由来やルーツを知っておきましょう

お花見を楽しむ風習は古く昔からあり、奈良時代の貴族が始めたといわれています。
当時のお花見は梅でした。

お花見が桜になったのは、 平安時代 なのです。
平安貴族は、桜を愛でては歌を詠んで宴を開いて楽しみました。

江戸時代になると、園芸技術や品種改良が進むことで、より多くの場所で桜が見られるようになります。

 一般庶民が楽しみとしてお花見をするようになる のはこの頃で、
八代将軍 徳川吉宗が隅田川堤や飛鳥山(東京・北区王子)などに桜を植えたころからです。

ところで、春は色とりどり様々な花が咲き誇りますが、やはり「桜」は古くから一目置かれる存在だったようですね。

さくら「さ」は、早苗・早乙女・皐月などと同じく 稲や田の神様を指し ます。
「くら」は、 神様の座る場所という意味を指す ことから、
「桜」は春になって舞い降りた、 田の神様が宿る木 と考えられていたのです。
そのため、農民にとってはさくらの開花を目安にして農作業を始めたり、お花見は豊作祈願の行事であったり、
 農業と深い関わりがあり 、桜の咲き方でその年の収穫を占うほど神聖なものだったんです。

このように私たちに広がった桜ですが、種類は大きく二つに分けられます。
一つは、古くから詩や歌に詠まれてきた「山桜」をはじめとする野生のもの。
もう一つは、鑑賞を目的に人の手によって広げられた園芸品です。
この種類は300以上もあるといわれています。
十年ほどで立派な桜の木に成長するので、次々と植えられましたが、自力で繁殖できないので、いまは多くの「染井吉野」が寿命を迎えてしまい、植え替えを進めているところです。

今年はこのお花見のルーツを思いながら、いつもよりちょっとだけお花見を風流に楽しんでみましょう。

平安時代に平安貴族は、桜を愛でては歌を詠んで宴を開いて楽しんでいました。
それだけ、桜にまつわる美しい言葉があるんです。

あなたはいくつ知ってるでしょう。

・満開の頃は「花盛り」
・散る桜は「こぼれ桜」
・花びらが舞い散る様子を「桜吹雪」
・夜に見る桜は「夜桜」
・花の白さで辺りがぼんやり明るく見えることを「花あかり」
・桜の季節に曇りの日は「花曇(はなぐもり)」
・雨や水で花びらが流れる様を「桜流し」
・水面に散った花びらが、風や流れで吹き寄せられている様子を「花筏(はないかだ)」

お花見のおすすめな楽しみ方は?

お花見と一言でいっても、
いつ誰とどう見るかによっても、行く人も違えば楽しみ方も違ってくるでしょう。

スポンサードリンク
・家族とのお花見。
・気の会う友人とするお花見。
・会社の人とやるお花見。
・気の会う友人とするお花見。

さらに、 満開時期か散り際か  賑やかな昼か妖艶な夜か でも表情は様々ですよ!

では、お花見は何をして楽しむことができるのか、確認してみましょうね。

■お酒を飲む
花見=宴会と考えるひとが一番多いのではないでしょうか。
「桜の風情を感じながら飲みたい。」というオシャレな意見の人は少数で、
 「とりあえずお酒が飲めればいい。」という方の方が大半 のようですね。

■お弁当を持ってピクニック
お弁当持参で桜を見に行くのは家族連れに多いようです。
 彼氏とのデートにお弁当を持参するのもおすすめ ですよ。
桜を眺めながらの食事は華やかで特別なものになるでしょう。

こちらの記事
「お花見に彼氏とデートお弁当は?おかずで人気は?女子力アピールするには?」も参考にどうぞ!

■桜を観賞しながらの散歩
これが一番桜を堪能できるのではないでしょうか。
ゆっくり歩く、ただこれだけですが、ゆっくりとした時間の流れに浸かり、季節を楽しむのもいいですね。

■屋形船からの観賞
屋形船を貸しきって、川の上からお花見を楽しむことで、これは盛り上がること間違いなしです。
ちょっと贅沢で割高になりますが、ごちゃごちゃした花見客をよそに、 ゆったりとお花見を楽しむことが出来る なんて最高ですね。

■お花見にバーベキュー
出来るところも限られしまいますが、ワイワイやりたい人にはおすすめです。
酒を飲む人も、飲まない人も楽しめる。
家族でも、大勢集まっても、バーベキューそれに対応できるのがのいいですね。

お花見で私たちが守るべきマナーは?

お花見の席で絶対にやってはいけない最低限のマナーが存在します。
来年もまた奇麗な花を咲かせてもらうためにも守らなくてはいけませんよね。

主役の桜の木に対するマナー
■お花見場所に敷くシートは絶対に桜の根の上にかからないよう注意しましょう。
■きれいだからと言って桜の枝を折るのはNGです。
場所やその周囲に対するマナー
■近隣住民や他の花見客の迷惑にならないよう気を配りましょう。
■他の花見客もいるので常識の範囲内で、必要人数分のみのスペースにしましょうね。
環境に対するマナー
■ゴミ箱が設置されていても自分たちで出したゴミは自分たちで持ち帰りましょう。
その他のマナー
■「火気厳禁」をうたっている場所は、予め確認をしておき火を使う時には火の始末に注意しましょう。
■お花見会場の全てに駐車場があるとは限りません。
この時期は他の花見客で混雑するため、できるだけ自家用車ではなく公共の交通手段を使用しましょう

まとめ

満開の桜の下で大宴会は日本の典型的な風物詩です。

今年は、花見の由来やルーツについて思い浮かべながらお花見をしてみましょう。
きっと今までと違う、お花見になることでしょう!

桜並木をのんびり歩くお花見にするか、木の下に座り本格的なお花見をたのしむか、バーベキューで盛り上がってるしまおうか、
あなたのお好みのお花見を見つけてくださいね。

それでは、マナーを守ることを忘れずに楽しいお花見になりますように。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. だるま目入れのタイミング右左どちらから?設置場所や供養方法!願い叶わぬときは?
  2. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?
  3. 大学入学式で男性が着るスーツの値段や色は?コーディネートに必要な物は?
  4. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  5. さつまいもの栄養と効能!調理法の注意点と新鮮に長期保存するには?

関連記事

  1. イベント

    バレンタイン当日に本命チョコを渡せなかったら?前や後日渡すのはどう?

    もうすぐバレンタイン!バレンタインが近くなると、恋するあなたは…

  2. イベント

    父の日のプレゼント学生はどうする?喜ばれる小物や定番の花は?

    母の日の後にやってくる、ちょっと忘れてしまいがちな父の日は、6月の…

  3. イベント

    成人式後の同窓会で女性の服装は?ホテルや居酒屋の場合は?髪型は?

    毎年、1月の第二月曜日は成人の日ですね。成人式に着て行く服装は…

  4. イベント

    ハロウィンにかぼちゃの由来は?かぼちゃランタンの作り方と保存方法

    10月31日はハロウィンです。ハロウィンはもうすっかり日本の楽しい…

  5. イベント

    敬老の日のプレゼントはいつから?誰が贈るもの?赤ちゃんの場合は?

    国民の祝日の一つ、9月の第3月曜日は敬老の日です。子供が生まれ…

  6. イベント

    七福神巡りとは?七福神の名前と意味や由来は?御朱印にはどんな意味がある?

    お正月といえば初詣ですよね。みなさん、有名な神社や寺院に行かれるの…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP