健康

健康食材のエゴマ油とは?目を見張る成分は認知症の予防に効果あり!

エゴマ油は最近注目の健康食材です。

このエゴマ油には、テレビや雑誌で取り上げられて話題になっている \alpha -リノレン酸がたっぷりと含まれているんです。

健康的にいいものなら積極的に摂りたい油ですよね。

でも・・・

いったいエゴマ油とはどんなものか?

目を見張る成分ってなんなのか?

話題になっている \alpha -リノレン酸って?

認知症の予防対策に効果的って聞くけれど、それって本当なのか?

このように、エゴマ油についてまったく知らない、わからないというあなたに、

今日は、
私たちの脳にとって良い働きをしてくれるエゴマ油についてお話しします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

健康食材といわれているエゴマ油とは?

エゴマとは、「ごま」とは全く違いますよ。
一年草のシソ科植物で、青シソ(大葉)と良く似た葉をもつ植物なんです。
韓国ではこの葉を食べる文化があって、エゴマの葉のキムチ漬けが有名ですよ。

このエゴマの種子は、今でも食用としてすりつぶして、飛騨地方の五平餅のたれなどに使われ、伝統食として使用されています。

この エゴマの種子から搾った油が「エゴマ油」になる のです。

原産地はインド高地や中国雲南省の高地とされていて、ここから中国や韓国、日本に入ってきたといわれています。
エゴマは日本最古の油脂植物なんです。

日本でエゴマが油として使われだしたのは平安時代初期、その頃は灯明油として使用していました。
また、防水など塗装用の油として番傘・提灯・工芸品などにも使われ、人々の暮らしの中で利用されていたのです。

しかし、江戸時代後期になると生産効率の高い菜種が日本に入り、次第にエゴマから菜種に移り変わります。
エゴマを栽培する農家は激減し、今では福島県、岩手県、岐阜県、宮城県などの一部に伝統食として残っているんです。

東北では、 食べると10年長生きするという意味から 「ジュウネン」、飛騨では「あぶらえ」と呼ばれているんですよ。

目を見張るエゴマ油の成分とは?

ごま油の主成分は「 \alpha -リノレン酸(アルファリノレン酸)」です。

この \alpha -リノレン酸が体内に入ると、
 「EPA(エイコサペンタエン酸)」  「DHA(ドコサヘキサエン酸)」 に変わるのです。

因みに、DHAやEPAは「~エン酸」と名前がついていますが、
学校の化学などでよく出てくる強酸の塩酸(HCl)とは関係ありませんのでご安心ください。w

EPAやDHAなどの成分は、脳に良く学習効果を高めることで有名で、一般的には 青魚に多く含まれ ています。

このEPAやDHAは学習効果を高めるとともに、 認知症の予防にも効果もある といわれています。
また、癌の予防にも効果があるようです。

日本人の昔の食生活は肉ではありません。魚や野菜が中心でしたよね。
なので、日常の食生活の中でEPAやDHAを十分に摂取することができていたんです。

しかし、食の欧米化が進むと、私たちは魚や野菜よりも肉や炭水化物を多く摂ることで、 \alpha -リノレン酸など、癌細胞の増殖を抑える働きがある成分の摂取が大幅に減ってきたんですね。

 エゴマ油がこの不足しがちな \alpha -リノレン酸を効果的に補う ことができるんです!

スポンサードリンク
■主な食材の \alpha -リノレン酸含有量

エゴマ油(100g)    57,400mg ※圧倒的ですね!!
なたね油(100g)    7,500mg
大豆油(100g)     6,100mg
オリーブ油(100g)   600mg
ごま油(100g)     310mg
さんま1尾(150g)  220mg
かぼちゃ1個(1500g)310mg

こちら
「えごま油の効果は?酸化しやすい油の保存方法と効果的な食べ方!」の記事も参考にどうぞ!

認知症の予防にエゴマ油は効果あり!

認知症の原因の一つに脳の神経細胞の死滅がありますが、
その脳の神経細胞は、残念ですが 一度死滅すると二度と復活しない んです。

なので、 認知症を防ぐ為には脳の神経細胞を減らさないことが重要 なんですね。

こちら
「認知症と物忘れの違いは?疑いある時は何科を受診?受診拒否されたら?」の記事も参考にどうそ!

そこで威力を発揮してくれるのが 「エゴマ油」 なんですよ!

前述しましたが、α- リノレン酸が体内に入ると、EPAとDHAに変わるこの成分が、老化で働きが弱ってしまった脳の神経細胞を活性化させるんです。

エゴマ油がいいといわれる理由

\alpha -リノレン酸が体内に入ると変わるEPAとDHAの1日の目標摂取量が約2gとされているんですが、
これをエゴマ油からでなく魚から摂取しようとすると、 鯖なら半身 食べなくてはいけませんが、 エゴマ油なら なんと、たったの15g(大さじ1)でOKなんです。

そして、エゴマ油は圧倒的に他の食材に比べて \alpha -リノレン酸含有量が多かったですよね。

お手軽で、少量の摂取量でいいということから、
 「エゴマ油は認知症にいい!予防効果がある!!」 といわれているんです。

また、油そのものの吸収力が早いので、エゴマ油を摂取するとすぐに栄養は血液にのって全身にまわり、わずか30分後には
 脳の反応に変化が大きくあらわれる のです。

■たんぱく質には、脳の神経細胞同士のつながりを強くする働きがあると言われています。
■エゴマ油には脳の神経細胞を活性化させる働きがあります。

このことから、この二つを一緒にとるのがいいでしょう。

一番のおすすめが 「卵かけご飯にかける」「お味噌汁にいれる」 です。

※エゴマ油は熱に弱いので注意しましょうね。
「えっ!油なのに熱に弱いなんて・・」ちょっと意外ですよね。
\alpha -リノレン酸が熱に弱く壊れやすい性質なんです。
なので、エゴマ油を認知症の予防に使う時には、炒め物などには使わないでくださいね。

ご飯程度の熱さであれば大丈夫です。
お味噌汁も、お鍋に直接入れるのではなく、お椀によそってから入れるのであれば大丈夫ですよ。

このように、エゴマ油は出来上がった料理に調味料の要領でふりかけて使ってくださいね。

まとめ

エゴマ油は認知症の予防に効果があります。

一日の大さじ1程度を摂取することで、目標摂取量が達成できるなんて嬉しいですね。

お手軽で簡単なエゴマ油の摂取を毎日続け、健康な脳の神経細胞を維持しましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 成人式の振袖レンタル予約はいつする?相場は?選び方のポイントは?
  2. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?
  3. さつまいもの栄養と効能!調理法の注意点と新鮮に長期保存するには?
  4. 土鍋の使い始め目止めにおかゆを作る理由は?上手なお手入れと使い方は?
  5. だるま目入れのタイミング右左どちらから?設置場所や供養方法!願い叶わぬときは?

関連記事

  1. 健康

    トランス脂肪酸が体に及ぼす悪影響は?食品別含有量と避ける食べ方は?

    アメリカでは2018年6月以降、トランス脂肪酸の食品添加を原則禁止にす…

  2. 健康

    ゴキブリ駆除にホウ酸ダンゴ効果あり!作り方は?赤ちゃんに安心?

    毎年夏場、ゴキブリの出没に悩まされていませんか?一匹見たら30匹い…

  3. 健康

    えごま油の効果は?酸化しやすい油の保存方法と効果的な食べ方!

    テレビや雑誌などで特集されることで大注目の人気食物油のえごま油です。…

  4. 健康

    ビフィズス菌は乳酸菌とどう違うの?ヨーグルトに入ってる?効果は?

    常日頃から漠然と、あなたが体にいいと思っているビフィズス菌や乳酸菌…

  5. 健康

    汗のいい汗と悪い汗の違いは?いい汗をかく方法と拭き方は?

    蒸し暑い日が続いています。ちょっと動くだけでも汗がじわーっと・…

  6. 健康

    大人の帯状疱疹が赤ちゃんにうつる可能性は?母乳やお風呂は大丈夫?

    最近、帯状疱疹(たいじょうほうしん)ににかかってしまったという話を良く…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP