健康

えごま油の効果は?酸化しやすい油の保存方法と効果的な食べ方!

テレビや雑誌などで特集されることで大注目の人気食物油のえごま油です。

気にはなっているけど、なにがそんなにいいの?
とまだえごま油の良さを知らないあなた。

えごま油ってすごい驚くべき効果があるんですよ!

なんと、手軽で簡単に摂取することができるんです。

ただ、他の食用油に比べて特に酸化しやすい油のようなので、

今日は、
そんな大注目のえごま油の効能や注意すべき保存方法、効果的な食べ方についてお話しします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

えごま油の嬉しい効果と効能は?

油と健康は結びつかないような気がしますが、えごま油には健康にいいたくさんの働きがあるのです。

えごま油のα-リノレン酸が体内でエイコサペンタエン酸ドコサヘキサエン酸に変わり、血液をさらさらにして血流をよくしてくれるんです。

このことから、動脈硬化心筋梗塞、脳梗塞に効果があると言われているんですね。

それだけではありません!
認知症予防子供の脳の発育にも効果が期待できちゃうんですよ。

それでは、えごま油を摂る事で期待できる主な効果を確認してみましょう。

■認知症の予防
えごま油に含まれるα-リノレン酸は、体の中で「DHA」「EPA」という栄養素に変化し、
神経細胞を活性化し脳の栄養として働くことで、認知症の予防に期待ができるんです。

こちら
「健康食材のエゴマ油とは?目を見張る成分は認知症の予防に効果あり!」の記事も参考にどうぞ!

■ダイエット
えごま油は体に溜まりにくく、えごま油に含まれるα-リノレン酸は、脂肪を分解する酵素リパーゼを活性化させて脂肪を燃焼しやすくするのです。
また、他の食品などで体に蓄積された脂肪を燃焼し始めるんですよ。

食事などでα-リノレン酸を摂ると、腹持ちが良くなって満腹感が長く続きます。
それが、食欲を抑えるのにも期待ができるんですね。

■美肌(ニキビ・シワ予防など)
α-リノレン酸には抗炎症作用もあります。
ニキビの原因となる菌の増加を防ぐことができるのでニキビ予防に効果的なんですね。

さらにα-リノレン酸には、肌の潤いを保つコラーゲンの生成を助ける効果があるんです。
コラーゲン生成を助けることで肌にハリや潤いが出ることで、シワの予防にもいんですね。

年齢とともにコラーゲンは生成する力が弱まります。
シワやハリに悩んでいる方は、年齢に関係なく積極的にえごま油などでα-リノレン酸を摂りましょうね。

■アトピーや花粉症などアレルギーの症状の緩和
えごま油に含まれるα-リノレン酸は、アトピーや花粉症などのアレルギー反応などを抑制する働きを持っています。

私たちが普段よく使うサラダ油やゴマ油などの中には リノール酸という成分が含まれています。
このリノール酸は過剰に摂り過ぎるとアトピーや花粉症などのアレルギー反応を促進させてしまうのです。
なので、アレルギーが気になる方は特に、リノール酸の油を摂った時には必ず、えごま油でα-リノレン酸を摂りたいですね。

スポンサードリンク

■動脈硬化高血圧の予防
血液中の中性脂肪の濃度が高くなると動脈硬化を引き起こす可能性が増し、心筋梗塞や脳梗塞などを起こす恐れがあるので、α-リノレン酸を摂り中性脂肪を減らし心筋梗塞や脳梗塞を予防しましょう。

酸化しやすいえごま油の保存方法

えごま油は、α-リノレン酸が豊富な食品ですが、どのような保存方法をすればいいのでしょう。

未開封のえごま油の保存方法は?

水などの不純物が入らない限り、かびたりしません。
しかし、酸化する可能性があるんです。

えごま油は正しく使えば嬉しい効果が見込めますが、間違った保存方法で酸化させてしまうと、逆に体に悪いんですよ。

えごま油は「熱」「光」「酸素」に長時間ふれることで、酸化し体に悪い影響を与えるといわれています。

保存場所は、光の当たらないできるだけ涼しいところで冷暗所で保存しましょう。

未開封の場合は、酸素は入ってきませんよね。
なので、残りの「熱」「光」を防きましょう。

開封後のえごま油の保存方法は?

えごま油は酸化しやすい油ですので、栓を開けた後は冷蔵保存しましょう。

また、できるだけ空気に触れないようにふたはしっかり閉めましょうね。

冷蔵庫で保存しているといっても酸化しないという保証はありません。
開封後は原則として、賞味期限内に食べきること、開封後は1か月以内を目安になるべく早く使い切るようにしましょうね。

小さめの瓶を購入して、早めに使い切ることを心がけましょう。

※酸化してしまった油はトランス脂肪酸などが発生し体によくはありません。
えごまのサプリメントなどの利用も良いかもしれませんね。

えごま油の効果的な食べ方は?

えごま油の効果的な摂り方のポイントは2です。

1日に大さじ1杯程度
健康にいいのですが、油なので たくさん摂るとカロリーが気になりますよね。

そして、摂り過ぎると吐き気を感じたり、お腹が緩くなる事もあるので、1日大さじ1杯程度がいいでしょう。

■熱を加えずに摂る
えごま油は熱に弱いのです。
α-リノレン酸が壊れやすくなっちゃうんです。

そのため、熱を加えずそのまま摂るのが理想的なんですね。
料理に使う際は、最後にかけるのがおすすめです。

料理に摂り入れましょう。
・ドレッシングの代わりにサラダにかける
・お刺身にかける(カルパッチョなど)
・バター、マーガリンの代わりにパンにのせる
・お味噌汁に入れる(この程度の熱であれば、α-リノレン酸が壊れません)
  

認知症の予防などには、たんぱく質と一緒に摂るとより効果的です。

・卵かけご飯に小さじ1杯かける
・お味噌汁を飲む前に小さじ1杯入れる
・加熱したお肉、野菜などとからめる

まとめ

現代人に不足しがちなアルファリノレン酸を、効果的に摂取することができるのがえごま油です。

えごま油はちょっと高価ですが、一日に小さじ1杯でいいので、高価な健康食品を買うよりも安いのではないでしょうか。

積極的に取りいれていきたい食品の1つですね。

体が喜ぶ効能があって健康維持できるのならば、明日からぜひ、使ってみましょう。

えごま油を効果的に食べて、いつまでも若々しく健康で毎日を楽しみましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 成人式の振袖レンタル予約はいつする?相場は?選び方のポイントは?
  2. 車の運転中に眠くなる理由は?眠気対策はこれ!もしかしたら病気?
  3. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?
  4. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?
  5. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?

関連記事

  1. 健康

    帯状疱疹の痛みはいつまで?残る痛みは帯状疱疹後神経痛?和らげる方法は?

    帯状疱疹の痛みには個人差があると言われています。違和感程度の痛…

  2. 健康

    突然の足の痛み!これは痛風?初期症状と原因は何?前兆ってあるの?

    「ズキッ!! うっ! 足が痛い!」ある朝、突然足に痛みが・・・…

  3. 健康

    認知症とはどんな病気でどんな症状がでるの?家族はどう対応する?

    「最近、親の様子がおかしい?」もしかしてこれって認知症なのかもと心配に…

  4. 健康

    はちみつ 脳の栄養と殺菌力と効果的な食べ方 授乳時に食べてOK?

    はちみつは身体にいい!しかし、一歳未満の赤ちゃんには与えてはいけな…

  5. 健康

    りんご病とは?大人の症状と妊婦から胎児への感染の影響は?

    りんご病。幼稚園や保育園に通園している子供をもつママであれば、一度…

  6. 健康

    水虫の症状は部位ごとに呼び名が違う?その治し方は?市販薬はどう?

    「水虫の季節」は夏とイメージする方が多いようですが、実は水虫はオー…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP