美容 健康

紫外線が髪と頭皮に与える悪影響とその対策は?

夏が近づき紫外線が強くなる季節がやってきますね。

みなさん、
紫外線がシミやシワを作ることを怖れて、顔や首、腕などの紫外線対策を始めることでしょう。

別のところでも書いてありますので
「日焼け止め SPF PAの本当の意味!効果的な塗り方でシミ シワを防ぐ」の記事も参考に

しかし、顔やボディばかりに意識がいってませんか?

なんと、髪や頭皮も紫外線でダメージを受け悲鳴をあげているんですよ。

髪が傷んでいると女子力もダウンし印象も悪くなってしまいますよね。

今日は、
そんな紫外線が髪と頭皮に与える悪影響はなにか、
そして、その対策はどうしたらいいのか、についてお話しします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

紫外線が髪に与える悪影響は?

お肌の老化の原因の80%は紫外線と言われているんです。
これは光老化というものなんですよ。
紫外線がシミやシワの原因になっているといっても言い過ぎではないようです。

実は、体の中で一番太陽に近い位置にある頭皮や髪の毛が受ける紫外線量は、顔に比べて3~5倍以上の量といわれています。

それでは、髪が紫外線をたくさん浴びる(日焼けする)とどうなるのでしょう。

ツヤがなくなり、枝毛や切れ毛、抜け毛が増える

紫外線が髪に当たることで、紫外線は髪に吸収されていきます。
すると、髪の一番外側を覆っているキューティクルが紫外線の影響でめくれたりはがれて、髪の中のたんぱく質や保湿する成分が流出します。
すると、髪の乾燥やパサつき、ツヤがなくなる原因のひとつになるのです。

そして、強い紫外線は髪内部のシスティン結合(タンパク質やアミノ酸がしっかり結びつき、髪の強度を保っている構造)も切断するのです。
このダメージで、切れ毛や枝毛、抜け毛が増えてしまうといわれています。

髪の毛が退色し、赤茶けた色になる

紫外線は、髪内部のメラニンを分解してしまいます。
メラニンが紫外線によって分解されると、髪の色が退色し赤茶けた色になってしまうのです。

ヘアカラーをしている髪は余計に退色が起こりやすくなっているので、要注意ですよ。

どうしてかというと、
髪内部に存在するメラニンには、紫外線を吸収し髪を守る大事な働きがあるのですが、ヘアカラーは好みの色を発色させるためにメラニン色素を分解して脱色しているんです。

そのために、ヘアカラー後の髪は、紫外線の防御力が高いメラニン色素が少なく、紫外線の防御力がほとんどない染料の色素が混在している状態なので、紫外線の影響を受けやすいのです。

ヘアカラーの退色も進んでしまうというわけですね。

赤茶けた色になってしまうと髪は光の加減では白っぽく見えてしまい、見た目を不健康で、老けたような印象を与えてしまうのです。

紫外線が頭皮に与える悪影響は?

紫外線が頭皮に与えるダメージは肌の3倍もの日焼けといわれています。

髪のダメージは見た目でわかりますよね。
赤茶けた色になったり、枝毛や切れ毛になるので、パサつく手触りでSOSを知ることができます。

しかし、頭皮は目で見て確認することが難しいので、日々紫外線がじわじわと細胞が壊していることに、なかなか気付づけていないのです。
顔であればシミやシワが発生して、実年齢よりも老けて見られる原因でもありますよね。

頭皮も紫外線をうけることで光老化という老化現象を起こしているのです。
でも、髪の毛で守られているため頭皮の紫外線予防は怠ってしまうのでしょう。

頭皮の老化はシミ・シワだけではなく、髪の毛に影響するので恐いですよ。

肌が弱い人は頭皮に痛みやかゆみが起こったり、フケみたいに皮がポロポロむけたりします。

スポンサードリンク

またもっと恐ろしいのは、
髪の毛をつくるもとの毛母細胞が、紫外線の影響でうまく働かなくなると、抜け毛の原因となるだけでなく、髪の毛そのものがつくられなくなり、薄毛の原因となる可能性がでてくるのです。

「女性の抜け毛や薄毛の原因は?予防や対策はできる?シャンプーは重要?」の記事も参考に!

さらに、頭皮の中の毛根にある髪の毛を黒くする細胞が、紫外線のダメージで破壊されることで、白髪が発生するともいわれているんです。

頭皮は髪の毛が育つための大切な土壌です。
決して油断をしてはいけないんですね。

赤くなったり、ヒリヒリすることで、気づくことができればラッキーなんです。
今後の予防対策ができますからね。

紫外線への髪や頭皮の対策は?

髪の毛には自己修復機能がありません。
なので、気付いた時が髪の日焼け対策の始め時なんですね。

その対策方法を確認しましょう。

髪を日焼けから守る対策
■帽子をかぶる
■日傘をさす
■UVカット機能つきのスプレー、トリートメントやスタイリング剤を使う
■紫外線が強い時間帯の外出を避ける

※ちなみに紫外線は曇りや雨の日も降り注いでいます。晴れていない日も忘れないようにしましょうね。

帽子をかぶる

簡単に誰にでも出来る対策ですね。
UVカット機能のついたツバの広い帽子や、麦わら帽子のような通気性のいいものだと頭皮の蒸れを防止し、熱中症対策としても効果がありますよ。

日傘をさす

最近の日傘はUVカット加工(効果は3~5年[)されているものが多いですよね。

「日傘と雨傘の違い 選び方のポイントは3つ さす時のマナーに気をつけて!」の記事も参考にして下さい!

表面の色は何色でも大差はないようです。

重要なのは日傘の内部の色です。
黒は紫外線を吸収し白は紫外線を反射することで紫外線を防止しています。

ということは、内部の色が白では地面や壁などからの照り返しを、日傘の内部の白色がさらに反射させてしまうので、その紫外線を一気に浴びてしまいますよ。
なので、内部の色は黒または黒に近い濃い色がおすすめです。

紫外線が強い時間帯の外出を避ける

一般的に、紫外線が強いのは午前10時~午後2時までの4時間といわれています。
この4時間を外で過ごすと、1日の紫外線量の約半分を浴びてしまうようです。

できるなら、お出かけの時間は、午前10時~午後2時までを避けられるといいですね。
特に午前11時~午後12時が太陽が一番高くなりますよ。

髪をまとめる

帽子も傘もないときは、できるだけ髪をまとめて紫外線を浴びる髪の表面積を少なくしましょう。
誰にでも簡単にできますが、首元の日焼けには気をつけてくださいね。

「自転車での日焼け対策 顔と首と手をしっかりガードするには!」も参考にどうぞ!

UVカット機能つきのスプレーなどを使う

髪にも使える日焼け止めスプレーなどを利用しましょう。
効果が高い = 成分が強いことが多いので、使用する場合はパッチテストをしましょうね。

日焼け止めスプレーが合わない方は、最近では洗い流さないトリートメントスタイリング剤に、UVカット機能をつけているものがあるので、そちらで合うものを探しましょう。

まとめ

夏になると気になる紫外線ですが、実は頭皮は一年中紫外線を浴びているのです。

紫外線対策といえば顔ばっかりに意識がいってしまいますが、髪や頭皮もしっかり対策が必要だったんですね。

今年から髪や頭皮の紫外線対策をし、艶やかな髪で夏を乗り越えましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?
  2. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  3. 車の運転中に眠くなる理由は?眠気対策はこれ!もしかしたら病気?
  4. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?
  5. 土鍋の使い始め目止めにおかゆを作る理由は?上手なお手入れと使い方は?

関連記事

  1. 美容 健康

    わき汗のニオイ対策は身体の清潔と洗濯の工夫 と制汗剤の使い方がカギ

    気温が上がり、ムシムシと暑い日が続くと、気になってくるのが汗のニ…

  2. 美容 健康

    ローズヒップティーの選び方とおいしい食べ方!お風呂でも効果ある?

    透き通るような鮮やかな赤色に、甘酸っぱい香りのローズヒップティー。…

  3. 美容 健康

    女性の抜け毛や薄毛の原因は?予防や対策はできる?シャンプーは重要?

    女性の抜け毛や薄毛は年をとると進行すると思われがちで、「更年期以降…

  4. 美容 健康

    春の肌荒れは乾燥と花粉症が大きな原因?大切な洗顔と保湿と肌荒れ軽減対策

    何かいいことが起こりそうな、何か素敵なことを始めたくなるような、「春」…

  5. 美容 健康

    乾燥肌のしわを改善するには!食事と化粧品で効果を期待できるの?

    冬でもないのに肌がカサカサ、夏なのにに乾燥肌?人の目が気に…

  6. 美容 健康

    産後の抜け毛を予防する栄養素と予防効果がある食べ物は?

    出産後、「抜け毛がひどくて・・・」どうしたらいいの?抜け毛…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP