ファッション 美容

リネンと麻の違い特徴や種類は?ラミーやヘンプとの違いは?

夏が近づくと登場回数が多い「麻」素材。

この麻素材はお洋服だけでなくキッチンやシーツやベットカバーなどの寝具、小物等にも使わますよね。

しかし、最近では天然素材の麻は季節に関係なく使われるようになっています。

私は最近、天然素材のお洋服を手にすることが増えて、品質表示を見て「あれっ?これは?」と思うことがあるのです。

麻とリネンって違うの?
ラミーって何?
ヘンプ?

リネンだと思い購入した物がラミー・・・
これは麻素材じゃないの?

こんな疑問がいっぱいです。

あなたも同じような疑問を持っていませんか?

そこで今日は、
麻とはなにか、リネンやラミー、ヘンプなどとの違いについて調べてみました。

あなたもぜひここで、スッキリし納得してくださいね。

スポンサードリンク

麻 特徴や種類!リネンと麻の違いは?

麻繊維の特徴
■吸水・吸湿性が良い
■発散性良い
■防虫性・防カビ性がある
■天然繊維の中で一番丈夫

生地は吸水、吸湿性、発散性に優れているので、ひんやりと冷たい生地の感触です。

汗を吸っても発散性があるので、雑菌の繁殖を抑え、臭いも抑えてくれます。

何度も洗濯することで、風合いが良くなる麻繊維は、湿度が高く汗が出やすい時期の日本の気候にピッタリな繊維なんです。

麻にはなんと、20種類近くもの種類があり、その総称を「麻」と呼んでいます。

麻の中の一つの種類がリネン(亜麻)です。

自生する植物になって、すべての種類が表皮の内側や葉茎から繊維が取れるので、古くから「麻繊維」として利用されているんです。

ただ、日本で「麻繊維」として使われるのは、良質の繊維となる2つだけです。
リネン アマ科の亜麻(あま)
ラミー イラクサ科の苧麻(ちょま)

・リネン原料のフラックス(亜麻)は、
北ヨーロッパの涼しい地方で栽培される1年草の植物です。

・ラミー原料のラミー(苧麻)は、
高温多湿な東南アジアなどで栽培される多年草の植物です。

このように、リネン(亜麻)とラミー(苧麻)は原料や原産地がまったく違います。

日本では経済産業省「家庭用品品質表示法」によってこの2つが使われ、この2つ以外を使う場合は「指定外繊維」と表示されます。
この指定外繊維の中に「ヘンプ」があるのです。

リネンはリネンと表示されていることがほとんどで、
麻100%と表示されている時はラミーの場合が多いのです。

麻というと、チクチクしたりガサガサしているというイメージがありますがそれはリネン以外の麻ですよ。

リネンとラミーの違いは?

それでは、日本で「麻繊維」として使われているリネンとラミーの違いを確認しましょう。

リネン

主にリネンは4000年以上前からヨーロッパで使われていた麻繊維です。

ヨーロッパからロシアに伝わり、中国でも栽培されて、日本でリネンを麻繊維として扱うようになるのは明治時代です。

寒い地域で育てやすいので北海道で栽培されるようになります。

ヨーロッパでは、綿や毛の繊維が出来るまでは、繊維と言えば「麻繊維」の事を指していました。
綿や毛が作られるようになってからも上流階級を中心に高級繊維として寝具やタオル類、インナー製品に使われます。

スポンサードリンク

リネンは高級下着にも使われいた事から、
・フランスではリネン(Linen)
・製品のラーンジュ(linge)から
・ランジェリー(lingerie)と言われるようになるのです。

麻は「チクチクする」イメージがありますが、
リネンは細くやわらかく、優しく、サラッとし、しなやかです。

こちら
麻素材の服の魅力 季節を気にせず一年中着用OK!お手入れは洗濯機での記事も参考に!

このように、リネンに含まれているペクチンがチクチクしない理由です。

繊維は、光沢が少なくマットな感じの生地の表面にはネップとフシと呼ばれる物があり、見た目はカジュアルな感じです。

ラミー

主にラミーは6000年程前からアジアで栽培されてた麻繊維です。
日本やアジア諸国で昔から使われていた麻です。

伝統的な織物で作る衣類や漁で使う網、紙等に使われていました。。

このように、繊維の中でも丈夫な事から皇室から庶民にまで衣類として幅広く使われます。
ラミーで作られている小千谷縮(おぢやちぢみ)や近江上布、宮古上布、八重山上布は伝統工芸品として指定されていますよ。

栽培されたラミーは長く、太く、丈夫です。

ラミーは毛羽感があり、繊維は白く自然な光沢感あり、麻らしいシャリ感の固めな生地です。
表情が繊細で、見た目の高級感はリネンよりもラミーのほうが上です。

ラミーは太い繊維なので、チクチクしやすいです。

ヘンプとは?

もともとアサ科の大麻から作られる繊維の事を「麻繊維」呼び、海外でもリネンやラミーの次の麻繊維としてヘンプは使われていました。

大麻といっても、薬物の大麻と麻繊維の大麻は別の品種なので、心配しないでくださいね。

日本にヨーロッパや中国からリネンやラミーが伝わるようになり、
薬物の大麻と区別するために、近年「ヘンプ」と英語読みになるのです。

ヘンプは、
吸水、吸湿性や発散性、抗菌性はリネンやラミーよりも優れて、なんと紫外線防止指数もSPF50あります。

丈夫な植物なので、農薬や化学肥料もほとんど必要ないのです。

ヘンプは環境に優しい、機能面でも優れた麻繊維なのです。

しかし、ヘンプの繊維はラミーより長く太くなる事から、用途としては主にロープや袋なんです。

最近では、綿や他の素材と組み合わせる事で天然の抗菌性を打ち出して衣類として登場することもあるようです。

まとめ

麻の生地を購入する場合、使いやすいのはリネンです。
ラミーが入るとちょっとチクチクしやすくなります。

なので、用途で考えると、
衣類や肌に近い部分はリネンを使用し、
ジャケットやコート、カバン、小袋などにはラミーがいいでしょう。

リビングやキッチン小物等にはリネン、ラミーどちらでもOK。

麻繊維は、吸水・吸湿性、発散性、防虫性・防カビがあり、臭いもこもりにくく、他の天然繊維の中で一番丈夫です。

こんな日本にビッタリな繊維をもっと活用しましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. だるま目入れのタイミング右左どちらから?設置場所や供養方法!願い叶わぬときは?
  2. 土鍋の使い始め目止めにおかゆを作る理由は?上手なお手入れと使い方は?
  3. さつまいもの栄養と効能!調理法の注意点と新鮮に長期保存するには?
  4. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  5. 車の運転中に眠くなる理由は?眠気対策はこれ!もしかしたら病気?

関連記事

  1. ファッション 美容

    気になる白髪が目立たない髪色や髪型は?パーマは効果ある?

    年齢を重ねほどに、いつも若々しくいたい、はつらつとした毎日を過ごしたい…

  2. ファッション 美容

    真鍮アクセサリーとはどんなもの?お手入れ方法と金属アレルギー対処方法は?

    最近、真鍮のアクセサリーが流行していますよね。18金のようにキラキ…

  3. ファッション 美容

    白髪染めとカラーリングの違い 美容院?それとも自分?染め直し期間は?

    白髪染めをしてキレイになったのもつかの間、一週間過ぎ鏡を見ると、い…

  4. ファッション 美容

    白髪は抜くと増える?効果ある食品!カラーリングと白髪染めどっちがいい?

    髪がちらほら出はじめたころ、鏡を見ると髪にキラッと光るものをみ…

  5. ファッション 美容

    初めての浴衣はどこで買う?着付けに必要な物と簡単手順!ブラはつける?

    これから花火大会や夏祭りのシーズンがやってきますね。今年の花火…

  6. ファッション 美容

    パーマが強くかかりすぎ 美容院で直して貰える?自分で落とす方法とアレンジ!

    髪にパーマをかけて、イメージチェンジをしよう!張り切って美容院…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP