赤ちゃん 子供 育児

赤ちゃんにうなぎはいつから?アレルギーは大丈夫?食べ方のおすすめ!

暑い夏を乗り切りるために「土用丑の日」に食べる「うなぎ」。

かば焼きや白焼きやひつまぶしなどいろいろな楽しみ方がありますが、家族でみんなで楽しみたいですよね。

でも、「大人向け」の食べ物というイメージがありませんか?

赤ちゃんや幼児にはいつから食べさせていいの?
気をつけることはアレルギーかしら?
小骨も危険?

夏バテ防止になるほど栄養が豊富なうなぎですが、赤ちゃんや幼児に関しては疑問に思うことがいっぱいではないですか?

今日は、赤ちゃんや幼児がうなぎをいつから食べていいのか、
注意することはなにか、
赤ちゃんや幼児におすすめの食べ方についてお話しします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

赤ちゃんにうなぎを食べさせていいのはいつから?

何歳までは絶対ダメというハッキリとした基準はないのです。

いくつかの育児書を見てみると、
■1歳を過ぎるまでは NO
■1歳代は ×
■離乳食を卒業したら OK
■2歳代は ○
といったように記載されていて、本によっても基準がいろいろです。
なので、この年齢までは「絶対ダメです。」というハッキリした線引きはできないんですね。

育児経験者のママたちに聞いてみても、
●1歳を過ぎたら食べさせている人
●1歳半を過ぎたら食べさせている人
●2歳になってから食べさせ始めた人
といったように、各ご家庭でもいろいろです。
離乳食が完了し普通の食べ物が食べられるようなると、食べさせているみたいですね。

また、離乳食が完了した赤ちゃんや幼児にうなぎを食べさせても、身は柔らかいので消化にはまったくないし、栄養的な面に関しても問題はないようですね。

しかし、うなぎには小骨があるので赤ちゃんや幼児には危険です。
ママが小骨を取りきれなかった場合は、喉に引っ掛かって危険なことになる可能性もありますよね。
また、脂分も多いことから消化不良を起こすこともあるかもしれません。

なので、噛む力や消化機能も強くなってくる、2才頃からが安心して食べさせることができるのではないでしょうか。

うなぎを食べさせるときの注意点をまとめてみました。

小骨を取り除きましょう
1歳を過ぎるまではNOや、1歳代は×となっている一番の理由は、うなぎには小骨が多いことです。
しっかりカミカミできるまでは、のどに刺さる可能性もあるので、しっかり小骨を取り除きましょう。

■うなぎを食べた後、興奮していませんか
うなぎは栄養価が高いので、赤ちゃんや幼児には強すぎる場合があります。

すべての赤ちゃんや幼児に当てはまるわけではありません。
しかし、うなぎを食べさせた日の夜などに、興奮して寝つきが悪くなったり、夜泣きがひどくなったりする場合、もしかしたらうなぎが原因かも知れません。
このような場合は、一度うなぎを食べさせることは控えましょう。

スポンサードリンク

こんな時は、もう少し大きくなってからにした方が無難ということですね。

■味を薄めましょう
うなぎの蒲焼などでタレがかかっているものは、赤ちゃんや幼児には味が濃すぎるので、そのまま食べさせるのではなく、味を薄めるようにしましょう。

このようなことに注意し、あとは各家庭の考え方しだいです。

こちらの記事も合わせてどうそ!
「土用丑の日はいつ?うなぎを食べるのはなぜ?ほかに食べる食べ物は?」

「うなぎの優れた栄養価は?旬はいつ?天然と養殖との違いは?」

赤ちゃん うなぎのアレルギーは大丈夫?

食物アレルギーには、卵、牛乳、小麦、魚類(魚卵)などによって引き起こされるアレルギー反応ですが、うなぎも含まれます。

魚介アレルギーは、魚の持っている「パルプアルブミン」という抗原が引き起こすアレルギー症状のことです。

もし、うなぎを食べた直後に唇が腫れたり蕁麻疹が出たり嘔吐したりすることがあれば、「パルプアルブミン」と類似抗原によるアレルギー反応ですね。

また、粗悪なエサを食べて養殖された外国産のうなぎなども危険ですよ。
エサに含まれている有害物質がうなぎに蓄積している場合があるので、そのうなぎを食べた場合は、有害物質がアレルギー症状を引き起こすことがあるかもしれません。

なので、購入の際は、安心できる産地のうなぎを選び、少しずつ食べさせた方が安全だと考えられています。

うなぎ 赤ちゃん幼児におすすめな食べ方!

赤ちゃん幼児におすすめな食べ方は、ちょっとだけ手を加えた食べ方がいいでしょう。

まず、うなぎのかば焼きを細かく切って、(できるだけ骨は取り除く)ご飯にまぶしてあげる「うなぎご飯」がいいでしょう。
うなぎを小さくするので、小さなお子さんでも食べやすくなりますよ。

また、この「うなぎご飯」をさらに一口大に分けて「うなぎおむすび」をにぎりましょう。
お箸やスプーンを持たなくていいので、赤ちゃんや幼児が自由に手で持って食べることができるのでおすすめです。

まとめ

うなぎは、噛む力や消化機能も強くなってくる2才頃からが安心して食べさせることができます。

しかし、離乳食が完了し、赤ちゃんの体調や様子が大丈夫であるなら小骨やアレルギーに注意することで、
あとは各家庭の考え方しだいですね。

骨をとる作業で多少手間はかかりますが、ママが一手間かけることで家族みんなでうなぎを楽しむことができますね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 土鍋の使い始め目止めにおかゆを作る理由は?上手なお手入れと使い方は?
  2. 深大寺だるま市2017年の開催日程や気になる開眼時間!見どころやアクセス情報は?…
  3. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?
  4. さつまいもの栄養と効能!調理法の注意点と新鮮に長期保存するには?
  5. 成人式の振袖レンタル予約はいつする?相場は?選び方のポイントは?

関連記事

  1. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんの虫歯菌は親から移るの?いつから?その予防と対策!

    虫歯の原因となる虫歯菌は移ると言いますが、その虫歯菌はいったいどこから…

  2. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんのチャイルドシートの暑さ対策 冷やすには?日よけは必要?

    夏の車内は暑くて大変です。想像以上に温度がぐんぐん上がってしまいま…

  3. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃん1歳の誕生日一升餅と選び取りでお祝い?ケーキはどうする?

    もうすぐファーストバースデー!パパやママは、赤ちゃんが1歳にな…

  4. 赤ちゃん 子供 育児

    断乳と卒乳どちらがいいのか その時期はいつ?おっぱいのケアは?

    赤ちゃんが離乳食にも慣れ、すくすくと成長し1歳頃になると、ママは断…

  5. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃん連れでお花見に行くのはいつから?注意することや持ち物は?

    暖かくなってきました・・・春ですね!待ちに待っていたお花見の季節で…

  6. 赤ちゃん 子供 育児

    黄昏泣きする赤ちゃん 世界共通の夕方から泣く原因とその対処方法!

    夕方の忙しい時間帯にかぎって泣く赤ちゃん。なぜ泣くの?…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP