食べ物

マーガリンとバターの違いは?カロリーは?健康にいいのはどっち?

朝食はご飯ですか?それともパン?

私はほとんどがパン、それも食パンです。
だから今までは、
バターよりマーガリンの方がカロリーも低いしヘルシーだし、なんてったってお安いし、
「いいとこ取り〜」だと思って毎日マーガリンをたっぷりと塗って食べていたんですが、

最近になって・・・

友人から「マーガリンって健康にどうなの?」っていわれ???
思い込みだけで食べていて、マーガリンのこともバターのこともはっきりとわかっていないことに気づいたんです。

ということで今日は、
マーガリンとバターの違いやカロリーについて、健康を考えたどっちがいいのか調べてみました。

スポンサードリンク

マーガリンとバターの違いは?

マーガリンとバターは見た目はよく似ていますよね。
しかし、原料、製造方法、成分、風味など大きく違っています。

原料違い

■マーガリンの主原料(植物性油脂)
・マーガリンはこの主原料に、乳や乳製品、乳化剤などを加えて作るので動物性脂肪も含みます。
・油脂含有率80.0%以上(80.0%未満のものはファットスプレッド)

■バターの主原料(牛乳の脂肪分のみ)
・バターはバターの脂肪は牛乳の脂肪分だけです。
・乳脂肪分80.0%以上

製造方法の違い

■マーガリン
マーガリン類は原料の植物性脂肪に水素を添加して、液状のものを固体状に硬化させます。
これに乳成分ビタミンA乳化剤などを添加し、混ぜ合わせてつくります。
コーン油、大豆油、パーム油、なたね油、綿実油などが使われます。

■バターは牛乳からクリームを分離して撹拌して、乳脂肪を凝集させて作ります。

栄養成分の違い

■マーガリン
・マーガリンはコレステロール5mg/100g、ファットスプレットはコレステロール4mg/100g
・マーガリンはビタミンAは24μg/100g

■バター
・バターはコレステロール210mg/100g
・バターは牛乳由来のビタミンAに富んでいて510μg/100g

風味の違い

■マーガリン
・マーガリンはあっさりとした味わい

■バター
・バターは風味が優れている

マーガリンとバターのカロリーの違いは?

バターはパンに塗ると風味も良く美味しいですよね。
でも、なかなか高価なので、毎日の食パンに塗るのはちょっとためらっちゃうなんて人も少なくないでしょう。

だったら安くてたっぷり塗れる伸びのいいマーガリンを選ぶって人のほうが断然多いでしょう。

そして、マーガリンは「植物性脂肪だから」、「カロリーオフされている」植物性とうたわれているので、バターよりも絶対体にいいというイメージを持っていませんか?

スポンサードリンク

バターは動物性で「コレステロールが気になる」という方がほとんどでしょうね。

では、実際にカロリーがどのくらいなのかかくにんしてみましょう。

なんと!
意外にもバターよりもマーガリンのほうが少しだけですが高いんですよ。

マーガリン 759Kcal/100g
バター   745Kcal/100g

それでは、ヘルシーなのはバター?
なんだかわからなくなっちゃいますよね。

マーガリンとバターどっちが健康はいいの?

基本的には、どちらも脂肪分は80%以上。
マーガリン(植物性)、(バター)動物性、脂肪の種類は違ってもカロリーはほぼ同じでしたね。

植物性の油脂と聞くと、マーガリンの方が健康的にはいいように思われますが・・・

実際どちっちが健康にはいいのでしょう。

体へのリスクが少ない健康被害を軽減するにはバターの方がいいようです!

動物性油脂が含むバターのコレステロールが、健康面でとても気になりますが、
成人が食物から摂るコレステロールの量は、1日300~500mgです。
トーストに5gのバターを塗っても、そのコレステロールの量はほんのわずかの10mg。
そして、コレステロールは、細胞膜の構成成分や性ホルモンなどの材料になる大切な物質でもあるんです。
だから、パンに塗ったり料理に使っても、普通に利用している分には問題ありません。

それより、マーガリンに含まれている「トランス脂肪酸」の方が健康被害への危険意識が強いです。
マーガリンはマーガリンは人工的に作られた物です。
マーガリンの製造過程は、原料の植物性油脂に「水素」を添加すると、液状だった植物油が硬化し、マーガリンの素「硬化油」ができあがります。
この水素を添加するときに、トランス脂肪酸が発生するのです。

このトランス脂肪酸が原因で、
・心臓疾患
・ガン
・喘息
・アトピー性皮膚炎
などの病気になるリスクが高まるといわれています。

西洋ではマーガリンの製造・発売を禁止している国々もあるようですよ。
なので、植物性油脂だから健康的とはいえないようです。

関連記事
こちらもあわせてどうぞ
「トランス脂肪酸とは?多く含む食品は?マーガリンとバターの含有量」

まとめ

日本では日本マーガリン工業会が安全性を語っています。

WHO(世界保健機関)では、トランス脂肪酸のエネルギー比を1%未満とすると提唱していますが、
日本人のトランス脂肪酸の摂取量の平均は欧米人よりも少ない0.3%(2006年)。

日本人はトランス脂肪酸の害を減らす「リノール酸」を多く摂取している。

このようにトランス脂肪酸は過剰摂取が健康被害へと繋がるのです。
私たちは、バランスの良い食事を心がけ、健康被害を意識してマーガリンの多量摂取を控えれば大丈夫のようですね。

マーガリンとバターそれぞれの特長をいかして上手に利用しましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  2. 車の運転中に眠くなる理由は?眠気対策はこれ!もしかしたら病気?
  3. 成人式の振袖レンタル予約はいつする?相場は?選び方のポイントは?
  4. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?
  5. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?

関連記事

  1. 食べ物

    緑茶の賞味期限切れは飲める?古い茶葉の活用法と正しい保存方法は?

    日本茶(緑茶)には色々な健康成分が含まれていて、その効能が注目されてい…

  2. 食べ物

    かぼちゃの栄養とカロリーは?皮にも栄養ある?効果アップの食べ方!

    秋が深まるハロウィンの時期になると、店頭には「かぼちゃ」を使ったお菓子…

  3. 食べ物

    数の子の塩抜き簡単にできる方法ある?味付けは?保存方法や保存期間は?

    コリコリした独特な歯ごたえがたまらない数の子。でも、普段は調理する…

  4. 食べ物

    インスタントコーヒーの賞味期限切れ未開封なら飲める?開封後は?使い道は?

    部屋の片付けをしようと戸棚や押入れなどを整理していたら、「お中元やお歳…

  5. 食べ物

    殻付き銀杏の賞味期限は?保存方法おすすめは冷凍!殻の簡単なむき方は?

    いちょうの葉っぱが黄色く色づく季節になると、あの美味しい銀杏(ぎんなん…

  6. 食べ物

    ボジョレーヌーボーの解禁日とその秘密!選び方と美味しい飲み方は?

    毎年この時期になると騒がれる「ボジョレーヌーボー」ワイン好…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP