健康

トランス脂肪酸とは?多く含む食品は?マーガリンとバターの含有量

一時期、「狂った油」とか、「食べるプラスチック」などと言われ、
とっても騒がれていた「トランス脂肪酸」ですが、最近ではあまり聞かなくなりましたね。

しかし諸外国では、食品に含まれるトランス脂肪酸の表示を義務付けたり、
一定の量を超えたトランス脂肪酸を含む食品の販売の規制している国まであるのです。

なんと!!
アメリカでは2018年6月以降、トランス脂肪酸の食品添加を原則禁止!するそうですよ。

アメリカがトランス脂肪酸の規制をするのに、なぜいろいろな基準に厳しい日本がトランス脂肪酸の規制しないのか気になってきませんか?

やっぱり家族の健康は何より大事ですよね。

私も家族も朝食には、食パンにマーガリンをたっぷりつけて食べていたのでちょっと心配です。

実際、恥ずかしいのですが「トランス脂肪酸とはなんなのか?」というところからわからないのです。

そこで今日は、
トランス脂肪酸とはなにか、
トランス脂肪酸を多く含んでいる食品はなんなのか、
マーガリンとバターのトランス脂肪酸含有量について調べたので紹介します。

あなたもぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

トランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸は、私たちの体に悪影響を及ぼすといわれています。
そもそもこのトランス脂肪酸とはいったい何なのでしょうか。

主に食用油の生成過程で形成、含有される物質で、油脂に含まれる栄養素の一つなんです。

トランス脂肪酸には、
天然の食品中に含まれている(天然)のものと、
油脂を加工・精製する工程でできる(人工)のものがあります。

一時期、
新聞やテレビなどのメディアで「狂った油」とか、「食べるプラスチック」などと騒がれていたのはこの人工の方です。
これは、
トランス脂肪酸の化学的構造がプラスチックに似ていることから「食べるプラスチック」などといわれていますが、の語句がでてきていますが、実際にはプラスチックは合成樹脂ですよね。
なので、トランス脂肪酸とは全く異なりますよ。

■天然の食品中に含まれている(天然)のものは、
牛肉や羊肉、牛乳や乳製品の中に極微量のトランス脂肪酸が含まれています。
そもそも含まれる量は超微量なので、天然のトランス脂肪酸が含まれる食品を食べても体に悪影響を及ぼす可能性が極めて低いんです。

油脂を加工・精製する工程でできる(人工)のものは、
常温で液体の植物油や魚油のから、半固体又は固体の油脂を製造する加工技術「水素添加」によって、トランス脂肪酸が生成します。

水素添加によって製造されるマーガリンやファットスプレッド、ショートニングなどにトランス脂肪酸が含まれています。
そして、それらを原材料に使ったパンやケーキ、ドーナツなどの洋菓子、さらに揚げ物などにトランス脂肪酸が含まれているのです。

そして、油脂に高い熱が加えてもトランス脂肪酸ができてしまうんです。
ということは、自宅で料理をしていても作られてしまうってことになりますね。

例えば、
自宅で揚げ物を作った後の油はどうしていますか?
1~2回使った揚げ物用の油を次回使用するために取って置くご家庭は多いのではないでしょうか?
毎回、使用済の油を処分するのは面倒だし、そのたびに新しい油を使用していたら、あっという間になくなってしまいますよね。
使い回したい気持ちになっちゃうのは当然です。

スポンサードリンク

しかし、「植物油などの油脂に熱を加えるとトランス脂肪酸が発生する」といわれていますよね。
つまり、揚げ物用の油を何度も使い回すと、そのたびにトランス脂肪酸がどんどん発生しているってことになります。
なので、自宅で揚げ物をする時はなるべく新しい油を使いましょう。

トランス脂肪酸が多く含まれる食品は?

それでは、トランス脂肪酸を多く含む食品はどのようなものがあるんでしょう。
これからご紹介する食品をなるべく抑えれば、トランス脂肪酸の摂り過ぎを防げるということです。
では、しっかり確認していきましょうね。

■オイル系
・マーガリン
マーガリンは食品の中でも、圧倒的にトランス脂肪酸が多い食品です。
・ピーナッツバター
・マヨネーズ
・コーヒークリーム
ブラックは嫌という方は、コーヒークリームの代わりに牛乳を入れて飲みましょう。
インスタント・レトルト食品系
・カップ麺
・インスタント麺
・レトルトカレー
普通のカレーやシチューを作るために使われるルーは、トランス脂肪酸が少なくなっています。
外食系
・フライドポテト
・チキンナゲット
・フライドチキン
何度も繰り返し使われている油の中に、トランス脂肪酸が大量に発生しています。
お菓子系
・ケーキ
・クッキー&ビスケット
・菓子パン
食事としてパンを食べる時は、食パンを食べるようにしましょう。
・ポテトチップス
ポテトチップスが食べたくなったら、ノンフライでトランス脂肪酸がゼロのポテトチップスを食べましょう。
■冷凍食品
・冷凍唐揚げ
・冷凍ピザ

こちらの記事もあわせてどうぞ
「トランス脂肪酸が体に及ぼす悪影響は?食品別含有量と避ける食べ方は?」

トランス脂肪酸 マーガリンとバターの含有量は?

マーガリンとバターに含まれるトランス脂肪酸の含有量を確認しておきましょう。

トランス脂肪酸について、よくマーガリンが話題になりますよね。
しかし、見てください!
バターにも含まれているんです。

■100g中のトランス脂肪酸の含有量
マーガリン     0.94g~13g
ファットスプレッド 0.99g~10g
バター       1.7g~2.2g

そして、よく見ると!
トランス脂肪酸の少ないマーガリンよりも多く含まれていますね。

なので、マーガリンにもよりますが、
全体的に見れば、バターはマーガリンに比べてトランス脂肪酸の含有量は少ないです。
しかし、
「バターを食べていれば、トランス脂肪酸を気にする必要はない、安心!」ではないということを頭の中に入れておきましょうね。

購入の際は、しっかり脂肪酸の含有量を確認することが必要です。

関連記事
こちらもあわせてどうぞ
「マーガリンとバターの違いは?カロリーは?健康にいいのはどっち?」

まとめ

トランス脂肪酸は、私たちの体に悪影響を及ぼすので、できるだけ体内に入れないことが大切です。

それには、食材を購入する際にパッケージを確認して、トランス脂肪酸が入っていないか確認しましょう。

ただ日本では、トランス脂肪酸の表示するという規則ができていません。
表示がなくて「この食品は・・・」と不安に思ったら、買うのはやめておきましょう。

手間はかかりますが、家庭での食事やおやつは手作りできたらいいですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  2. さつまいもの栄養と効能!調理法の注意点と新鮮に長期保存するには?
  3. 大学入学式で男性が着るスーツの値段や色は?コーディネートに必要な物は?
  4. だるま目入れのタイミング右左どちらから?設置場所や供養方法!願い叶わぬときは?
  5. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?

関連記事

  1. 健康

    帯状疱疹の痛みはいつまで?残る痛みは帯状疱疹後神経痛?和らげる方法は?

    帯状疱疹の痛みには個人差があると言われています。違和感程度の痛…

  2. 健康

    はちみつ 脳の栄養と殺菌力と効果的な食べ方 授乳時に食べてOK?

    はちみつは身体にいい!しかし、一歳未満の赤ちゃんには与えてはいけな…

  3. 健康

    とびひの塗り薬 塗り方のコツ!いつまで塗る?市販薬でも効く?

    高温多湿のこの時期。あせもや虫刺されなどの患部をかき壊すことがきっ…

  4. 健康

    大人の帯状疱疹が赤ちゃんにうつる可能性は?母乳やお風呂は大丈夫?

    最近、帯状疱疹(たいじょうほうしん)ににかかってしまったという話を良く…

  5. 健康

    認知症と物忘れの違いは?疑いある時は何科を受診?受診拒否されたら?

    母の様子がおかしい・・・以前から物忘れがひどかったけれど・・・…

  6. 健康

    夜中に咳が止まらない原因とその対処方法は?病院へ行った方がいい?

    夜中に「さぁー、早く寝て風邪を治そう!」と布団に入り横になるけれど、咳…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP