健康

トランス脂肪酸が体に及ぼす悪影響は?食品別含有量と避ける食べ方は?

アメリカでは2018年6月以降、トランス脂肪酸の食品添加を原則禁止にするようですね。

私たちの体によくないということは認識いるけれど…

実のところ、どんな悪影響を及ぼすのかわかっていないあなた。

アメリカの「トランス脂肪酸の食品添加を原則禁止」を耳にしてとっても心配になっていませんか?

まだまだ小さいお子さんや家族のことを考えると、トランス脂肪酸を多く含んだ主な食品の含有量も知りたくなってきたのではないでしょうか?

ということで今日は、

トランス脂肪酸が私たちの体に及ぼす悪影響や身のまわりにある食品のトランス脂肪酸の含有量、トランス脂肪酸を避ける食べ方についてお話しします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

トランス脂肪酸が体に及ぼす悪影響は?

アメリカが2018年6月以降に原則禁止にすると言っているトランス脂肪酸の食品添加。
実際にトランス脂肪酸は、私たちの体にどんな悪影響を及ぼすのでしょう。

では、その悪影響を確認しましょうね。

まずは、中性脂肪が増えて肥満になる可能性が高くなるのです。
トランス脂肪酸が体に入ると、血液中の中性脂肪が増えきます。
そうすると、体に脂肪がたまりやすくなって知らず知らずのうちに肥満になっていた何てことになりかねないんです。

それはこういうことです。
血液中に中性脂肪が多くなると、中性脂肪自体が皮下脂肪となって体に蓄えれらてしまいます。
そして、この中性脂肪のせいで血液はドロドロした状態になるので血流は悪くなり、体の機能が衰えるので代謝も落ちてしまうんです。

ということは、せっせと食事に気をつけてダイエットしていたつもりでも、知らないところでトランス脂肪酸を口にしていたら、「ガーン!!」逆に太ってしまう恐れがあるんですね!!

次に、トランス脂肪酸は血液中の善玉コレステロールを減らし悪玉コレステロールを増やすという残念な働きをするのです。
これはどういうことかというと、血管の壁に悪玉コレステロールがこびりついて動脈硬化になる恐れがあるんです。
そしてこの動脈硬化は、生活習慣病を引き起こすのです。
さらに、血液中にコレステロールが増えても、血液がドロドロになって流れが悪くなり、代謝が落ちてしまいますよ。

主な生活習慣病
■脳卒中
■脳梗塞
■心筋梗塞
■下半身壊死

そして、トランス脂肪酸は肥満や動脈硬化だけじゃなく、アレルギーの病気になる恐れもあるんです。
最近はお子さんにアレルギー関連の病気が多いのもこれに関係しているんでしょうか・・・
アレルギーって、一度なってしまうととっても大変ですよ。

アレルギー関連の病気
■アトピー性皮膚炎
■アレルギー性鼻炎
■気管支喘息

トランス脂肪酸は、とっても気になる記憶力にも影響があるようです。
カリフォルニア大学で研究をした結果、トランス脂肪酸をたくさん過ぎた人ほど、記憶力が低下している傾向にあることが分かったそうですよ。

詳しくは原因が分かっていないようですが、トランス脂肪酸を摂ることで体が酸化されて、体内に活性酸素が増えたからと考えられているようです。

こちらの記事もあわせてどうぞ
「健康食材のエゴマ油とは?目を見張る成分は認知症の予防に効果あり!」

これって、認知症になりやすいということになるのでしょうか?
なんだか怖いですね。

トランス脂肪酸 主な食品別含有量は?

私たちの身近ある食品のどのようなものにトランス脂肪酸は多く含まれているのでしょう。
そして、どのくらいの量が含まれているのでしょう。

しっかりと確認してみましょう。

スポンサードリンク

食品別平均含有量 (g/100g)
■ショートニング
(1.2~31
■マーガリン
(0.94~13
■バター
(1.7~2.2)
■ビスケット類
(0.036~3.8)
■食用油類
(0.0~1.7)
■ラード、牛脂
(0.64~1.1 2.7)
■マヨネーズ
(1.0~1.7)
■チーズ
(0.50~1.5)
■ケーキ、ペストリー類
(0.40~1.3)
■スナック菓子、米菓子
(0.026~1.5)
■アイスクリーム類
(0.28~0.60)
■菓子パン
(0.15~0.34)
■食パン
(0.046~0.27)
■チョコレート
(0~0.71)
■即席めん
(0.024~0.38)
■牛乳
(0.13)

ショートニングがダントツの一位ですね。
トランス脂肪酸というとマーガリンというイメージが強いのでちょっとびっくりです。
ショートニングはマーガリンの倍近いトランス脂肪酸を含みます。

では、ショートニングとはどんなものなのが覚えておきましょうね。
ショートニング(shortening)は、
マーガリンから水分と添加物を除いて純度の高い油脂にした食品のことです。

無味無臭で、製菓に使用するとさっくりと焼き上がるので、パンや焼き菓子の製造などにバターの代用として利用されています。
揚げ油に使用すると、衣がパリッと仕上がります。

この「さっくり」や「パリッ」という食感を表す意味の英語「short」がショートニングの語源なんです。

またショートニングは安価でサクサクとした食感を出せるので、さまざまなフライや揚げ油にも混ぜられていて、外食産業の揚げ物に入っている可能性が非常に高いといわれています。
またおなじように、安価で売られているようなお菓子にもほとんどショートニングが含まれているようです。

こちらも記事もあわせてどうぞ
「トランス脂肪酸とは?多く含む食品は?マーガリンとバターの含有量」

トランス脂肪酸を避ける食品の食べ方は?

下にある、「やめておきたい例」こんな一日あるあるじゃないですか?

私だけでしょうか・・・

やめておきたい例

朝食に、 コーヒーフレッシュを入れたコーヒーと、マーガリンを塗ったパン。
昼食は、 手軽にマヨネーズを使ったハムサンドで軽く済ませる。
おやつに、 コーヒーフレッシュを入れたコーヒーとドーナツ2個。
晩御飯は、 冷凍食品の空揚げをつまみに晩酌しながら。

でも、あれもダメ、これもダメと考えてしまうと返ってストレスが溜まってしまいますよね。
できるところから食生活に取り入れてみましょう。

まず、避けた方がいいのはファストフードなどのジャンクフードやスナック菓子ですね。
ジャンクフードを食べる代わりに、おむすびにしてみましょう。
スナック菓子を食べる代わりに、おせんべいや、和菓子系の甘いものを選んでみましょう。

成分表示を見る習慣をつけましょう。
コンビニやスーパーでお菓子や菓子パンやケーキ等を買う時には、必ず成分表示を見てみましょう。
「マーガリン」「ショートニング」と書いてある商品は、出来るだけ避けるのがいいですね。
※安いお菓子には必ずと言っていいほど含まれてます。

マーガリンではなくて、バターを使いましょう。
しかし最近では「トランス脂肪酸の含有量」を表示したマーガリンが販売されています。
2%以下であれば、健康に対する害は少ないといわれています。

調理油は出来るだけ「トランス脂肪酸」の少ないものを選びましょう。
出来れば全く含まない「オリーブオイル」がおすすめです。
できるだけオメガ3脂肪酸を摂るように心がけるといいですね。
しそ油、えごま油、あまに油、菜種油などもおすすめですが、これらは残念なことに熱に弱く調理向きではありません。

こちらの記事もあわせてどうぞ
「えごま油の効果は?酸化しやすい油の保存方法と効果的な食べ方!」

まとめ

トランス脂肪酸は極力避けた方がいいですね。
しかし、あまり神経質になってもかえってストレスで体調を崩しては元も子もありません。

できるところから少しづつ食生活に取り入れてみましょう。

より健康的で明るく楽しい食生活を送るために、時には柔軟に考えるもの必要ではないでしょうか。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 成人式の振袖レンタル予約はいつする?相場は?選び方のポイントは?
  2. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?
  3. 車の運転中に眠くなる理由は?眠気対策はこれ!もしかしたら病気?
  4. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?
  5. 大学入学式で男性が着るスーツの値段や色は?コーディネートに必要な物は?

関連記事

  1. 健康

    水虫の症状は部位ごとに呼び名が違う?その治し方は?市販薬はどう?

    「水虫の季節」は夏とイメージする方が多いようですが、実は水虫はオー…

  2. 健康

    高齢者の熱中症原因とかくれ脱水などの症状は?予防と対策はこれ!

    昔に比べて35度を越える日が何日も続くと、気になってくるのが熱中症です…

  3. 健康

    春の酵素を野草で仕込む 手作り酵素に必要な材料や道具と作り方!

    春の酵素の時期がやってきました。酵素の本当の良さをまだまだ分か…

  4. 健康

    夏バテ対策に必要な栄養素はこれ 食事の注意点と簡単レシピ!

    今年も暑い季節がやってきました。夏になると、食欲がない、体がだるい…

  5. 健康

    花粉症 辛い目のかゆみは何科で受診?花粉予防とかゆみを抑える食べ物はコレ

    花粉が飛び始めるとやってくる目のかゆみ。目を取り出して洗いたく…

  6. 健康

    浴室の黒カビ 原因は天井に!もっとも効果的な対策と安全な取り方

    梅雨のシーズン特にきになるのが浴室の黒カビ、不快ですよね・・・…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP