冠婚葬祭 慶弔

法事・法要とは?日取り決めは友引でもいい?いつまでやるの?

家族を亡くし悲しみくれながら葬儀から四十九日までは、わからないことが多い中でもバタバタと追い立てられるように様々なことが過ぎていったことでしょう。

四十九日を済ませることで、悲しみが癒えることはありませんが、ちょっと肩の荷を下ろしてホッとしているのではないですか?

しかしこれで終わりではないですよ。
この後には、最初の年忌法要の一周忌が控えています。

わからないことだらけで不安でしょうが、これから先わからなかったではすませられませんね。

まだ少し時間があるその間に、少しづつ法事や法要のことを理解し準備を進めていきましょう。

今日は、
法事、法要とはなにか、
法事や法要の日取りを決める際は友引でもいいのか、
法事、法要はいつまでやるものなのかについてお話しします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

法事・法要とは?

「法事」と「法要」は同じ意味に思われ、使われることが多いですね。
しかし、厳密にいうと違うんです。

「法要」はお坊さんにお経をあげてもらうことをといいます。
遺族が故人を偲び、冥福を祈るために故人を供養するという意味で、「追善供養」ともいわれています。

そして法要の後の会食まで含むものを「法事」というのです。
法要 + 会食 = 法事
こんなイメージです。

こちらの記事もあわせてどうぞ
「法事・法要の準備のポイントと進め方は?僧侶へのお礼は?」

それでは、法要(法事)とはなんなのでしょう。

葬儀後の特定の日やお盆、お彼岸などに、亡くなった人の供養をする仏教の行事のことです。
法事ともいわれます。

家族や親族を亡くすことは、人生の中でも最も辛い出来事ですよね。
残された遺族が肩を落として、悲しみにくれている時期に法要を行わなければならないのは、少し酷なことのようにも思えます。
しかし、私たち人間は悲しみにひたって人に会わずに過ごしていると、さらに精神的に深く落ち込んでしまうものなんです。
遺族の務めとしてきちんと法要を行い、お客さまをもてなすことで、自らを励まし気持ちの張りを保って行くことができるんです。

法要はある意味、遺族が気力と体力を順調に回復していくためのプロセスとして生み出された「しきたり」かもしれませんね。

そして法要は、身内が顔を合わせることができる大切な行事ともいえるでしょう。

よく、法要やお墓まいりなどで久しぶりに会った人と、「仏さまのお引き合わせね。」などと声をかけ合いませんか?
「仏さまのお陰で会うことができた」という意味ですね。
祖先が、コミュニケーションの場を私たちに与えてくれているんでしょう。

親戚が一堂に会し気持ちのつながりを深めることのできるいい機会です。
法要というと、面倒なしきたりというイメージを抱きがちですが、
今の自分たちの幸せを感謝して、多くの人たちに支えられて生きているのかを実感できます。
このようなメリットも法要にはあるんですね。

法事・法要の日取り決めは友引でもいいの?

年忌の法要は、亡くなった日の同月同日(祥月命日)に行うのが理想的です。

ですが、出席者の都合を考えたら週末に設定するのがいいでしょう。

ただし弔事に関することは、
すべて、「遅らせないようにする」ことが原則ですよ。

なので、日取りを決めるときは、必ず祥月命日より早い日を選ぶようにしましょうね。

スポンサードリンク

このしきたりついては、
期限を定めないでいると私たちはついつい面倒なことを後回しにしてしまうという、人間の心理に対する戒めが込められているようです。

法要を友引に行うことについては、問題はありません。

友引の日に法要を行うのを避けるという考えは、神道からきたものなので、
仏教行事である法要には関係ないのです。

ただ、気持ちの上で、遺族や出席者がきになるのなら、避けたほうがいいですね。

年忌法要はいつまでやるの?

年忌法要とは、四十九日(または三十五日)以降忌明け後に行う法要のことをいいます。
故人の冥福を祈るのはもちろんですが、遺族の姿を親戚などに見せて、安心してもらう意味合いも込められているんですよ。

それでは、年忌法要を確認しましょう。

年忌法要

■百か日(死後100日目)
故人の供養に加えて、墓地の無縁仏に対して挨拶をするといった意味で、「施餓鬼供養(せがきくよう)」を家族、親族、知人で行いましょう。

■一周忌(死後1年目の祥月命日)
家族、親族、知人を招いて、お寺や自宅で丁寧な比較的大きな規模で、供養と会食をしましょう。

■三回忌(死後2年目の祥月命日)
家族、親族、知人を招いて、お寺や自宅で丁寧な比較的大きな規模で、供養と会食をしましょう。

■七回忌(死後6年目の祥月命日)
家族、親族だけで、お寺や自宅で規模を縮小して供養と会食をしましょう。

■十三回忌(死後12年目の祥月命日)
家族、親族だけで、お寺や自宅で規模を縮小して供養と会食をしましょう。

■十七回忌(死後16年目の祥月命日)
家族、親族だけで、お寺や自宅で規模を縮小して供養と会食をしましょう。

■二十三回忌(死後22年目の祥月命日)
家族、親族だけで、お寺や自宅で規模を縮小して供養と会食をしましょう。

■二十七回忌(死後26年目の祥月命日)
家族、親族だけで、お寺や自宅で規模を縮小して供養と会食をしましょう。

■三十三回忌(死後32年目の祥月命日)
家族と親族で、お寺や自宅で供養と会食をしましょう。
一般的には、この法要を「弔い上げ」として法要を終えます

■三十七回忌・四十三回忌・四十七回忌・五十回忌(死後36・42・46・49年目の祥月命日)
■百回忌(死後99年目の祥月命日)

年忌供養のほかに、祥月命日月命日(亡くなったのと同じ日の月忌)に、家族でお墓参りなどして、身内で供養を行いましょう。

こちらの記事も合わせてどうぞ
「法事に数珠は必要?色や種類に決まりはある?忘れたらどうする?」

まとめ

法事・法要は四十九日後も何十年と続きます。
しかし、行われるのは節目ごとの年なので毎年行われるわけではありません。

何年かに一度しかない年忌法要です。
親戚が一堂に会し気持ちのつながりを深めることのできるいい機会です。

故人がコミュニケーションの場を私たちに与えてくれていると感謝し、
しっかりと準備をして供養するようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  2. 車の運転中に眠くなる理由は?眠気対策はこれ!もしかしたら病気?
  3. 土鍋の使い始め目止めにおかゆを作る理由は?上手なお手入れと使い方は?
  4. 成人式の振袖レンタル予約はいつする?相場は?選び方のポイントは?
  5. 大学入学式で男性が着るスーツの値段や色は?コーディネートに必要な物は?

関連記事

  1. 冠婚葬祭 慶弔

    新盆 お参りにはいつ行くの?お参りの仕方とその時の服装は?

    お盆休みがやってきますが、「あれ、今年亡くなったあの方は、もしかし…

  2. 冠婚葬祭 慶弔

    婚約指輪お返しは必要?相場の値段とおすすめは腕時計?渡すのはいつ?

    プロポーズとともに婚約指輪を彼から頂いたあなた。とっても嬉しい…

  3. 冠婚葬祭 慶弔

    新盆の香典の相場と表書きは?薄墨で書く?お供え物にのし紙は必要?

    もうすぐお盆がやってきます。今年は親戚が新盆むかえ、法要のお招…

  4. 冠婚葬祭 慶弔

    結婚式二次会の女性の服装は?ご祝儀袋は使う?プレゼントは必要?

    友人の結婚式の二次会に出席することに!一緒にお祝いできるのは、とっ…

  5. 冠婚葬祭 慶弔

    法事・法要の準備のポイントと進め方!施主の挨拶と僧侶へのお礼は?

    お葬式が終わった後も、四十九日、一周忌、三回忌と法事・法要は定期的に行…

  6. 冠婚葬祭 慶弔

    お彼岸に結婚式を挙げてもいいの?招待状は?お祝い事はタブー?

    「暑さ寒さも彼岸まで」とよく耳にします。実際にお彼岸の日の前後にな…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP