紫外線対策

紫外線対策にサングラスは必要なの?色の関係と選び方のポイント!

最近はオゾン層の破壊などによって、目に有害な紫外線が降り注いでいるといわれています。
長時間、屋外に出るときは紫外線に備えて、サングラスを使用する人が増えているようですね。

だったら私もサングラスをした方がいいのかな?と思い始めたあなた。

でも・・・

実際のところ紫外線対策にサングラスは必要なの?
つばの大きい帽子や日傘だけではダメなのかしら?

このような疑問も出てきてませんか?

また、買おうとなると、

レンズの色はやっぱり濃い方が効果があるのかな?
どれを選んだらいいんだろう?

と迷っていませんか?

そこで今日は、
紫外線対策にサングラスは必要なのか、
色の関係はどうなのか、
選び方のポイントについてお話しします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

紫外線対策にサングラスは必要なの?

目からも紫外線は吸収され、日焼けすると言われていますが、サングラスって本当に必要なのでしょうか?

私たちの体は紫外線を浴びることで、免疫力を向上させてビタミンDを作り出す効果があるといわれていますよね。
サングラスを常用して、紫外線を見ないようにすることで、目の働きが衰えたりしないのでしょうか。

眼科の先生に聞いてみました。
そしたらなんと!
目においては紫外線が良い影響をもたらすことはないとのことでした。

やっぱり、目の保護のためにサングラスは必要なんですね。

ただ、もともと健康な目には紫外線を防ぐ力が備わっているとのことです。

なので、通勤や通学、家事などの日常生活での多少の紫外線は、目の機能には問題ありませんよ。

しかし、山や海などのアウトドアのレジャーや屋外でのスポーツなどは、長時間にわたって強い紫外線を浴びますよね。
こうなると、視界がゆがんだり目が見えなくなったりする病気、
白内障や黄斑変性(おうはんへんせい)症を引き起こす可能性があります。
また、角膜炎(かくまくえん)になるリスクもあるのです。

このような病気を防ぐためにも、登山海水浴などアウトドアでのレジャーやスポーツ時、畑仕事など外での仕事など、
日中の大半を強い紫外線の中で過ごすときには、サングラスは必須アイテムになるのです。

紫外線対策のサングラス 色との関係は?

レンズが濃い色のサングラスをかけた方が紫外線対策に効果があるようなイメージがありませんか?
しかし、紫外線カットの性能とサングラスの色とは関係はないのです。

紫外線対策としてサングラスを選ぶときは、色でなく紫外線カットの性能が高いものを選びましょうね。

紫外線カットのサングラスには、「紫外線透過率」もしくは「紫外線カット率」が数字で表示されています。

■紫外線透過率
レンズがどれだけ紫外線を透過するかを示す数字なので、
数値が低いほどレンズの性能が優れています。
「紫外線透過率1.0%以下」という表示のレンズは、紫外線を99%以上カットすることができるのです。

■紫外線カット率
レンズがどれだけ紫外線をカットしてくれるかを示す数字なので、
数値が高い方が性能のいいレンズです。

ちなみに「可視光線透過率」または「遮光率」という数値も書かれている場合があります。

スポンサードリンク

■可視光線透過率は
レンズがどれだけ光を通すかの数値です。

■遮光率
レンズがどれだけ光をさえぎるかの数値です。

これら、可視光線透過率と遮光率はレンズの濃さと関係がありますよ。
色の濃いレンズのほうが光を通さないことになります。
まぶしさを抑えるのに使用するにはこの数値を参考にしましょう。

色の濃いレンズのサングラスを使用するときの注意点

紫外線を透過させない機能のあるレンズを選びましょう。
この機能がないのに濃い色のレンズのサングラスを使用すると、目に悪い影響を与える可能性がありますよ。

目は、暗いところでは瞳孔(どうこう)が開いて、より多くの光を取り込むようにできているのです。
明るいところでは瞳孔(どうこう)は小さくなって、光を取り込む量を減らすという調節をしています。

なので、紫外線カット機能のない濃い色のサングラスで強い光を多く浴びると、瞳孔が開いた状態になってたくさんの紫外線を目に取り込んでしまうのです。

濃い色のサングラスをかけると暗くなる

瞳孔は開いてたくさんの光入ってくる

有害な紫外線や赤外線もたくさん目に入ってくる

このようなことから、あまり濃い色のサングラスは目には良くないとゆうことですね。

ファッションのためや顔を隠したいからという理由で、濃い色のサングラスを使用する場合は、長時間紫外線を浴びることは避けましょう。

紫外線対策を目的に性能の良いサングラスを買いたい場合は、雑貨店ではなくメガネショップに行きましょう。
経験が豊かな店員に相談して納得して買うのがいいですね。

紫外線対策サングラス 選び方のポイントは?

紫外線対策でサングラスを買う場合、次のポイント3つを頭にいれておきましょう。

■紫外線透過率の表示のあるものを選びましょう

紫外線対策のためのサングラスなので、「紫外線透過率」の低いもの(できれば1.0以下)がいいでしょう。
または、「紫外線カット率」の高いもの(できれば99以上)を選びましょう。

■レンズの色に惑わされないで

色が濃いものが、紫外線をカットするとはいえません。
無色のものでも紫外線透過率の低いものは紫外線をカットしてくれるのです。

むしろ濃い色のサングラスは、瞳孔が開きやすくなり、多くの紫外線が眼内に侵入しやすくなるので、目にダメージを与えてしまうので注意が必要です。

■サイズが大きめで側面がフィットするもの

紫外線は、サングラスの上下横のすきまからも侵入して、ガラス裏面に反射して目に入るんです。

なので、フレームやレンズ面が大きく、目やまぶたをしっかり覆って、側面にもフィットするようなカーブがついたもがいいでしょう。
幅広のサイドフレームがついているものが目にはやさしいですよ。

まとめ

紫外線カットのサングラスを選ぶときには、レンズの色ではなく「紫外線透過率」をしっかり確認しましょう。

そして、店員の方に相談しながらいろいろ試着して、自分の顔にフィットするものを探してください。

最近では、紫外線対策用のサングラスがたくさん出回っています。
せっかくかけるのなら、ファッションとしても楽しめるようにしたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  2. さつまいもの栄養と効能!調理法の注意点と新鮮に長期保存するには?
  3. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?
  4. 深大寺だるま市2017年の開催日程や気になる開眼時間!見どころやアクセス情報は?…
  5. 大学入学式で男性が着るスーツの値段や色は?コーディネートに必要な物は?

関連記事

  1. 紫外線対策

    日焼け止め SPF PAの本当の意味!効果的な塗り方でシミ シワを防ぐ

    外で過ごすのが気持ちのいい季節、気になるのは、日焼け。いざ、日…

  2. ファッション 美容

    自転車での日焼け対策 顔と首と手をしっかりガードするには!

    夏に向かって、これからだんだんと日差しが強くなり、日焼けが気になる季節…

  3. マナー

    日傘と雨傘の違い 選び方のポイントは3つ さす時のマナーに気をつけて!

    やっぱり美白がいい! 最近 日焼けが気になってきたあなた。 日傘をさし…

  4. 紫外線対策

    紫外線の目に与える影響は?紫外線対策と栄養!

    紫外線は春先から増え始め、5月から9月頃まで紫外線量の多い状態が続…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP