災害

災害時に役立つ液体ミルクの特徴やメリットは?なぜ日本では買えないの?

日本では、赤ちゃんに与えるものといえば母乳か粉ミルクが一般的ですよね。

しかし、海外では「液体ミルク」が人気を集めていて、手軽にスーパーなどで買えるくらい普及しているようです。
ご存知でしたか?

この液体ミルク、粉ミルクと比べて準備がとても簡単でとっても便利だというのです。

ならば、地震大国の日本であれば、災害などの非常時に各自治体や各家庭で備蓄できたらママにとってこんなに安心なことはありませんね。

ただ、日本で見たことのない液体ミルクことはよくわからないママも多いのではないでしょうか?

そこで今日は、
災害時に役立つ液体ミルクとはどんなものなのか、
液体ミルクの特徴やメリット、
なぜ日本では買えないのかについて調べてみました。

スポンサードリンク

災害時に役立つ液体ミルクとは?

私たちがミルクといえば「粉」というイメージですよね。
きれいにしっかりと消毒された哺乳瓶に適量の粉ミルクと温度70度以上の白湯を混ぜて、人肌程度になるまで冷ましてから赤ちゃん与えるものですよね。

しかし海外では粉ミルク以外に、もう一つ「乳児用液体ミルク」というものが一般的なんです。

この乳児用液体ミルクは、誕生から12か月までの乳児母乳の代わりとして飲むことができるように栄養成分を調整され、紙パックまたはペットボトルに入っていて、開封すればすぐに赤ちゃんに飲ませることが出来る乳児用のミルクです。

常温で保管することができて、密封されているので衛生的ですよ。
なんと、哺乳瓶を消毒したり作ったミルクを冷ましたりする手間が必要ないのです。

長期保存が可能な液体ミルクも多く販売されていて、ミルクでの育児には当たり前のように使われているそうです。

さらに、赤ちゃんに与え終わったらそのまますぐに処分できるので、荷物も減り外出時には特に嬉しいですね。

赤ちゃんに与える時は、なんと常温のままなのです。
これにはちょっとびっくりですね。

粉ミルクの場合は、
まず哺乳瓶を消毒して、
お湯を沸かして、
粉ミルクを溶かして、
飲みやすい温度まで冷まして・・・

とっても準備に手間がかかりますよね。

災害などの非常時は、清潔な水も手に入りにくいです。
そんな状況の時には、粉ミルクを準備してあげるはとっても難しいでしょう。

その時に、簡単に赤ちゃんに与えることができる液体ミルクがあったら、すごく助かりますよね。
ただ残念ながら、今のところ日本では液体ミルクの販売が認められていないんです・・・

液体ミルクの特徴やメリットは?

それでは、液体ミルクの特徴やメリットを詳しく紹介しますね。
しっかり確認しておきましょう。

哺乳瓶の消毒や調乳などの手間いらずですぐに飲ませられる

赤ちゃんに粉ミルクを与える場合、前述したとおりいくつもの作業が必要ですよね。

夜中に赤ちゃんミルクを欲しがって、
延々と泣き続ける声を聞きながらキッチンでひたすらミルクを作る作業は心が折れそうになりますね。
特に寒い冬だったりしたら辛いでしょう。

そんな時、ミルクが液体になっていて、冷ます必要がないのですぐに飲ませられるのであれば赤ちゃんにもママにも嬉しいことですね。

また、パパも育児参加が簡単にできちゃいますよ。

ママの体調が悪い時など、粉ミルクを作る面倒な作業がない液体ミルクがあれば、パパでも簡単にすぐにあげられます。
開封して飲ませるだけなんですから。
こんなに簡単なら、安心してパパに赤ちゃんのお世話をお願いできるでしょう。

スポンサードリンク
常温で保存OK 外出など持ち運びに便利

赤ちゃんとのお出かけ時、粉ミルクだと哺乳瓶や粉ミルクに加えて魔法瓶に入れたお湯などを持ち歩く必要がありますよね。それだけでなく、哺乳瓶の衛生状態なども神経を使うことでしょう。

赤ちゃん用の液体ミルクなら、常温保存もできるし、液体ミルクと乳首を持って行くだけです。
密封されているので持ち運びがしやすいので、外出先を選ぶ必要ないですね。
泣いたらさっとあげられるので、手軽に授乳できる液体ミルクは赤ちゃん連れの外出には強い味方になります。

災害時に水がなくてもOK

赤ちゃんに粉ミルクを与えるには、たくさんの清潔な水が必要になりますよね。
大きな震災など災害がおこってしまった時には、粉ミルクを調乳するのに必要な水やお湯が十分に手に入らない可能性があります。

「母乳をあげればいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、
母乳が出ない人もいます。
また災害時は、精神的ショックストレス栄養不足疲労などの関係で母乳の出が悪くなって十分な量の授乳できなくなることもあるんです。

そんな困った時の授乳の補助として、液体ミルクを常備しておけば安心ですね。
赤ちゃん(新生児、乳児)には必須の防災グッズともいえるのではないでしょうか。

実際に、阪神淡路大震災や東日本大震災の時、被災地の赤ちゃん達へ海外メーカーの液体ミルクを被災地に送る支援活動があったそうですよ。

ちなみに、
アメリカ暮らしをしている里田まいさんは、
基本母乳育児だそうですが、状況によってたまにミルクも与えているそうです。
その時には、お医者さんに教えてもらった液体ミルクを使ってるそうです。
その便利さにビックリ~
蓋開けて、乳首の部分付けて飲ませるだけ!
室温保存でいいのも楽~
とブログでつぶやいているみたいです。

液体ミルク なぜ日本では買えないの?

近所のドラッグストアーで液体ミルクを見たことありますか?
ありませんよねー
そうなんです、乳児用液体ミルクのメリットはたくさんありますが、残念ながら現在日本では売っていないのです。

どこの国内メーカーも作っていない理由として、
厚生省の許可がおりない、認知度が低く需要がないことのようです。

ちなみに、欲しい方はAmazonやいくつかの通販で海外メーカーの液体ミルクを輸入して買うことはできますよ。
しかし、海外メーカーよりも国内メーカーの方が安心と考える人は多く、個人輸入という形での購入になるので、割高なうえ日数もかかります。

国内メーカーの液体ミルクが近くのドラッグストアなどで手軽に購入できたら、嬉しいですよね。
国内メーカーの乳児用液体ミルクが今すぐ買うことは難しくても、近い未来の子育て世代のために作ってもらえたらと思います。

現在、赤ちゃんとの外出時や災害の備蓄に便利な乳児用液体ミルクを「日本でも製造・販売してください!」と願うママたちが、国内メーカーに需要があることを示すための署名活動などが行われています。

まとめ

液体ミルクについての必要性や考え方は人それぞれあると思います。

認知度はまだまだ低いのが実情です。

しかし、白湯や使用後の消毒も不要な液体ミルクは、支援物資として実際に阪神淡路大震災や東日本大震災の災害時では救世主ともいえる存在だったそうです。

これから認知度が増して、需要が高まってくれば、日本でも今後販売される日がくるかもしれませんね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  2. 車の運転中に眠くなる理由は?眠気対策はこれ!もしかしたら病気?
  3. 土鍋の使い始め目止めにおかゆを作る理由は?上手なお手入れと使い方は?
  4. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?
  5. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?

関連記事

  1. 災害

    火事見舞いでお酒を贈る意味は?金額の相場やいつ渡すのがいい?

    最近とても乾燥していて、風が強い日が多いですよね。乾燥と強風で火事…

  2. 災害

    台風の時マンションの窓ガラスはどうする?ベランダや車は?

    台風が近づいてくる季節になりました。台風は夏から秋にかけて多く…

  3. 災害

    台風の時の運転はどうする?冠水路と高速道路での注意点は?

    台風が接近中。普段は、駅まで自転車で行っている子供だけれど、と…

  4. 災害

    地震時の家族の安否確認方法は?集合場所と日頃からやっておくことは?

    大地震はいつ、どこで襲ってくるかわかりませんね。その時が夜なのか、…

  5. 災害

    避難要請 避難準備、避難勧告と避難指示の違いと日本にない避難命令に代わるものは?

    地震や長雨、大雨による洪水や土砂崩れなどの自然災害は近年、毎年日本のど…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP