健康

溶連菌感染症は大人にうつる?自然治癒でも大丈夫?妊婦の場合は?

風邪とよく似た症状がでる溶連菌感染症。
秋から春先にかけて流行し、夏に感染することもあります。

ところで溶連菌感染症は、子供がかかりやすい感染症のイメージですが大人にもうつるのでしょうか?

子供が保育園や幼稚園、小学校で感染してしまったらとっても気になり、不安になっちゃいますよね。

また、妊娠中で妊婦さんだったら、
お腹の赤ちゃんのこと、薬のこと、副作用のことなど、さらにわからないことが出てきて心配になってしまうでしょう。

そこで今日は、
溶連菌感染症は大人のうつるのか、自然治癒でも大丈夫なのか、妊婦さんはどうしたらいいのか、についてお話しします。

スポンサードリンク

溶連菌感染症は大人にうつるの?

溶連菌感染症は溶血性連鎖球菌という細菌が喉に感染することで起こる病気です。
水疱瘡やおたふく風邪と違い、何度も繰り返し現段階では予防するワクチンはありません。

この溶連菌感染症はこどもの間で流行することから子供の病気と思われがちですが、実は大人にもうつる病気なんです。

子供から大人にうつるだけではなくて、大人から子供に大人から大人にもうつしてしまうので、注意しましょう。

感染しやすいと言われているのは、

■免疫力が低下している人
■妊娠している人
■小さな子供がいる人

特に免疫力が低下している大人が溶連菌感染症にかかると、症状が重篤化しやすいため注意が必要です。

一般的には空気が乾燥する秋から春先に流行すると言われていますが、夏も油断はできませんよ。

症状は風邪とよく似ているので、大人はただの風邪と思い込み、しばらく様子を見てしまう人が多いようです。

感染経路は、
溶連菌感染者が咳やくしゃみなどをしてうつる飛沫感染
手などに付いてしまった菌が口に入る経口感染
皮膚からの接触感染になるので、予防をしっかりしておくことが大切ですね。

詳しくはこちらの記事もあわせてどうぞ
「子供の溶連菌感染症の症状 原因と感染経路は?登校基準と完治の判断は?」

溶連菌感染症 大人は自然治癒でも大丈夫?

溶連菌感染症は、熱がでなかったり症状が軽いと風邪と勘違いして放置してしまいがちです。
しかし、ウィルスではなく「溶血性レンサ球菌」と呼ばれる細菌なので抗生物質を服用しないと、体内に溶連菌を保菌し続けて合併症を引き起こしてしまう恐れがあるんです。

なので、溶連菌は自然治癒できないのです。

スポンサードリンク
■溶連菌が原因の合併症
・急性糸球体腎炎
・リウマチ熱
・猩紅熱

溶連菌の症状が見られたら自宅療養で自然治癒しようとしないで、病院を受診して検査と治療をきちんと行いましょうね。

そして、体調が良くなったからと自己判断から途中で抗生物質の服用をやめてしまうと、
体内で生き残っている溶連菌がその抗生物質への耐性を持ってしまい、薬が効かなくなって合併症を引き起こしてしまうことがあります!
症状がなくなっても医師の指示どうりに抗生物質は全て飲み切り、最後に完治判断をするための検査を受けてくださいね。

詳しくはこちらの記事もあわせてどうぞ
「子供の溶連菌感染症の症状 原因と感染経路は?登校基準と完治の判断は?」

溶連菌感染症に妊婦さんが感染したらどうしたらいい?

妊娠中は、栄養不足や睡眠不足になりやすいので、
妊娠していない成人女性と比較しても溶連菌に感染しやすいですね。

妊婦さんが溶連菌に感染した場合、胎児への直接的な影響はないと言われています。

しかし、羊膜に感染すると破水しやすくなったり、赤ちゃんが産道を通るときに感染する危険性が高いので、医療機関での治療が必要です。
抗生物質は赤ちゃんへの影響が心配になるかもしれませんが大丈夫ですよ。
抗生物質にも赤ちゃんへの影響がないものがあるので、心配しないでかかりつけの産婦人科の医師に相談し、しっかりと治療を受けましょう。

また、自覚症状がなくても、検査で溶連菌への感染が発覚する妊婦さんもいます。
なので、定期検診をきちんと受けましょう。
家族や周囲の者が溶連菌感染にかかった場合にも、すぐに医師に相談しましょうね。

羊膜に感染すると前期破水や切迫早産の原因になることもあります。
また、産道を通るときに赤ちゃんが感染する可能性もあるのです。

妊婦さんは溶連菌感染症にかからないように普段から十分に予防することが重要です。

まとめ

大人も溶連菌感染症にかかります。
症状が出る時は、免疫力が低下しているときです。
「自然治癒するから大丈夫。」などと油断しないようにしてくださいね。

そして、もう大丈夫などと自己判断で薬の服用をやめてしまうと、再発や合併症の発症につながるケースがあるので注意しましょう。
医師の指示どうり薬はしっかりと飲み切りましょう。

子供が感染してしまったらうがいや手洗い、マスクで予防し、バランスのとれた食事と睡眠で免疫を落とさないように気をつけましょう。

妊婦さんはしっかり定期検診を受け、家族や周囲の者が溶連菌感染にかかった場合は、すぐに医師に相談しましょう。
医師の元で治療受けていれば心配することはありません。
心穏やかに出産の日を迎えてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?
  2. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?
  3. 車の運転中に眠くなる理由は?眠気対策はこれ!もしかしたら病気?
  4. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  5. 深大寺だるま市2017年の開催日程や気になる開眼時間!見どころやアクセス情報は?…

関連記事

  1. 健康

    緑茶の驚くべき美容効果!飲み過ぎには注意が必要?適量はどれくらい?

    渋味や苦味、うま味などの独特な味わいを持っている緑茶を、私たち日本人は…

  2. 健康

    水虫の症状は部位ごとに呼び名が違う?その治し方は?市販薬はどう?

    「水虫の季節」は夏とイメージする方が多いようですが、実は水虫はオー…

  3. 健康

    りんご病とは?大人の症状と妊婦から胎児への感染の影響は?

    りんご病。幼稚園や保育園に通園している子供をもつママであれば、一度…

  4. 健康

    帯状疱疹の気づきにくい初期症状と原因は?出る場所は?顔には注意!

    虫に刺されたかも?何だか痒くて、痛くてたまらない!虫刺されの塗…

  5. 健康

    ジカ熱とはどんな症状で感染経路は?人から人の感染や予防方法は?

    2016年夏!リオデジャネイロでオリンピックが開催されるので今から…

  6. 健康

    ビフィズス菌を取り過ぎたら?下痢をする?取るタイミングはいつがいい?

    便秘を解消したり、腸内環境を整えたり、さらに、免疫力を上げたり…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP