赤ちゃん 子供 育児

赤ちゃん蚊に刺されたら!跡が消えないときは?病院に行った方がいい?

夏に悩まされるのは、あのどこからともなくやってくる、憎っき「蚊」ですよね。

赤ちゃんが蚊に刺されるとものすごく腫れます。
ときに、「右足と左足の太さが違う!」なんてこともあるんですよ。

今年初めて夏を迎える赤ちゃん。
蚊に刺されないように十分気を付けていたのに・・・

知らないうちに何ヶ所も蚊に刺されちゃった赤ちゃん見て、お母さんはビックリ!!
かわいそうで、どうしてあげたらいいのか悩んでいませんか?

そこで今日は、
赤ちゃんが蚊に刺された時の対処法、
蚊に刺された跡が消えない時はどうしたらいいのか、
どんな時に病院に行った方がいいのかについてお話しします。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

赤ちゃんが蚊に刺された時の対処法

蚊に刺されないよう注意してあげるのが一番ですが、十分に気を付けていたはずなのに刺されちゃったってことは少なくありません。

家の中以外、お出かけ先で刺されてしまうこともありますよね。

蚊に刺されずに夏を越すのは、なかなか難しいようです。
そこで、赤ちゃんが蚊に刺されてしまった場合の対処法を確認しておきましょう。

1.清潔に

蚊は皮膚に止まって血を吸うときに同時に唾液を注入します。
この唾液がかゆみや腫れの元なんです。

なので、蚊に刺された所を清潔にしましょう。
患部を流水で洗って清潔にすることが大事です。

かゆみを抑えるためには冷やしてあげるのも効果的ですよ。
患部を冷やすと血管が収縮してかゆみ成分が広がらずに、かゆみが軽減されます。
濡れタオルで冷やすのもいいでしょう。
これは、大人が蚊に刺された時も同様です。

2.消毒する

患部が、かきむしって傷になったり、腫れて滲出液が出ている場合は、その傷からばい菌が入ると悪化の原因になるので、ひどくならないうちに消毒剤で消毒をしましょう。小児用マキロンでOKです。

3.薬を塗る

患部を清潔にし、消毒した後にしっかり水分をふきとって、赤ちゃん用のムヒベビーやムヒパッチなどの薬を塗ることで悪化を防ぎかゆみを防止しましょう。

お手入れのポイント

薬を塗っても患部をかきむしるような場合は、包帯またはガーゼで患部を覆ってあげましょう。

特に寝ている間が危険です。
無意識にかきむしってしまう事が多いのです。
包帯やガーゼは上から掻いても大丈夫、それを防いでくれますよ。
これで、出血やとびひを防ぐことができます。
また、バンソウコウなどと違い、包帯やガーゼは通気性がいいのでムレません。

とびひ 詳しくはこちらをどうぞ
幼児とびひの原因と症状 予防の5つの心得!大人にもうつるって本当?
とびひの塗り薬 塗り方のコツ!いつまで塗る?市販薬でも効く?

スポンサードリンク

子供が以前とびひになった時、皮膚科の先生に教えていただいた方法なので間違いありません。
息子もそれ以来とびひにはならなかったので、おすすめです!

赤ちゃんの蚊に刺された後が消えずに残ってしまった時は?

初めて夏を迎える赤ちゃんは、蚊に刺されたときにアレルギー反応が強くでることがあります。
その場合、症状が出るのが刺されてすぐではなく、1~2日後に大きく腫れあがり、跡を残して治っていきます。

小さな子供の皮膚は弱く薄いため、蚊に刺されるとかゆみが強いためかいてしまったり、腫れが広がり化膿してしまったりするので、跡に残る確率が高いのです。

こにように、赤ちゃんの虫刺されは、特に注意が必要なんです。

上記の対処法を実践しても、虫刺され跡が残ってしまうことがあります。
跡が残ってしまったら、少しでも早く虫刺され跡を消してあげたいですよね。

虫刺され跡を消すには保湿が一番です。
皮膚の代謝を高めて、新しい皮膚へ早く生まれ変わらせましょう。

赤ちゃんの肌につけて安全なのは「馬油」や「ワセリン」です。
すぐにとれてしまうので、こまめに塗ってもOKです。

「馬油」や「ワセリン」を塗るタイミングはお風呂上がり5分以内が理想です。
お風呂上がりは肌が乾燥しがちなので、なるべく早めに塗ってあげることがポイントなんです。

赤ちゃんが蚊に刺されて病院に行った方がいい場合は?

病院に行った方がいい場合はこの3つです。

■大きく腫れている
■ひどい痛みや熱を持っている
■患部に固い「しん」がある

この場合は迷わず病院に行きましょう。
この3つ以外でも、虫さされの場所が目の近くなどで、市販の薬が使用しにくい場所のときも病院に行った方がいいですね。

病院は、小児科でも大丈夫ですが、専門の皮膚科を受診した方がピッタリの薬を処方してもらえます。

また皮膚科は基本的に、皮膚疾患で受診している人ばかりなので、感染症などをもらう可能性もないので、赤ちゃんは安心して受診出来るというメリットがありますよ。

まとめ

大人も蚊に刺されれば痒いし腫れします。

しかし、赤ちゃんの腫れは大人の腫れとは比べものにならないほど、ビックリするほど腫れます。
きっとかゆみもハンパないのでしょう。

できるだけ虫のいるところには近づかないようにしましょう。

刺されてしまった場合は前述しました対処法を実践しましょう。

万が一、かきむしって色素沈着を起こして跡が残ってしまった時は、保湿をここを掛け早く跡を消してあげましょう。

症状がひどいと感じたら迷わず病院へ行くことをおすすめします。

赤ちゃんのふわふわツルツルのお肌はお母さんが守ってあげてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?
  2. さつまいもの栄養と効能!調理法の注意点と新鮮に長期保存するには?
  3. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?
  4. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?
  5. 大学入学式で男性が着るスーツの値段や色は?コーディネートに必要な物は?

関連記事

  1. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃん鼻水は放置していい?病院へ行くタイミングは?耳鼻科?小児科?

    赤ちゃんの鼻水は健康状態を表すバロメーターのひとつと言われていますが、…

  2. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんに絵本の読み聞かせはいつから?その効果とコツは?

    絵本の読み聞かせブームが来ています。「赤ちゃんに絵本の読み聞か…

  3. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんインフルエンザの最適予防接種時期と間隔は?他の予防接種と費用は?

    これから冬に向けてインフルエンザの流行時期ですね。赤ちゃんに,…

  4. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんの蚊除け蚊取り線香は安全?天然除虫菊や電気蚊取り器はどう?

    夏が近づいてくると、気になるのが「蚊」の存在。赤ちゃんが生まれて初…

  5. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんファーストシューズはいつから?選び方は?嫌がる時はどうする?

    つかまり立ちから、伝い歩き、よちよちとバランスをとりながらのひとり歩き…

  6. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんにチョコレートはいつから?アレルギーは?食べてしまったら?

    もうすぐバレンタインですね!今年はどんなチョコレートにしようか今か…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP