赤ちゃん 子供 育児

ヘルパンギーナとは?症状と手足口病との違いは?大人にも移る?

そろそろ「夏風邪」が流行する季節です。

気温も上がったり下がったり、湿度も高くて、体にはたまったもんじゃありませんよね。

子どもなら余計にうまく体温調節ができなくて、突然高熱が・・・なんてことに。

この時期には子供の夏風邪に要注意です。

ただの体調不良だと思って油断していると、あの「ヘルパンギーナ」かもしれませんよ。

お子さんをお持ちの方なら「ヘルパンギーナ」は聞いたことはあるでしょう。
しかし意外によくわかっていないお母さんも多いのではないでしょうか?

そこで今日は、
ヘルパンギーナとはとんな病気なのか、
その症状と手足口病との違い、
子どもの病気と思われているヘルパンギーナは大人に移るものなのかについてお話しします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

ヘルパンギーナとは?

ヘルパンギーナとは、夏の3大感染症(手足口病、プール熱、ヘルパンギーナ)の一つです。

主に夏場、乳幼児や子供を対象として発症しやすいウイルス感染症で俗にいう「夏かぜ」と呼ばれる疾患です。

夏かぜ こちらの記事も参考に
赤ちゃん夏かぜの症状 その時エアコンは?お風呂はどうする?

ヘルパンギーナにかかる年齢は、5歳以下の子どもが全体の90%を占めていて、その中でも最も多いのが1歳代です。

毎年、日本では5月ごろから流行が始まり、7月にかけてピークをむかえます。
そして、8月ごろから減少しだし、9~10月には流行が終わります。

ヘルパンギーナを引き起こす病原体はコクサッキーウイルスがほとんどですが、エコーウイルスなども関係している場合があります。

このエンテロウイルスは夏風邪の一つ手足口病の原因にもなります。
ときに髄膜炎などを起こしてしまうこともある怖い病原体でもあるんです。

ヘルパンギーナの症状と手足口病との違いは?

ヘルパンギーナの症状

ヘルパンギーナの代表的な症状は3つです。

■突然の高熱(突然38~40℃)が出でる
■口内炎や口の中に水泡ができる(複数)
■喉や口蓋垂(のどちんこ)に強い炎症を発症

ほとんどの場合、2~3日以内には熱が下がるのですが、喉の痛みがひどくて食事を飲み込めないことが多いです。

このヘルパンギーナの独特の症状ともいえる口の中の水泡ですが、口腔内の上あご部分や咽頭部周辺に多く発症する点も症状のポイントです。
また、水泡はひとつだけとは限りません。
多数発生するケースも多く、水泡の直径は2ミリ~4ミリ程度の大きさも特徴の一つで、お母さんの目みても十分確認できるサイズです。

上記の症状以外にも、

●高熱による倦怠感・関節の痛み
●稀に6歳未満では、急激な発熱に伴う熱性痙攣

★首の痛み・頭痛に加えて吐き気・嘔吐の症状がみられた場合は髄膜炎を疑ってください。

これらの症状は、ヘルパンギーナの原因となるコクサッキーウイルスなどのエンテロウイルス群が口腔内の喉や腸管内で増殖する特徴を持つためです。

※エンテロウイルスのエンテロとは腸管の意味です

なので、赤ちゃんが突然高熱をだした場合、赤ちゃんは口や喉が痛いとは訴えられないこともありますよね。
熱が高くぐったりしていたら、口の中を確認してみましょう。

スポンサードリンク

ヘルパンギーナと手足口病との違いは?

ヘルパンギーナと手足口病はともに夏に流行し、発熱と口の中に水泡が出来るという症状が似ている為、医師であっても判断が難しい場合があるようです。

では違う症状はどんなところなのか比較してみましょう。

ヘルパンギーナ

■熱
39~40度の高熱
■発疹
口の中に水泡ができる

手足口病

■熱
37~38度ぐらい発熱しない事もある
■発疹
口の中に水泡ができた後に手・足・又は全身に広がっていく

このように、手足口病は全身に発疹が出来るので、見た目はとても痛々しそうなのですが、子供は元気な場合が多いです。
逆に、ヘルパンギーナは口の中の水泡だけなので、見た目はあまり辛そうではないのですが、子供にとっては大変つらい症状なんです。

ヘルパンギーナは大人にも移るの?

はい、大人にも移ります。

ヘルパンギーナはウイルス性感染症です。
なので、家族内にヘルパンギーナの症状を発症したお子さんがいる場合は、もう既に家族内でウイルス感染を起こしている可能性があります。

このように、大人がヘルパンギーナに感染するケースは、子供からの2次感染によるケースが最も多いのです。
また、「以前かかったことがあるから私は大丈夫!」などと油断しないでくださいね。
ヘルパンギーナは何度も発症する可能性がある事を覚えていてくださいね。

大人が症状を発症する多くのケースは免疫力が低下していて、体調不良状態の時に感染してしまいます。
大人は子供と比較すると、免疫力も体力も強いのですが、いったん大人が感染した場合は、39度を超える高熱など、やや重い症状が続く事もあります。

なので、子どもが幼稚園や学校などでヘルパンギーナに移ってしまった場合は、お母さん自身の体調管理をしっかりと整えて、症状を発症させない自己管理が大切なのです。

ヘルパンギーナは数日で回復する病気です。
しかし、症状がピークの時には、強い倦怠感や関節の痛みなども伴うので、大人の発症のケースは、高熱が発症している数日間は仕事を控えることをおすすめします。

ちなみに、
子どもにヘルパンギーナの可能性が検討される場合、口の中をみると水泡や口内炎などの特徴ある症状を確認できます。
しかし、接触感染、飛沫感染を感染経路とするウイルスなので、口の中の水泡を直接手で触れたり、マスクをしないで覗き込むことは極力避けましょう。

夏の3大感染症 詳しくはこちら
手足口病の口内炎はいつ治る?痛い時の食事は?赤ちゃんの場合は?
子供の手足口病は大人にうつるの?病状は子供同じ?予防法は?
プール熱は大人にもうつる?効く薬はある?会社に出勤してもいい?

まとめ

ヘルパンギーナは高熱が出るので、まずは安静に過ごしましょう。
そして、脱水症状を防止するために水分補給をしっかり行うことが大切です

高熱も、2~3日程度で徐々に熱が下がります。
ただ、高熱が2~3日にわたって下がらないケースでは、髄膜炎等の合併症を発症している可能性もあるため、必ず病院の診察を受けましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. だるま目入れのタイミング右左どちらから?設置場所や供養方法!願い叶わぬときは?
  2. 深大寺だるま市2017年の開催日程や気になる開眼時間!見どころやアクセス情報は?…
  3. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  4. 土鍋の使い始め目止めにおかゆを作る理由は?上手なお手入れと使い方は?
  5. 車の運転中に眠くなる理由は?眠気対策はこれ!もしかしたら病気?

関連記事

  1. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃん発熱時は温める冷やす?冷やす場所や解熱剤は?お風呂は?

    だんだんと気温が低く肌寒くなってくると心配なのが、赤ちゃんの発熱ですね…

  2. 赤ちゃん 子供 育児

    子供が熱中症になった時の症状は?ならないための予防策と応急処置

    これからやってくるジメ〜とした梅雨時期や真夏の炎天下。スポーツをや…

  3. 赤ちゃん 子供 育児

    離乳食の開始はいつがいい?ひとさじってどれくらい?嫌がる時は?

    赤ちゃんに離乳食を開始してみたいけど、いつがいいのかしら?…

  4. 赤ちゃん 子供 育児

    離乳食初期の進め方と目安分量は?外出時や熱が出た時はどうする?

    もうすぐ生後6ヶ月。よだれもだらだら出てきているし、大人の食事…

  5. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃん1歳の誕生日一升餅と選び取りでお祝い?ケーキはどうする?

    もうすぐファーストバースデー!パパやママは、赤ちゃんが1歳にな…

  6. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんにチョコレートはいつから?アレルギーは?食べてしまったら?

    もうすぐバレンタインですね!今年はどんなチョコレートにしようか今か…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP