健康

ジカ熱とはどんな症状で感染経路は?人から人の感染や予防方法は?

2016年夏!
リオデジャネイロでオリンピックが開催されるので今から楽しみですね。

しかし、中南米地域を中心に各地でジカ熱(ジカウイルス感染症)が流行しています。

ジカ熱を懸念して、リオ五輪を辞退する選手も出ているほどです。
4年に一度のオリンピックの代表を辞退するほど、恐れられているジカ熱とは、いったいどんな病気なのでしょう。

日本にいるから大丈夫とたかをくくってはいられません。
ジカ熱の感染を拡大させないためにも私たち日本人もジカ熱について詳しく知っておく必要があるのです。

そこで今日は、
ジカ熱とは、どんな症状なのか、
心配なジカ熱の感染経路について、人から人にも感染するのかどうか、
また予防方法についてお話しします。

ジカ熱とは?どんな症状がでるの?

ジカ熱とは?

ジカ熱とは、「ジカウイルス感染症」のことです。

1947年にウガンダに生息していたアカゲザルから、初めて発見されたウィルスです。

ジカウイルスに感染したヤブカに刺されることで発症することがあり、潜伏期間は刺されてから数日~1週間ほどといわれています。

ジカ熱の症状は?

ジカ熱は感染しても症状はごく軽いために、感染したことに気づかない人もいるようです。

主な症状は、
蚊に刺されてから数日〜1週間ほどの潜伏期間のあと、軽度の発熱発疹結膜炎筋肉痛関節痛倦怠感頭痛下痢など風邪に似た症状が2〜7日間ほど続き、症状は自然に治まります。

しかし、妊婦が感染すると胎児に「小頭症」と呼ばれる先天異常を引き起こすことが強く疑われています。
また、死産となる可能性が高く、産まれても早期に死亡する可能性も高いといわれています。

今のところ有効なワクチンや治療法は存在しないので、妊婦さんは特に注意しなくてはいけませんね。

感染経路 人から人への感染はあるの?

感染経路

ジカ熱の感染経路は、ジカウイルスを持った蚊に刺されることで感染します。

ジカ熱に感染した人を蚊が刺すことで、蚊の体内でウイルスが増殖し、ジカウイルスを持った蚊に他の人が刺されることで、次から次へとジカ熱の感染者が増えていくことになるのです。

ジカ熱は、蚊を媒介に感染するということは、2014年に日本で大流行したデング熱と同じです。
この時、デング熱は大変心配されたものの重篤な症状が出る例は稀で、拡大することなく無事に収束しています。

デング熱 詳しくはこちらから
デング熱の症状は?人から人への感染はあるの?予防と対策はこれ!

このジカ熱を媒介する蚊はネッタイシマカヒトスジシマカです。

「ネッタイシマカやヒトスジマスカが繁殖しやすい熱帯や亜熱帯地方のものでしょ!だったら日本は大丈夫じゃない?」思われる方もいらっしゃるでしょう。

スポンサードリンク

確かに、ネッタイシマカは、熱帯地方、亜熱帯地方に生息しています。
現在、日本国内には生息していないようです。
が・・・
日本国内に飛行機によって運ばれてくる例も確認されています。

しかし、ヒトスジシマカは、秋田県および岩手県より南に生息しているので、私たちの普段の生活圏内でよく見る蚊なのです。
このヒトスジマスカは黒い色に白い縞模様の蚊で、私たちが通称ヤブカと呼んでいる蚊です。

思い出してください!
2014年にテング熱を日本に持ち込んだ蚊としてヒトスジマスカの名前を私たちは聞たことがあるはずです。
活動時期は地域によって多少異なりますが、5月中旬~10月下旬ごろまでです。

人から人への感染はあるの?

これまでは、ジカ熱は人から人への感染はないとされていました。
ところが最近、人から人への感染もありうるという例が、幾つか報告されています。

この人から人への感染経路ですが、感染者からの輸血性交渉によるものです。

アメリカ国内だけでも性交渉による感染例が14件もあるとのことです。
精液からジカウイルスが検出されたケースも1件あるということなので、十分注意が必要ですね。

また2016年は、リオ五輪がブラジルで開催されます。
このオリンピック開催地のブラジルを中心として、「ジカ熱」が流行しているのです。

ということは、リオ五輪を観戦しに行って、帰ってきた旅行客が持ち帰ったウイルスを蚊が吸血し、その蚊に刺されて私たちが感染するということも、可能性としてないわけではありませんね。

なので、日本でも十分に感染のおそれがあります。
気付いたら感染していたなんてことのないよう、予防や対策が必要です。

ジカ熱に感染しないための予防方法は?

ジカ熱(ジカウイルス感染症)には、有効なワクチンはありません。
なので、蚊に刺されないようにすることが一番の予防方法なのです。

しかし、蚊に刺されないようにすることはなかなか難しく、気がついたら腕や足を刺されていたなんてことが多いのではないでしょうか。

では、どのようなことに気をつけたらいいのでしょう。

蚊に刺されないための予防方法

■室内では、電気蚊取り器、蚊取り線香、殺虫剤、蚊帳(かや)などを使用しましょう。
■栄養や睡眠を十分にとり、抵抗力をつけるために規則正しい生活を送りましょう。
■蚊を発生させないために、家の周りには空き缶、バケツ、植木鉢の受け皿などに水たまりを作らないようにしましょう。
■外出時は、なるべく長袖シャツ、長ズボンなどを着て肌の露出を少なくしましょう。
■服の上から蚊に刺されることもあるので、長袖シャツ、長ズボンなどの衣服であっても生地が薄すぎるものはNGです。
■ジカ熱の流行地域から帰国した場合、少なくても2週間は虫よけスプレーなどを使用しましょう。

まとめ

ジカ熱はデング熱などと同じく蚊が媒介して感染します。

現在は、日本国内でのジカ熱の感染は報告されていません。
しかし今後、中南米などの現在ジカ熱が流行している地域に渡航する方は、蚊に刺されないように現地で予防対策に努めましょう。

また、性行為も感染のリスクがありますので注意しましょう。

妊婦や妊娠の可能性のある方も、流行している地域への渡航については慎重に検討しましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?
  2. 土鍋の使い始め目止めにおかゆを作る理由は?上手なお手入れと使い方は?
  3. だるま目入れのタイミング右左どちらから?設置場所や供養方法!願い叶わぬときは?
  4. 大学入学式で男性が着るスーツの値段や色は?コーディネートに必要な物は?
  5. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?

関連記事

  1. 健康

    夏バテ対策に必要な栄養素はこれ 食事の注意点と簡単レシピ!

    今年も暑い季節がやってきました。夏になると、食欲がない、体がだるい…

  2. 健康

    トランス脂肪酸が体に及ぼす悪影響は?食品別含有量と避ける食べ方は?

    アメリカでは2018年6月以降、トランス脂肪酸の食品添加を原則禁止にす…

  3. 健康

    えごま油の効果は?酸化しやすい油の保存方法と効果的な食べ方!

    テレビや雑誌などで特集されることで大注目の人気食物油のえごま油です。…

  4. ファッション 美容

    アーモンドミルクの嬉しい美容効果と作り方 市販品はどこで買える?

    『アーモンドミルク』みなさんはもうご存知ですか?実は私・・最近…

  5. 健康

    りんご病とは?大人の症状と妊婦から胎児への感染の影響は?

    りんご病。幼稚園や保育園に通園している子供をもつママであれば、一度…

  6. 健康

    大人の帯状疱疹が赤ちゃんにうつる可能性は?母乳やお風呂は大丈夫?

    最近、帯状疱疹(たいじょうほうしん)ににかかってしまったという話を良く…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP