冠婚葬祭 慶弔

卒塔婆(塔婆)を立てる意味は?いつ立てるもので処分はどうする?

墓地や霊園でよく目にするものに卒塔婆(塔婆)がありますよね。
「卒塔婆(塔婆)お墓にはつきものなんだろうなぁー・・・」と思っていても、改めて考えてみると知らない、わからないという方は多いのではないでしょうか。

卒塔婆(塔婆)のことをなにも知らず、わからずに用意し立てるよりも、きちんと意味を知った上で心のこもった供養をしたいと思いませんか?

そこで今日は、
卒塔婆(塔婆)とは、
立てるのにはどのような意味があるのか?
いつ立てるべきものなのか?
いつまで立てて、処分はどうしたらいいのか?
についてお話しします。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

卒塔婆(塔婆)を立てる意味は?

卒塔婆(そとうば・そとば)は略して「塔婆(とうば)」ともいい、仏塔のことを意味します。

一般的に卒塔婆とは、故人の追善供養(ついぜんくよう)のために経文や題目などを書き、お墓の後ろに立てる塔の形をした細長い板の形をして、墨で戒名とそれぞれの宗派の聖句あるいは梵字などが書かれています。

追善供養とは、「生きている人の善行が故人の善行にもなる」という考えから行われるものです。

ではなぜ、卒塔婆を立てることが追善供養になるのでしょう。

これは卒塔婆の起源に由来しています。
卒塔婆の起源は、サンスクリット語の「ストゥーパ」にあります。
卒塔婆は、この「ストゥーパ」という言葉を音訳したものなのです。

ストゥーパとは仏塔とも訳され、仏教の教祖であるお釈迦さまが亡くなったときに弟子たちが、お釈迦さまの骨を8つの国に分けて塔(ストゥーバ)を建てて供養したと伝えられています。

その塔(ストゥーバ)が変化して五輪塔になり、さらに簡素化して木に文字を書く卒塔婆になったのです。

五輪塔は別名供養塔とも呼ばれ、供養を表すものであるため、卒塔婆を立てることも供養になっているのです。

卒塔婆は、五輪塔のかたちがもとになって仏教の世界観が表現されています。
一番下の四角形は「地」を表し、
その上の円形は「水」を表し、
その上の三角形は「火」を表し、
その上の半円形は「風」を表し、
そして一番上の宝珠型は「空」を表しています。

仏教はこの地、水、火、風、空の5つの要素が、この世界を構成していると考え、人間もこの5つの要素によって生かされていると考えているのです。

この卒塔婆を立てるのは、お墓の中にいる故人一人一人を供養するためです。
立てる人に決まりはありません。
家族はもちろん、親戚、故人の友人でもいいのです。

卒塔婆はいつ立てるもの?

卒塔婆は先祖を供養するためのものなのでいつ立ててもいいとされています。
タイミングに決まりはありません。
基本的には、卒塔婆をいつ立てるかは各家の自由なのです。

スポンサードリンク

なので、お墓があるからといって必ず立てなければならないものでもありません。。
しかし、お寺によってはそとうばを立てることを決められていることもあるようです。

ただ、いつ立ててもいいと言われると困ってしまいますよね。
そこで、一般的に卒塔婆がよく立てられるタイミングがあるの紹介します。

卒塔婆を立てるタイミング

■法事
・四十九日
・一周忌法要
・納骨式
・お墓の開眼式など
■命日
■お盆
■お彼岸
・春のお彼岸
・秋のお彼岸

※浄土真宗では卒塔婆を立てるしきたりはないようです。

卒塔婆はいつまで立てて処分はどうするの?

卒塔婆はいつまで立てる?

卒塔婆の功徳は「一日」、つまり立てたその日のみのものなので、次の日には処分しても構わないのです。

なんだか意外ですが、卒塔婆はお花や供物と同じように、卒塔婆を立てた時点で供養になっているので、その都度、適宜処分してしまっても構わないということです。

しかし、立ててすぐ捨てるのは勿体無いですよね。
なので、枯れた花やお線香の残り灰と同じように、次にお墓参りした時などに処分してもいいでしょう。
または、卒塔婆に書かれた文字が薄れてきたり、卒塔婆が傷んできたと感じた時でもいいでしょう。
目安としては、白木の色があせるころには処分しましょう。

実際には次の卒塔婆を立てるまでは、そのままにしているのが現実のようです。

卒塔婆の処分はどうする?

ダイオキシンや地球温暖化の問題から現在では、お寺の焼却炉が撤去されていたり、条例等で焼却が禁止されている自治体もあるので、お焚きあげを行っているお寺も少なくなっているようです。

なので卒塔婆の処分方法(燃やす、廃棄)は、お寺や霊園によって定めがそれぞれあるでしょうから、処分を希望する際にはお寺や霊園に必ず確認し、従うようにしましょう。

関連記事
お墓参りの正しい仕方は?いく時期はいつ?時間帯は午前中がいいの?
お墓参りに持っていく花はどんな種類でもいいの?どこで買う?相場は?

まとめ

卒塔婆はお墓があるからといって必ず立てなければならないものでもなく、いつ立てるかは各家の自由です。

ただ、卒塔婆がよく立てられるタイミングとしては、法要や命日、お盆、お彼岸が一般的です。

処分をする際には、お寺や霊園に確認し、それぞれの定めに従いましょう。

今まで知らないまま用意された卒塔婆お墓に立てていた方も、今日からは卒塔婆を立てる意味知ることで、故人への供養がさらに心のこもった供養になるでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 成人式の振袖レンタル予約はいつする?相場は?選び方のポイントは?
  2. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  3. だるま目入れのタイミング右左どちらから?設置場所や供養方法!願い叶わぬときは?
  4. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?
  5. 大学入学式で男性が着るスーツの値段や色は?コーディネートに必要な物は?

関連記事

  1. 冠婚葬祭 慶弔

    ジューンブライドの由来 日本は梅雨時人気はなぜ?結婚式が多いのは何月?

    結婚式は女性の憧れですよね〜素敵なウエディングドレスを身にまと…

  2. 冠婚葬祭 慶弔

    結婚式の受付 服装はどうする?仕事の流れとご祝儀の受け取り方と挨拶

    お友達から結婚式が決まったとの嬉しい知らせ。それと同時に受付を頼ま…

  3. 冠婚葬祭 慶弔

    結婚式ウェルカムボードの意味と種類は?誰が作って用意するもの?

    結婚式の日取りが決まり、忙しい日々の中で準備を進めているあなたにとって…

  4. 冠婚葬祭 慶弔

    結婚式にふくさは必要?色や種類に決まりはあるの?どこで買うの?

    結婚式のシーズンですね。友人から結婚式の招待状が届きワクワク気…

  5. 冠婚葬祭 慶弔

    法事・法要とは?日取り決めは友引でもいい?いつまでやるの?

    家族を亡くし悲しみくれながら葬儀から四十九日までは、わからないことが多…

  6. 冠婚葬祭 慶弔

    新盆のお返しは必要?金額の相場は?おすすめの品物とのしやお礼状は?

    新盆にお供え物や香典をいただくと、そのお返しについて考えなければなりま…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP