年中行事

十五夜、十三夜の意味は?いつ?雨の時お月見やお供え物はどうする?

空が澄んで暑さもだんだんと和らいでくる頃、お月見の季節がやってきますね。

お月見といえば真っ先に「十五夜」を思い浮かべますが、お月見には「十三夜」、「十日夜」というのがあると聞き、今日はそれぞれの意味について調べてみました。

十五夜、十三夜、十日夜この三日間が全て晴れ、お月見ができるととても縁起がいいという言い伝えもあるというのです。

そこで、2016年以降の十五夜、十三夜、十日夜はそれぞれいつ、何月何日なのか?
また、雨が降ってしまったらお月見やお供え物はどうするのか?
についても合わせてお話しします。

スポンサードリンク

十五夜、十三夜、十日夜それぞれの意味は?

十五夜

15日は月の満ち欠けを基準とする旧暦では必ず満月になります。
このことから十五夜と呼ばれるようになりました。

ただし十五夜というと「八月十五夜」のことをさして、ただの満月として十五夜を使うことはありません。

「八月十五夜」は旧暦の8月15日の夜のことをいうことから別名「中秋の名月」とも呼ばれるのです。

旧暦では7月を初秋、8月を中秋9月を晩秋としていたことからも「中秋の名月」と呼ばれることがわかりますね。

夏の暑さが和らぎすっかり秋になるこの時期に見る満月は一番美しく、格別なものだったのです。

この十五夜の月を観賞する習慣は、平安時代に中国の「仲秋節」という大きな年中行事が日本に伝わったことがはじまりです。

十五夜の日には貴族たちが宴を開いたり、船に乗ったりして満月を楽しむ船遊びをしたり、月を見て詩歌を詠んだりして楽しみました。

十五夜はやがて一般庶民にも伝わります。
農村では豊作を願い、秋の収穫物の里芋をお供えしていたことから、十五夜は「芋名月(いもめいげつ)」ともいわれます。

一般に広く浸透してからは、お月見には祭壇を作り月見団子や里芋、枝豆や栗などの収穫物、お酒を供えて、ススキを飾るようになりました。

十三夜

十五夜が「中秋の名月」と呼ばれるのに対し、十三夜は別名「後の月見(のちのつき)」とも呼ばれます。

この別名「後の月見(のちのつき)」「中秋の名月」に次いで月が美しく見える時期といわれています。

また十五夜の「芋名月」に対し、十三夜は「豆名月」または「栗名月」とも呼ばれます。
それは、秋の収穫を祝うという意味からこの時期の収穫物である大豆や栗などを供えたからです。

ちなみに最近は十三夜の風習は薄れ、十五夜のお月見だけを楽しんでいることが多いですね。

しかし昔は、十三夜も十五夜と同様に重要な行事とされていました。
なので、十五夜にお月見をしたら、必ず十三夜にもお月見をするのが習わしとなっていて、どちらか一方お月さましか眺めないことを「片見月」といって、縁起が良くないものとされていました。

スポンサードリンク

十日夜

あまり知られていない「十日夜(とうかんや)」
別名「三の月」とも言われています。
「十日夜」は、月は6割ほど顔を出した状態なので、満月を楽しむものではありません。

農作物に感謝する日とされ、田畑にいらした神様がこの日に山へお帰りになることから、収穫した稲などをお供えしたのです。

地方によっては、田んぼを守ってくれた「かかし」にも感謝し、お餅を捧げ一緒にお月見するところもあるようです。

2016年以降 十五夜、十三夜、十日夜はいつ?

2016年以降の十五夜

2016年 9/15(木)
2017年 10/4(水)
2018年 9/24(月)
2019年 9/13(金)
2020年 10/1(木)

2016年以降の十三夜

2016年 10/13(木)
2017年 11/1(水)
2018年 10/21(日)
2019年 10/11(金)
2020年 10/29(木)

2016年以降の十日夜

2016年 11/9(水)
2017年 11/27(月)
2018年 11/17(水)
2019年 11/6(水)
2020年 11/24(火)

十五夜に雨 お月見やお供え物はどうするの?

十五夜に雲などで月が見えないことを「無月(むつき)」といい、雨が降ることを「雨月(うげつ)」といいます。

曇っていたり雨が降っていたとしても、中秋の名月の日の延期はありません

「無月」や「雨月」になって、十五夜の月の輪郭が見えなくても、私たちの祖先は夜空が月でほんのりとした明るくなっている風情を楽しんでいます。

名月が雨で見えないとしても、雨の向うに隠れているとしても、それはそれでまた風流ということなんですね。

というわけで、現代に生きる私たちも先人の風流を真似して、もし月が見えなくても、それもまた風流なりとお供え物をしてお月を楽しみましょう

ちなみに、お供えしたススキを家の軒に吊るしておくと「一年間病気をしない」とするところもあるそうですよ。

関連記事
お供え物の意味は?食事は何を食べるの?
十五夜月うさぎ伝説の由来 うさぎはなぜ餅つきをしてるの?海外では?

まとめ

十五夜、十三夜、十日夜この三日間が全て晴れで、お月見ができたならとても縁起がいいとのことです。

今年2016年は 9/15(木)、10/13(木)、2016年 11/9(水)です。

いままで、お月見は十五夜だけだった方も、ぜひ今年は三日間お月見してみましょう。
きっといいことが起こちゃうでしょう!

どうか、三日間が晴天でありますように。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 大学入学式で男性が着るスーツの値段や色は?コーディネートに必要な物は?
  2. さつまいもの栄養と効能!調理法の注意点と新鮮に長期保存するには?
  3. だるま目入れのタイミング右左どちらから?設置場所や供養方法!願い叶わぬときは?
  4. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?
  5. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?

関連記事

  1. 年中行事

    初詣に行く意味や由来は?いつまでに行くの?喪中のお参りはどうする?

    新しい年を迎え、TVのニュースでも初詣の様子が放送されています。…

  2. 年中行事

    初節句のお祝いは誰が主催するのがいいのか 場所はどこでやり方は?

    今年お子さんの初節句を迎えるパパとママは嬉しい反面、お祝いをどのように…

  3. 年中行事

    初節句のお祝い祖父母や兄弟の金額の相場は?いつ渡すの?のしの書き方は?

    可愛い孫や姪や甥が初節句を迎えるって本当に喜ばしいことですね。すく…

  4. 年中行事

    柏餅をこどもの日に食べる由来は?葉っぱは食べる?冷凍保存できる?

    5月5日は端午の節句、こどもの日ですね。子供の頃からずっと何の…

  5. 年中行事

    七夕の笹はどこで売っているの?長持ちさせる保存方法と正しい処分の仕方!

    7月になると七夕が待ち遠しいですね。今年は子供と一緒に、七夕の…

  6. 年中行事

    冬至ゆず湯に入るのはなぜ?嬉しい効果と上手な作り方は?

    日本には昔から今に受け継がれている多くの伝統や行事がありますが、…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP