健康

麻疹(はしか)予防接種|大人の回数は?授乳中でもいい?副作用や費用は?

麻疹(はしか)は子どもの病気と思われがちですが、大人にも感染します。
大人になってからかかる例が増えてきています。

特に大人の場合、麻疹(はしか)にかかると重症化しやすい傾向があるといわれています。

そこで今日は、
大人の麻疹(はしか)の予防接種の回数、
授乳中のママが受けても大丈夫なのか?
気になる副作用や費用についてお伝えします。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

麻疹(はしか)の予防接種 大人の回数は?

麻疹(はしか)は麻疹ウイルスによって引き起こされる感染症です。

今までに麻疹(はしか)にかかったことが確実場合は、免疫を持っていると考えられるため予防接種を受ける必要はありません

しかし、麻疹(はしか)にかかったかどうかハッキリしない場合は、予防接種を受けることをおすすめします。

以前は、予防接種を受けていれば一生麻疹(はしか)にはかからないと言われていたのですが、近年になって予防接種を受けているのに感染してしまう人が増えてきたのです。

そこで昔は幼少期に1回だった麻疹(はしか)予防接種を、2006年からは1歳〜2歳に1回、小学校入学前1年間の間に1回、合わせて2回の予防接種が行われています。

そして大人の場合も、麻疹(はしか)の予防接種は2回受けることが推奨されているのです。

この予防接種自体は絶対に2回受けるべき強制的なものではありません。
しかし、麻疹(はしか)はとても感染力が強いのです。毎年猛威を振るうインフルエンザなど比べものにならないと言います。

大人が感染すると子供よりも重症化しやすいのです。
約3割の人が呼吸器の合併症(気管支炎や肺炎)を起こすと言われています。
その中でも重症化した肺炎や、亜急性硬化性全脳炎(SSPE)という難病で命を落とす可能性もあるのです。

絶対にかかりたくない病気ですね。

なので、麻疹(はしか)にかかりたくない、自分の家族を守りたいと思うのであるならば、ぜひ、2回の予防接種をしましょう。

今まで麻疹(はしか)にかかったことのない人や、まだ一度も麻疹(はしか)の予防接種を受けていない場合は、ぜひとも麻疹(はしか)の予防接種を受けましょう。

また、幼少期に麻疹(はしか)にかかったことがあるのに麻疹ワクチンを接種してしまったとしても副作用が強く増したりはしないので安心してくださいね。

最後に、厚生労働省はたとえ麻疹(はしか)の患者さんに接触してしまった場合でも、72時間以内に麻疹ワクチンの予防接種により発症を抑えることが可能だとしています。

このような時は、ぜひ医師に相談しましょう。

麻疹(はしか)の予防接種 授乳中に受けても大丈夫?

麻疹ワクチンは生ワクチンです。
生ワクチンの予防接種を授乳中に受けていいのでしょうか。

大丈夫ですよ!!
生ワクチンは授乳中でも接種できます。
心配いりません!!
授乳中の赤ちゃんに影響はありません。

スポンサードリンク

ただし、どうしても守らなくてはいけないことがあります。

生ワクチンを接種して抗体ができるのは8週間とされています。
なので、麻疹ワクチンの抗体がお母さんの体に出来あがるまでは絶対に妊娠は避けましょう。

風疹ワクチンを接種後8週間以内に間違って妊娠してしまったら、お腹の赤ちゃんにお母さんの抗体を分けてあげるどころか、感染させてしまうのです。

くれぐれも8週間は注意してくださいね。

麻疹(はしか)予防接種 大人の副作用や費用は?

麻疹ウイルスを接種することによって、95%以上の人が風疹ウイルスに対する免疫を獲得できると言われています。
また、2回の接種を受けることで1回の接種では免疫が付かなかった5%未満の人に免疫をつけることができます。

このような麻疹ウイルスを接種することによってどんな副作用が現れるのでしょう。
また、費用はいくらくらいなのでしょう。

麻疹(はしか)予防接種 副作用

接種直後から翌日にかけて最も多い副作用は発熱です。
接種後5~14日の間に見られるケースがありますが、その他の副作用はいずれも一過性のものが大半です。

その他に、接種後1週間前後にアレルギー反応としてじんま疹の人が約3%。
また熱けいれんが約0.3%に見られます。

とっても稀な副作用が、100万〜150万人に1人以下に脳炎、脳症、100万〜200万人に1人にSSPE(亜急性硬化生全脳炎)がみられます。

また、アナフィラキシー(重度のアレルギー)がある人は、アレルギー反応は起こる可能性もあるので、接種する時は必ず病院で相談しましょ。

麻しん風しん混合ワクチンの主な副作用

・発熱
・発疹
・赤み
・腫れ、
・リンパ節の腫れ
・アナフィラキシー
・急性血小板減少性紫斑病、
・脳炎
・けいれんなど

麻疹(はしか)予防接種 費用

定期接種として受けることができるのは生後12〜24ヶ月未満と5〜7歳の時期ですが、大人が麻疹(はしか)の予防接種を受ける場合は自己負担料金がかかってしまいます。

少し料金がかさみますが、麻疹(はしか)の予防のためにはしょうがないですね。

医療機関によって若干異なるので、詳しくは受診予定の医療機関に問い合わせてみましょう。

麻疹単独ワクチン

5,000円〜8,000円前後

MRワクチン

8,000円〜10,000円前後

料金がかかるということでためらう方もいるかもしれませんが、大人が麻疹にかかると重症化し、命に関わることもあります。
なるべく予防接種を受けて、麻疹の重症化を避けるのがおすすめです。

まとめ

麻疹(はしか)が流行してしまうと、ワクチンが足りなくなって予防接種が受けられなくなるなんてことも可能性としてあるのです。

大人もかかる病気で、しかも大人が感染すると子供よりも重症化しやすく、約3割の人が呼吸器の合併症(気管支炎や肺炎)を起こすと言われています。

麻疹(はしか)にかかったことのない人、かかった覚えがない人、予防接種を受けていない人は流行する前に医療機関に相談してみましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. さつまいもの栄養と効能!調理法の注意点と新鮮に長期保存するには?
  2. 深大寺だるま市2017年の開催日程や気になる開眼時間!見どころやアクセス情報は?…
  3. 大学入学式で男性が着るスーツの値段や色は?コーディネートに必要な物は?
  4. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?
  5. 車の運転中に眠くなる理由は?眠気対策はこれ!もしかしたら病気?

関連記事

  1. 健康

    浴室の黒カビ 原因は天井に!もっとも効果的な対策と安全な取り方

    梅雨のシーズン特にきになるのが浴室の黒カビ、不快ですよね・・・…

  2. 健康

    女性のいびきの原因と悩み 手術しない解消法

    睡眠に不満を持つ人は年々増え続け、4人に1人は睡眠に悩みを持つと言…

  3. 健康

    健康食材のエゴマ油とは?目を見張る成分は認知症の予防に効果あり!

    エゴマ油は最近注目の健康食材です。このエゴマ油には、テレビや雑…

  4. 健康

    結核とはどうやって感染するの?なりやすい人の条件とその症状は?

    結核って、昔むかーしの病気だと思っていました。しかし、最近テレビの…

  5. 健康

    食中毒の症状と原因 家庭での治療法 病院は何科に行ったらいい?

    細菌が育ちやすい6月から9月ごろ。気温が高く湿度も高くなってく…

  6. 健康

    突然の足の痛み!これは痛風?初期症状と原因は何?前兆ってあるの?

    「ズキッ!! うっ! 足が痛い!」ある朝、突然足に痛みが・・・…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP