赤ちゃん 子供 育児

お餅は母乳の出が良くなる?乳腺炎になる?赤ちゃんはいつから食べていい?

お餅を食べると母乳の出は良くなるのか・・・
それともお餅は母乳に悪影響を与えるのか・・・

母乳の出の悪い私は昔、母や義母、おばから「お餅を食べると母乳の出が良くなるから、たくさん食べなさい!」と言われ授乳中、お餅を好んで食べていました。

現在でも年配者になればなるほど、「母乳がたくさん出るように、お餅を食べなさい!」と新米ママにアドバイスしているのではないでしょうか。

しかし最近では、「お餅は食べたら、乳腺炎になっちゃう」と言われているらしいのです。

どちらが正解なのか?
母乳不足で悩んでいるママはどちらを信じていいのか困っていませんか?

そこで今日は、
お餅は母乳の出を良くすのか、
乳腺炎になるって本当なのか、また乳腺炎の症状は、
あわせて赤ちゃんはお餅をいつから食べていいのか、についてお話しします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

お餅を食べると母乳の出が良くなるの?

餅米は白米に比べ母乳の分泌を促すと言われ、実際にお餅を食べると母乳は良く出ます

母乳の分泌はインシュリンの影響を受けると言われているのです。

お餅(もち米)は白米よりも血糖値が急速にアップして、血糖値の高い状態が長く続くと考えられています。
確かに、お餅は腹持ちがいいですもんね。

関連記事
お餅とご飯について  詳しくはこちらから
お餅とご飯カロリーの差は?消化にいいの悪いの?腹持ちがいいって本当?

しかし、血糖値が高い状態だと血液は粘り気があって濃くなってきます。
ということは、母乳は血液から造られるので、母乳も粘り気のある濃いものになってしまうので、母乳に出が良くなっても赤ちゃんが喜んでくれる母乳ではないようです。

このような母乳をマヨネーズ状のおっぱい、略して「マヨ乳」とも呼ばれているみたいです。

また、昔と違って現代は高カロリーの食品が沢山ありますよね。
お餅を食べてカロリーの摂り過ぎになってしまうと、これもまた母乳の質を落としてしまうことにもなるので気をつけましょう。

昔の日本の食糧事情では、お餅は高カロリーで高価で貴重な食材で、授乳しているママにとって大切な栄養源だったのです。
だから、バランスのよい食事をとることが困難だったり、カロリー不足を補うことからも、「お餅を食べなさい!」ママたちに勧めていたんですね。

さらに日本では、お餅は神や精霊が宿る神聖な食べ物として扱われていたので、大切な赤ちゃんの大切な母乳のためにママには神聖なお餅を食べさせたいという日本人らしい考え方が出てきたという説もあるようです。

しかし現代は、バランスのよい食事を心掛け、カロリーもきちんと管理しているママがほとんどでしょう。
なので、お餅の食べ過ぎは乳腺炎の原因となってしまう可能性があるので、特に積極的に食べる必要はありませんね。

お餅を食べると乳腺炎になるって本当?

お餅(もち米)は白米に比べて母乳の分泌を促す効果かあるので、母乳をたくさん出すのに良いと言われています。
一見乳腺炎には関係ないように思えますよね。

でも、この母乳が出すぎることに問題があるのです。

乳管の太さは決まっているので、そこに一気に大量の母乳が流れ出すことで、行き場を失った母乳が詰まってしまうんです。

たくさん母乳が出すぎると胸が張って痛くなる原因となり、乳腺炎となる可能性が高くなります。

体質などの違いや個人差はありますが、現代の食糧事情では「お餅」は摂り過ぎでマイナスとなるリスクが大きいようです。

スポンサードリンク

「過ぎたるは及ばざるがごとし」ということですね。

お正月は季節柄、お餅の食べすぎには注意が必要ですね。
もし食べ過ぎてしまったかなと思ったときは、母乳の流れを良くするハーブティなどを試してみるのもいいでしょう。

ローズヒップティー  詳しくはこちらから
ローズヒップティーの栄養成分と嬉しい効能や効果!副作用は?
ローズヒップティーは食べるお茶?おいしい入れ方と効果的な飲み方は?
ローズヒップティーの選び方とおいしい食べ方!お風呂にも効果ある?

それでは、「乳腺炎」とはどんなものなのでしょう。
ここでしっかり確認しておきましょう。

乳腺炎とは

名前の通り、乳腺(母乳を外へ運ぶ管)が炎症を起こしてしまうことをいいます。

乳腺炎の主な症状

授乳をしているママの約2~3割が乳腺炎になるといわれています。

・おっぱいが熱を持ち、しこりができる
・おっぱいが赤みを帯びる
・おっぱいを押すと痛む
・熱、寒気頭痛、関節痛などの症状が起こる
・腕を上げたり、赤ちゃんを抱っこすると胸のあたりが痛む
・半透明の白い色ではなく、黄色っぽい母乳が出る
・おっぱいが張って硬くなる

赤ちゃんにお餅はいつから食べさせていいの?

個人差がありますが、3歳すぎを目安にしましょう。

なので、離乳食中の赤ちゃんのお餅はやめておきましょう。
1歳半前後の離乳食完了期の赤ちゃんも咀嚼力、飲み込む力はまだまだ弱く十分ではありません。

歯が生え揃い、カミカミがちゃんとできて、大人と近い食事が食べられるくらいになってからです。

3歳になっていても、まだちゃんと噛めない子や丸呑みの子には与えないほうが安心ですよ。

「小さく切ってあげたら良いんじゃないの?」思うママがいるかもしれませんが、小さく切ってもお餅の粘り気はかわりません

噛んで飲み込むとき、「唾液」はとても重要です。
歯と舌だけの運動ではないんです。
よく噛むことで唾液が分泌されて、噛んで細くなった食べ物がその唾液と混ざり飲み込みやすく喉を通っていくのです。

だから、しっかりカミカミできないとお餅は喉に張り付き、窒息の原因になり危険なのです。

お餅で子どもが窒息する事故は実際起こっていますよ。
くれぐれも注意してくださいね。

関連記事
お餅について  詳しくはこちらから
お餅とご飯カロリーの差は?消化にいいの悪いの?腹持ちがいいって本当?
お餅の保存方法は冷凍がおすすめ?解凍方法と賞味期限は?カビは食べられる?

まとめ

お餅を食べると母乳の出は良くなります。
しかし、食糧事情は昔と違います。

お餅の食べ過ぎて、カロリーの摂り過ぎになってしまうと母乳に質が落ちてしまったり、乳腺炎の原因となってしまう可能性があるので、特に積極的に食べる必要はありません。

つらい乳腺炎にならないように、気をつけましょう。

また、お餅は美味しく消化も良く腹持ちもいいものですが、離乳食中の赤ちゃんに与えるのはやめましょう。
目安は3歳過ぎです。
お餅で子どもが窒息する事故は実際起こっていることを忘れないでくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. さつまいもの栄養と効能!調理法の注意点と新鮮に長期保存するには?
  2. 深大寺だるま市2017年の開催日程や気になる開眼時間!見どころやアクセス情報は?…
  3. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  4. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?
  5. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?

関連記事

  1. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃん離乳食に玉ねぎはいつから?アレルギーの心配は?生でもいい?

    今日は赤ちゃんに何を食べさせようかと離乳食に悩んでいませんか?…

  2. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃん連れでお花見に行くのはいつから?注意することや持ち物は?

    暖かくなってきました・・・春ですね!待ちに待っていたお花見の季節で…

  3. 赤ちゃん 子供 育児

    里帰り出産 病院の手続きと帰る期間とお礼の相場はどれくらい?

    待望の赤ちゃんを授かり、妊婦さんになったあなた。おめでとうございま…

  4. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃん1歳の誕生日一升餅と選び取りでお祝い?ケーキはどうする?

    もうすぐファーストバースデー!パパやママは、赤ちゃんが1歳にな…

  5. 赤ちゃん 子供 育児

    子供が熱中症になった時の症状は?ならないための予防策と応急処置

    これからやってくるジメ〜とした梅雨時期や真夏の炎天下。スポーツをや…

  6. 赤ちゃん 子供 育児

    手足口病の口内炎はいつ治る?痛い時の食事は?赤ちゃんの場合は?

    子供が手足口病にかかり、一番つらくかわいそうなのが口内炎です。…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP