年中行事

お正月に飲むお屠蘇とはどんなお酒でどんな意味があるの?作り方や飲み方は?

日本のお正月には、お屠蘇を飲む風習がありますが、このお屠蘇とはどんなお酒なのでしょう。

子供の頃からお屠蘇という言葉は聞き慣れていて、特別のものという事はわかっているけど、お屠蘇がどんなお酒なのか、なぜ飲むのか知らないという人は多いのではないでしょうか。

また、お正月に飲む日本酒をお屠蘇だと思っているという人も少なくないようです。

そこで今日は、お正月準備を始める前に、
お屠蘇とはどんなお酒でどんな意味があるのか、
お屠蘇の簡単な作り方やお屠蘇の飲み方の作法などにいてお話しします。

是非、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

お屠蘇とはどんなお酒でどのような意味があるの?

お屠蘇とは

お屠蘇とは、色々な生薬(和ハーブ)を調合したものを、日本酒やみりんに浸して飲む薬草酒です。
古代中国、魏の華佗の調合と伝えられていて、正式には屠蘇延命散(屠蘇散)といいます。

正月にお屠蘇を飲むことは中国から伝わった風習です。

日本には、平安時代に中国(唐)から伝わったといわれ、嵯峨天皇の頃に宮中の正月行事として始められ、それがやがて江戸時代になると一般に広まり、お正月の三が日に新しい年の家族の健康と幸福を願って飲まれるようになります。

屠蘇散の中身は

「屠蘇散」の中身は、漢方薬に使われる生薬(和ハーブ)です。
薬局などで一般販売されている屠蘇散には、5〜6種類が配合されています。

代表的な主な生薬(和ハーブ)

・防風(ボウフウ)
・山椒(サンショウ)
・肉桂(ニッケイ)
・桔梗(キキョウ)
・白朮(ビャクジュツ)
・大黄(ダイオウ)
・桂皮(ケイヒ)

生薬(和ハーブ)嬉しい効能

胃腸を活発にする
血行を良くする
発汗を促進する
風邪を引きにくくする

このような効能をみると、普段より贅沢なご馳走を食べるお正月は、食べ過ぎや飲み過ぎが心配なので、お屠蘇を飲むことで健康に気を使うという意味もあったのかもしれませんね。

お屠蘇の意味は

「屠蘇」という言葉には「邪気を屠(ほふ)り、魂を蘇らせる(鬼気や悪魔を屠り、人魂を蘇らせる)」という意味があります。

なので、元来は祝いの席で用いられていたのですが、やがて元旦に延命長寿を願おうと飲まれるようになりました。

このことから、お正月の三が日にお屠蘇を飲むと、新しい年の邪気を除き家族健康で幸福を迎えると言い伝えられているのですね。

お正月に飲むお屠蘇の作り方は?

お屠蘇というと日本酒のイメージが強いですよね。
でも、日本酒とみりんを調合することで甘さや口あたりをお好みの味わいにすることができるので、家族全員に飲めるように作れます。

そして、作り方はいたって簡単です。

スポンサードリンク

用意する物

屠蘇散(薬局で売っています)
日本酒
本みりん

手順

日本酒と本みりん合計約300〜500mlのなかに市販の屠蘇散を一包浸しましょう。
(酒を多くすると辛口な仕上がり、本みりんを多くすると甘口でまろやかに仕上がります。)

・抽出が終わったら屠蘇散を取り出し完成です。
(抽出時間は、5時間~8時間が一般的です。)

・出来上がったお屠蘇は、屠蘇器(とそき)という朱塗りか白銀や錫(すず)などのお銚子に入れ、三段重ねの盃でいただくのが理想です。
しかしなければ、家庭にある適当なもので代用しましょう。

作り方のポイント

上質の本みりんや日本酒を選ぶことをおすすめします。
料理用のみりんは本みりんではありませんよ。

■日本酒が苦手な方は本みりんのみでもOK、また日本酒が好きで、本みりんはどうも苦手という方は日本酒のみでもOKです。

■抽出時間が長すぎると、濁ったり沈殿物が出たりする可能性があるので、屠蘇散の説明書を確認し出来上がり時間から逆算して作り始めましょう。

お正月に飲むお屠蘇の正しい飲み方は?

地域や各家庭によって異なることもあるので、ここでは一般的な作法をご紹介します。

お屠蘇は元旦の朝、神棚や仏壇などを拝んだ後に家族全員が揃って新年のあいさつをして、おせち料理やお雑煮を食べる前にを飲みます。

1.家族そろって東の方角を向きます。

2.飲む順序は一年の無病息災と延命長寿を願うところから、通常の宴席での順序と逆になります。
最年長者が最年少者に注ぎ、年少者から年長者へと盃を順にすすめます。
これは毒見の名残と、若者の活発な生気を年長者へ渡すという意味が込められているのです。

お屠蘇は三つ組の杯を使って飲むのが正しい飲み方です。
この3つの杯は「屠蘇三献」と言って1人ずつ上から順番に杯を取って、それぞれを1回ずつの合計3回飲むのがしきたりです。

3.「一人これを飲めば一家くるしみなく、一家これを飲めば一里病なし」と唱えます。

4.厄年の人は最後に飲みます。

※お屠蘇には肴(さかな)がないのが正式な飲み方です。
おせち料理が食卓に並んでいても、家族全員が飲み終わるまでは食べてはいけませんよ。

※お屠蘇は元旦だけでなく、三が日の来客時に対しても、初献にお屠蘇をすすめて新年のお祝いの挨拶を交すのが礼儀です。

まとめ

昔に比べお正月らしさが年々失われて行く現在ですが、お屠蘇の意味を知ると日本人が伝えてきたお屠蘇の習慣はぜひ伝えて行きたいですね。

新年の準備には屠蘇散を薬局で購入し、お屠蘇を作って元旦の朝に家族揃ってお屠蘇を飲んでみましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?
  2. 土鍋の使い始め目止めにおかゆを作る理由は?上手なお手入れと使い方は?
  3. 成人式の振袖レンタル予約はいつする?相場は?選び方のポイントは?
  4. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?
  5. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?

関連記事

  1. 年中行事

    新宿花園神社 酉の市の日程とアクセス!熊手の買い方や見世物小屋とは?

    にぎやかでお祭りのような雰囲気。威勢のある歯切れのいい手締めの声。…

  2. 年中行事

    十五夜、十三夜の意味は?いつ?雨の時お月見やお供え物はどうする?

    空が澄んで暑さもだんだんと和らいでくる頃、お月見の季節がやってきますね…

  3. 年中行事

    八十八夜はいつ?その意味やお茶摘みとの関係は?

    「夏も近づく八十八夜〜野にも山にも若葉が茂るあれに見えるは茶摘…

  4. 年中行事

    市販のあんこを使用したおはぎの作り方!保存冷凍できる?解凍の方法は?

    お彼岸がもうすぐやってきます。お彼岸といったらおはぎ(ぼたもち)で…

  5. 年中行事

    平塚七夕祭り2015の日程と時間 子連れでもOK?屋台グルメを楽しもう

    関東三大七夕祭りの一つとも言われている平塚の七夕祭り今年の日程(開…

  6. 年中行事

    初節句のお祝い祖父母や兄弟の金額の相場は?いつ渡すの?のしの書き方は?

    可愛い孫や姪や甥が初節句を迎えるって本当に喜ばしいことですね。すく…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP