日常

初めての一人暮らしの入居日に必要なものと生活に最低限必要なものは?

4月から新社会人や新大学生になる人は、「初めての一人暮らしが4月から新生活が始まるー!」とワクワクしていることでしょう。

でも初めて一人暮らしを始める人の場合、どんなものを準備したらいいのか悩んでいませんか?

十分な予算があって、お金の面は気にぜずに好きな家具や家電などを一から用意出来ればいいですよね。
しかし、そのような人ばかりではないですよね。

お父さん、お母さんの金銭的負担をなるべく少なくしたいと考えている人も多いでしょう。

そこで今日は、
初めての一人暮らしの準備になるべく予算をかけないようにするための、入居日に必要なもの、無駄な買い物はできるだけなくし生活する上で最低限必要なものについてお話しします。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

初めての一人暮らし 入居日に必ず必要なものは?

入居日の当日に、これだけ揃えておけば先ずは大丈夫というものを確認し準備しておきましょう。

引越し業者から荷物が届く前に必要なものもありますよ。
引越当日に必要なもので、自分で持って行けるものは心配ありませんが、大きな物や重い物は引越し業者に頼むことになるので、一つのダンボールに「当日使う物」はまとめてに入れて、分かりやすく印や文字を記入しておくと対応がしやすく慌てなくて済むのでおすすめです。

引越しの時って、バタバタと作業が進むのはいいのですが、案外何をどこに入れたのか、そのダンボール箱はどこに置いてあるのかわからなくなっちゃうもんなんですよ。
今までに引越しを4回経験していても毎回ドタバタしちゃってます。

必ず自身で持っていきたいもの

家のカギは必須ですよ。

入居日に不動産屋さんから受け取るのであれば心配いりませんが、事前に鍵を受け取っている場合、封筒に入れてダンボール箱に入れちゃったなーんてことのないよう注意しましょう。

必ず自分で持っていきましょうね。

現金

ある程度まとまった額をお財布に入れて持っていきましょう。
入居日当日って案外足りないものをスーパーに買いに行くってことがあるんです。

近くに普段使用している銀行のATMがあれば問題ありませんが、近くにない可能性もあるので事前に準備をしておきましょう。

トイレットペーパー

急に用を足したくなった時に必要です。
これは絶対持っていくべきものの一つです。
入居先の近くにスーパーがあればそこで買ってから入居先に行くのがいいでしょう。

実は、これでとっても苦労した経験があるんです。
引越し業者を入居先で待っていた時、突然用を足したくなってしまったんですが、トイレットペーパーがないことに気づき、ティシュペーパーを探したけどカバンに入っていない、買いに行きたいけど留守に引越し業者が来ちゃったら大変だし、いやぁー本当にあの時は地獄をみたって感じです。
安心してください、漏らしてませんから・・・
ギリギリでしたが・・・

スリッパ

部屋はクリーニング済みできれいだから大丈夫、必要ないなんて思っていませんか?

部屋は前の人が出て行ってすぐに入るのでなければ、埃などで見た目以上に汚れていることが多いのです。
そして以外と足元が冷えるんです。

なので、事前に用意して入居日には持って行きましょう。

雑巾

部屋はクリーニング済みかもしれませんが、部屋は埃などで見た目以上に汚れていることが多いので、入居したらすぐに掃除に取り掛かりましょう。
引越し業者が来る前に行うのがベストです。
一人では動かせない大きなものを置く場所を最優先にきれいにしましょう。

タオル

掃除で手を洗う、トイレで手を洗う時など、一枚でもあると助かりますよね。
いざとなったら雑巾の代わりにしてもいいように、今まで使っていた捨ててもいいかなと思うものを持っていきましょう。

石鹸

掃除をするととても手が汚れるので、石鹸があると嬉しいですよね。

折り畳み傘

近年はいきなりの雨って多いですよね。
いざという時に備えて、カバンに入れておくことをおすすめします。

特に入居先が遠方の場合は、天候がよくわかりませんよね。
入居先に行くときの天気で大丈夫などと判断しないようにしましょう。

分かりやすく印や文字を記入したダンボール箱に入れておくもの

引越しの荷物と一緒でもかまいませんが、中のものがすぐに取り出せるようにダンボール箱は分かりやすくしておきましょう。

カーテン

部屋の中って電気をつけると外から丸見えなんですよね。
できたら事前にサイズを測って入居当日に間に合うように準備しておきましょう。

入居日に時間の余裕があれば買いに行ってもいいですが、そんな時ってサイズがない、気に入った色がないなーんてことが多いですよ。

実はカーテンでも苦い経験があるのです。
予定では入居日に時間の余裕があったんです。
だから、近くにイ◯ー◯ーカ◯ーがあるから買いに行けばOKと考えていたら、何だかバタバタと時間が経ってしまい買い物に行くチャンスを逃してしまい、どうしたかと言うと、段ボールを分解してガムテープで貼り付けその場をしのぎました。

みなさん、気をつけましょうね。

照明器具

照明器具は引越し業者に取り付けてもらいましょう
自分で取り付けるのは意外に面倒ですよ。
設置する時には椅子や脚立などが必要になります。

素早くダンボール箱から出して引越し業者に取り付け依頼しておきましょう。
最後にお願いしようなーんて思っているとあっという間に撤収にされてしまい、「しまった・・・」ってことになりかねないですからね。

スポンサードリンク

ゴミ袋

ゴミの分別回収は地域によって違います。
地域のコンビニやスーパーで専用ゴミ袋を事前に用意しておくことをおすすめします。
コンビニで当日入居先に行く時に購入すれば問題ないですね。

入居日からゴミって出るもんなんです。

初めての一人暮らし 最低限必要なものは?

一人暮らしを始める時、「まずはこれだけを揃えておけばOK」というものを確認しましょう。
失敗のない買い物をするためには計画を立てることが必要です。
リストをつくりチェックしていきましょう。

冷蔵庫

一人暮らしなら、コンパクトなサイズのものでOKですが、コンパクトすぎると自炊するのに不便になるし電気代などいろいろなことを考えると少し大きめの方がいいでしょう。

賢い冷蔵庫の選び方はこちらから

洗濯機

一人暮らし向けの物件の場合、洗濯機の置き場所を確認し、サイズを測ってから購入しましょう。
蛇口の写真を撮って購入時に見せておくことをおすすめします。
未だに外置きってところもありますよ!

実は、我が息子の選んできた物件は外置きたったのですが、外置きなんてことは頭になく、この辺なら大丈夫だろうとサイズを測りもせず買ってしまい心配しましたが、ギリギリセーフおくことができましたが冷や汗もんでした。
しかし、蛇口に部品が必要だったため使用できたのは5日後でした。

なので事前のリサーチは重要です!

洗濯機の選び方はこちらから

電子レンジ・オーブントースター

電子レンジとオーブントースターは必要ですが、一人暮らしで置くスペースがないという場合は、オーブン機能・あたため機能・パン焼き機能がついたオーブンレンジがいいですね。

しかし個人的には、オーブンレンジのパン焼き機能はオーブントースターより少々時間がかかるので、電子レンジ・オーブントースターの二台持ちがおすすめです。

ドライヤー

びっくりするほと高いものが最近出回っていますが、2,000円程度でも十分に髪を乾かしてくれます。

調理器具

鍋(大・小)
フライパン
ボウル
ざる
菜箸
おたま
フライ返し
包丁
キッチンばさみ
まな板

実家に余っている調理器具があれば分けてもらい、ないものは100均で調達しましょう。

食器類

お茶わん
お椀
お皿
おはし

こちらも実家に余っている調理器具があれば分けてもらい、ないものは100均で調達しましょう。

カーテン

カーテンは入居日当日から絶対に必要なので、ホームセンターなどで必ず用意しましょう。

タオル類

バスタオルは乾きにくいので、フェイスタオルで全身拭くのがおすすめです。
たとえ髪が長い人場合でもフェイスタオル2枚あればOKですよ。
安すぎるとすぐにダメになるし、肌触りも悪いので1枚300円くらいのものを選びましょう。
こまめに洗濯する人なら5枚程度あれば十分でしょう。

洗剤類

食器洗剤
キッチンハイター
洗濯洗剤(普通用とおしゃれ着用)
ワイドハイターなど(洗濯槽の掃除にも)
お風呂用洗剤
トイレ用洗剤

掃除用具

フローリングワイパー
コロコロ

本当に必要か考えべきもの

ベッド

ベッドはスペースをとりますよ。
床に布団を敷いて寝れば、スペースを広く使えます。

大学生に机は必要でしょうか。
ローテーブルや折りたたみのテーブルがあればそこで勉強もできますよ。

テレビ

パソコンでテレビを見るという方法もあります。

掃除機

フローリングワイパーとコロコロがあれば床の掃除はOKです。

炊飯器

一人分のお米なら、電子レンジでご飯が炊ける便利グッズを使うのもいいですね。

しっかり炊いて一食分づつ冷凍するなら炊飯器は必要でしょう。

電気ケトル

一人分のお湯なら鍋で沸かすのでもさほど不便はありませんよ。

コーヒーメーカー

手入れが面倒です。
ドリッパーとフィルターがあればコーヒーはOKです。
こだわりなければインスタントで十分でしょう。

加湿器

洗濯物や濡れたタオルを干しておいたりするだけで十分対応できますよ。

まとめ

一人暮らしの部屋はそれほど広くありません。

無駄な買い物はできるだけなくし、実家から持ち出せるものはいただいて、絶対に必要なモノから優先的に揃えましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. だるま目入れのタイミング右左どちらから?設置場所や供養方法!願い叶わぬときは?
  2. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?
  3. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?
  4. 土鍋の使い始め目止めにおかゆを作る理由は?上手なお手入れと使い方は?
  5. 成人式の振袖レンタル予約はいつする?相場は?選び方のポイントは?

関連記事

  1. 日常

    マイナンバー制度とは?導入までの流れは?通知カード紛失の場合は?

    2016年の1月から始まるマイナンバー制度。いったい何が始まる…

  2. 日常

    一人暮らしに洗濯機は必要?おすすめの容量は?購入時に注意することは?

    これから一人暮らしを始めるあなた、住居が決まって新しい生活をイメージし…

  3. 健康

    ゴキブリ駆除にホウ酸ダンゴ効果あり!作り方は?赤ちゃんに安心?

    毎年夏場、ゴキブリの出没に悩まされていませんか?一匹見たら30匹い…

  4. 日常

    洗濯物の臭いを防ぐポイント アロマオイルと漂白剤の効果は?

    スポーツをしているお子さんをお持ちのお母さんにとって、気になるのが…

  5. 日常

    雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?

    子どもの頃は雪が降るのが楽しくて嬉しくて・・・しかし、だん…

  6. 日常

    梅雨到来「部屋干し」早く乾かす洗濯のコツと気になる臭い対策!

    「梅雨」の語源には幾つかの説があって「潰ゆ(ついゆ)」からきている…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP