健康

母が認知症だったなんて 認知症の初期サインを見逃し目を背けてしまった私

テレビのニュースやドキュメンタリー番組などで「認知症」という言葉を聞かない日はありませんよね。

しかし私は、母が認知症と診断される前は「認知症」という病気は私には縁のないものという変な自信を持っていたのです。

まさか、自分の親が認知症を発症していたなんて・・・
一人暮らしをして、きれい好きで、あんなにしっかりしていたのに。

ある事件がきっかけで母は認知症だったと知ることになったのですが、後から考えてみるとすでにあの時から認知症を発症していたのかもしれない、子供の私が早くに気づいて治療を受けさせていたらと未だに悔やまれてなりません。

今日は、私が見逃してしまったというか、自分の都合のいいように目を背けてしまった、母の出していた認知症の初期サインは実際どんなものだったのかをお話ししたいと思います。

スポンサードリンク

大切なものをしまい忘れることが頻繁に

母は一人娘の私が結婚して家を出てからは父と二人暮らし。
と言っても父が単身赴任だった時期や出張が多かったこともあって一人でいることが多かったな。

父が58歳で亡くなってからは本当の一人暮らしが始まりました。

それでも、スイミング、フォークダンス、詩吟などお稽古事を楽しんでいたので私は何の心配もせずいたのです。

なんせ、きちんとしている、しっかりしている、きれい好きで派手ではないけどオシャレだったし!

しかし、今思えばそんな母も9年前くらいに突然私の携帯に電話をしてきたんです。
それも仕事中に。
今までの母だったら、私の仕事中に電話なんて絶対ありえませんから、「何事が起ったの?!」とビビったことをおぼえています。

「どうしたの? 何があったの?」と恐る恐る聞く私に母は、
「お前、お母さんの留守に家に来て通帳持っていった? ないのよね・・・通帳。」って言ったんです。

「何言ってるの! 黙って人の通帳持っていくわけないでしょ! どこかに入れ忘れたんじゃないの? 変なこと言わないでよね!」

これって今思えば、「認知症」の初期症状です。
でも、あの時は「認知症」なんて思いもしなかったんです。

それより、母が私を泥棒扱いした、子供の私を疑ってる、酷い!
その思いだけだったんです。

本当に無知な自分が恥ずかしいです。

それからは、そんなことが何回も何回もあったにもかかわらず私はまだ、「認知症」が頭をよぎることさえなかったのです。

病院のお世話になる回数が頻繁に

その後、体調の不調を訴えることが多くなり、かかりつけの病院で検査や日帰りで行える手術を繰り返し行っていました。

5年くらい前のことです。

あきれるくらいにまた検査?って感じでした。
でも、検査結果は毎回異常なし!

普通だったら、「あーよかった、異常なくて!」ですよね。
なのに、「異常ないのはおかしい!なんで異常ないんだろ?」って何回もいうので、だったら思い切って人間ドックで徹底的に調べてもらおうと提案すると・・・
「何か病気が見つかったら困るじゃない! 人間ドックは絶対にヤダわ!」なーんて、わけのわからないことを言っていました。

その時も、わがままな母だ!
それしか思わず好きにすればいいとほおっておきました。

その後、電動芝刈り機で指を切って入院騒ぎになったり、スーパーで突然倒れて救急車のお世話になったり、整形外科や眼科で日帰り手術のを繰り返したのです。
その手術必要?ってものもありましたが、勝手に予約を入れてきちゃうので反対もできず。
ただ、必ずそれだけ自分からしたいしたいと大騒ぎして行った手術なのに、手術してもよくならない何でだろう?の繰り返し、それでもさらに悪いところを探し出している母に振り回される私は、一度同居を切り出してみました。

「お母さん、そんなに体調が思わしくないなら私のところにおいで。一緒に暮らそう!」
遠く離れていると心配だし、すぐ来てといわれても行ってあげられないからと、話しても今はまだ一緒に住めないと断られてしまうのです。

この時、今一緒に暮らし始めないと、この先色々な事情が出てくると先々一緒には暮らせなくなるかもしれないよともっと強く言えばよかったと後から後悔しました。
もしかしたら、一緒に暮らそうという気持ちに嘘はなかったけれど、今はまだ一緒に住めないと断られホッとした自分もいたのかも、だから強く言わなかったのかもしれません。

家族に相談もしない、この日手術だからと決まってから電話をしてきて、付きそう私の予定は気にもしない、そんな自分のことしか考えられなくなっている母の人格が変わったと思うようになったのがこの時期です。

こんな訳の分からない病院のかかわり方も今思うと「認知症」の初期症状のように思います。

親子関係が悪化

さらにさらに4年ほど前から私と母の関係はとても悪くなるのです。

私には「お前のことは好きじゃない。 話し方が嫌いよ。 物も欲しがるし・・・」と普通に言うのです。

私が何を欲しがった?
私がどんな話し方をしたって?
人格が変わってしまった母に唖然とする私がいました。
涙が出ました。
いくつになっても親に好きじゃないって言われるのは辛いものです。

この時には、通帳がなくなる原因は私から主人へと変化していました。

母の日だから会いに行くねと連絡を入れても、昔なら「気をつけておいで、待ってるからね!」と言ってくれたのに、「なんで来るの?」と迷惑そうに切り返してくる。
普通じゃないですよね。

なんて親?
そんな嫌なら行かないわよ!
とどんどん感情的になるばかりでした。

スポンサードリンク

それでも、時間が経つと私が母にさみしい思いをさせてきたから母の人格が変わってしまったのではないか?
私が優しくないから母は冷たい人になってしまったのではないか?

と日々私の心の中では、天使と悪魔が戦う日々が続くのです。

辛くて辛くて、子供の前で「おばあちゃんとお母さんどっちが悪いの?」と泣いて、高校生の子供に「どっちも悪くなんてないよ。」と言われてホッとしていた時もありました。

母には大切に育ててもらったし、孫も可愛がってもらってお世話になっているけれど、切れるものなら縁を切りたいなーんて思い始めたのもこのころです。

こんなことになってもまだ「認知症」が母を変えてしまったことさえわからない無知な私でした。

事件がおこります

2年前の夏、財布を落としたみたい。
その中に銀行カードや保険証が入っている、通帳も印鑑も見つからないからお金が下せないからと連絡がはいりました。

慌てて手続きをしなくちゃと、車を走らせていくと驚くようなことを言ったんです。

「孫が持って行ったんじゃないかと思うんだけど・・・」
それを聞いた私は、大きな声で「お母さん、自分が何言ってるのかわかる? あなたの可愛がっている孫が泥棒のような事するわけないでしょ?」いった後、ブルブル手が震えました。

気持ちを抑え、母をつれて銀行や市役所に行って手続きをすませてご飯を食べて、新しいお財布を用意して母に言ってみたのです。

通帳と印鑑はなくなると困るから私が持っているね。
現金の入ったお財布を無くさないようにして、現金が必要になったら私が用意するからね。

その翌日からお金が足りない、通帳返せの電話が一日おきになりだしました。
足りないはずないんです。
相当な現金を置いてきたんですから。

事件が起こったのは9月でした。
仕事をしていると以前勤めていた職場の後輩から電話が入ったんです。

「お母さんが、お金をおろしに来ているけど渡してもいい?」
「この間、おろしたばかりだから気になって・・・」
誰といらっしゃったんですか?と聞いたら友達と答えたのもおかしいと思ってくれての電話でした。

85歳を過ぎた友達が車を運転?
おかしいですよね。
後輩にお金はおろさせていいから駐車場へ行って誰と来たか見てとお願いしてビックリです。

男2人と女1人と軽自動車に乗って帰っていった母。
直ぐに警察に連絡して翌日相談に行きました。

事件性があるからとその足で警察官4人と一緒に実家へ行くと、昨日は銀行には行ってない、ましてや銀行に他人となんて行かない。
言い張り本当のことをいいません。
この嘘つき女と母のことを思ってしまいましたが、嘘つきなんかじゃなくて忘れていたんですよね。

結局、犯人は近くに住んでいる3人とわかったんですが、犯人は警察に母にお願いされるから毎日のように買い物に付き合っていた。親切心でやっていたと。
母はそんな人が知らないということで訴えることはできませんでしたが、命があっただけ良かったと思っています。

無くなった通帳、お財布、現金は家じゅう捜索をしてもでてきません。
捜索して出てきたスーパーのレシートはビックリするほど高額なものばかりでした。
多分、情けない話ですが子供の私が母の認知症に気づかなかったのに、犯人は母を認知症と知り食い物にしていたのでしょう。

警察から、「お母さん、ここにいては危険です。いますぐ、おまわりさんのいる前で娘さんと一緒に娘さんの家にいってくださいね。」と言われ何が何だかわからないまま私の元にやってきたのです。

恥ずかしいけど、それでもまだ私は母が認知症かもしれないけど・・・どうなんだろう? と確信できないでいたのです。
騙されて一つ間違えば新聞にのるようなことして、なんて母に冷たい態度をとっていました。

私がもっとしっかりしていたなら、こんなことにはなっていなかったのに。

認知症と診断されて

翌日、診察を受けて医師からはっきりと「認知症ですね。」「お母さんの判断能力は3歳児と同じですよ。」と言われました。

計算もできる、漢字も読める、話だって普通にする、だけど判断能力が3歳児・・・

ただただショックで、母の頭の中はどうなっちゃったんだろうと考える私の頭の中は真っ白になっていました。

認知症とはどんな病気でどんな症状がでるの?家族はどう対応する?

まとめ

私は判断能力が無くなっていた母のことが事件が起こらなければまだ一人で生活させていたと思います。

認知症って家族だったらわかるでしょ? 馬鹿じゃないの? って思いますよね。
でも、確かに馬鹿なのですが、一緒に暮らしていない家族だと難しかったです。

きっと近所の人はおかしいと思っていたはずです。
でも、「お母さん、認知症かもしれないわよ。」なんて言ってくれる人はいません。

私も、近くに住む従妹に何回も「私のお母さん認知症かな?」って聞きました。
そのたびに「おばさんはしっかりしているから大丈夫だよ。」と言われ安心していたくらいですから。

だから、他人に判断を仰ぐことはできないということです。
私のように鈍感で、サインに背を背けることを続けていたら本人も自分もどんどん辛くなるだけです。

あれっ?と思ったら病院を受診することです。
ほんの少しのサインを見逃さないことが重要なんです。

遠回りしましたが、母はやっと安全な場所で暮らしています。

と言っても恐るべし認知症、まだまだ母と子の戦いは続いていますが。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?
  2. さつまいもの栄養と効能!調理法の注意点と新鮮に長期保存するには?
  3. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  4. 車の運転中に眠くなる理由は?眠気対策はこれ!もしかしたら病気?
  5. 成人式の振袖レンタル予約はいつする?相場は?選び方のポイントは?

関連記事

  1. 健康

    デング熱の症状は?人から人への感染はあるの?予防と対策はこれ!

    ジメジメした蒸し暑い夏がやってきました。この季節、気になる…

  2. 健康

    夏バテ症状の原因はこの3つ!うまく乗り切るための対策は?

    ジメッとした日本の夏。この湿度の高い暑さは、とっても不快ですね。…

  3. 健康

    溶連菌感染症は大人にうつる?自然治癒でも大丈夫?妊婦の場合は?

    風邪とよく似た症状がでる溶連菌感染症。秋から春先にかけて流行し、夏…

  4. マナー

    日傘と雨傘の違い 選び方のポイントは3つ さす時のマナーに気をつけて!

    やっぱり美白がいい! 最近 日焼けが気になってきたあなた。 日傘をさし…

  5. 健康

    花粉症の薬で眠くなる理由と効果的な対策は?車の運転に与える影響は?

    あたたかな春が近づいてくると猛威を奮うのが花粉ですね。鼻や目や…

  6. 健康

    夜中に咳が止まらない原因とその対処方法は?病院へ行った方がいい?

    夜中に「さぁー、早く寝て風邪を治そう!」と布団に入り横になるけれど、咳…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP