食べ物

麦茶とほうじ茶の違いは何?原料や成分、効能を比較してみよう。

気温が上がって薄着になってくる季節になると気になるなが水分補給です。

水分補給には麦茶がいいという人は多いのではないでしょうか。
特に、赤ちゃんや小さなお子さんは麦茶ですよね。

その麦茶によく似ているお茶にほうじ茶がありますが、違いって何なんでしょう。
麦茶とほうじ茶は淹れると色も同じだし、見分けがつかない程よく似ていて、味だってかけ離れたものではないような気がします。

そんな麦茶とほうじ茶の違いはどのようなことなのか、原料や成分、効能などを比較してみました。

スポンサードリンク

麦茶の原料や成分、効能は?

麦茶とほうじ茶の最大の違いは原材料です。
なので、栄養成分や効能は全く違うということになります。

麦茶の原材料

麦茶の原材料は見て字のごとく麦、大麦です。
大麦は、二条大麦と六条大麦、大きく二つに分類されます。

そういえば、六条麦茶っていう商品ありますね。

二条大麦と六条大麦の違いは麦の粒の大きさです。
二条大麦の方が粒が大きく、六条大麦の方が粒が小さいのです。

麦茶に主に使用されるのは、こんがりと香ばしい香りがする後味がさっぱりと魅力的な六条大麦です。

まれに、二条大麦も麦茶に使用されることがあるようです。
六条麦茶にくらべて、甘みの強い麦茶になるようです。

個人的には、甘みの強い二条大麦の麦茶を飲んでみたい気がします。
だって、私が子供の頃は信じられないかもしれませんが、麦茶に砂糖を入れて飲んでいたんです。
だから甘い麦茶ありだと思うのですが・・・

このように麦茶は大麦を原材料にしているのでカフェインは含まれていないのです。

麦茶の成分と効能は?

麦茶には、豊富なミネラル類がたくさん含まれています。
身体にいい、栄養がたっぷりっていうイメージですよね。

そう言えば、麦茶の商品名にもミネラルって使われていますね。
伊藤園の健康ミネラルむぎ茶は有名です。
ちなみに、伊藤園の健康ミネラルむぎ茶は六条大麦に二条大麦がブレンドされて、香ばしくて甘いコクのある麦茶に仕上げてあるそうです。

では、このミネラルとはどんな成分なのでしょう。

一般的に麦茶のミネラルの主な成分は、マグネシウム 、亜鉛 、カリウム 、リン、マンガン 、ナトリウムです。

このようなミネラルは私たちの身体にはとても重要な成分ですね。

さらに抗酸化効果による生活習慣病の予防や老化防止に効果が期待できるのです。

他にも血流改善やバクテリアの定着を阻止し、予防してくれる働きがあるので、口臭・虫歯予防などにも効果があります。
このことからも赤ちゃんや小さな子供には食事の後に麦茶は積極的に飲ませたいですね。

また、身体を冷ます作用があるので、熱中症や夏バテを未然に防ぐ効能があるのです。
夏バテ防止など暑い夏にはぴったりだから昔から夏に麦茶は親しまれていたのでしょう。

ほうじ茶の原料や成分、効能は?

麦茶とほうじ茶は淹れると同じ色をしているので見分けがつかない程よく似ていますが、原材料が違うため全く違う飲料です。

ほうじ茶の原材料

ほうじ茶は茶葉を原材料としています。
なので、カフェインを含んでいるのです。

煎茶や番茶などを強火で焙じて製造したもので、茶葉が焦げてこげ茶色になっているんです。
高温で焙煎することから、煎茶に比べるとアミノ酸(旨み)、カテキン(渋み)、カフェイン(苦味)、ビタミンCも少ないお茶になります。

スポンサードリンク

しかし、香ばしくすっきりさっぱりと軽い味をしているので、脂っこい食事の後や寝る前にもおすすめなのです。

ほうじ茶の成分と効能は?

ほうじ茶には、煎茶や番茶などに比べると量的には少ないですが、麦茶には含まれていないカフェインやカテキンが含まれています。

カテキンはポリフェノールの一種です。
なので抗酸化効果や強力な殺菌作用を期待できます。

ということで、抗ガン作用、コレステロール値や血糖値の改善、虫歯の予防などに効果を発揮してくれるでしょう。

また、こちらも、煎茶や番茶などに比べると量的には少ないですが、麦茶には含まれていないビタミンCもふくまれているので、美容効果やストレス解消、風邪予防にも効果があるのです。

古くから秋はほうじ茶と言われ親しまれています。

ホットで飲むことで、体を温め、免疫力を高める意味でも、秋から冬にかけて寒くなる季節にぴったりの飲み物なのです。

麦茶とほうじ茶の違い

麦茶とほうじ茶の違いは、原材料、栄養成分、効能、旬の時期と全てが異なっていました。
しかし、どちらも甲乙つけがたい魅力がある飲み物です。

コンビニなどでも、暑くなると麦茶の種類も多く並びます。
寒くなってくると、ほうじ茶がホット飲料として登場しますよね。

水分補給に最適なのは

水分補給に最適なお茶はどちら? ということであるならば、「麦茶」でしょう。
スポーツや肉体労働などの発汗時には適しています。
大量に汗をかく場合には、ひとつまみの塩を入れれば、スポーツドリンクの役割を果たしてくれそうですね。

ただ、ほうじ茶はお茶の中でもカフェインやタンニンが少なく、口当たりもよく、胃にも優しい飲み物なので、日常生活の中で水分補給に利用してもいいかもしれません。

カフェインレスなのは

大麦を炒って抽出しているからノンカフェイン、体に優しい飲み物は麦茶です。
赤ちゃんや小さな子供でも安心して飲ませられますよね。

しかしここで注意が必要です。

麦茶だから全てがノンカフェインと思っていたら大間違いです。
水出し用のティーパックやペットボトルでも、麦茶の色を濃くするために紅茶や烏龍茶の葉を入れているもの(チャノキ成分)もあるので、ノンカフェインと記載していないものはカフェインが含まれている可能性があります。

赤ちゃんや小さな子供に飲ませるばあいは、特に気をつけましょう。

完全母乳の赤ちゃん 麦茶はいつから?作り方とあげるタイミング!

赤ちゃんに飲ませる麦茶は冷たいままでいい?飲ませる量と飲ませ方は?

まとめ

麦茶もほうじ茶もどちらも甲乙つけがたいですよね。

そこで、汗などで失われやすいミネラルが含まれ、体を冷やす効果もある麦茶初夏〜夏にかけて、秋冬は心も体もぽかぽかにしてくれるほうじ茶を飲むというのはいかがでしょうか。

体を冷やす効果がある麦茶は妊娠中の方は水分補給だからといってガブ飲みするのは控えてくださいね。

一方ほうじ茶はお茶ですが、お茶の中でもカフェインの量はコーヒーの半分位、微量です。
体に優しく刺激は少なくので、病院や介護施設などでも飲まれているとのことです。
なので、妊婦さんもガブ飲みさえしなければ安心して飲んでOKとのことです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 大学入学式で男性が着るスーツの値段や色は?コーディネートに必要な物は?
  2. 深大寺だるま市2017年の開催日程や気になる開眼時間!見どころやアクセス情報は?…
  3. さつまいもの栄養と効能!調理法の注意点と新鮮に長期保存するには?
  4. 土鍋の使い始め目止めにおかゆを作る理由は?上手なお手入れと使い方は?
  5. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?

関連記事

  1. 食べ物

    コーヒーの栄養成分と健康効果は?効果的な飲み方は?1日に何杯飲んでいい?

    コーヒーの何とも言えない香ばしい香り。毎日コーヒーの香りを嗅いでい…

  2. 食べ物

    白菜の保存で冷蔵庫に入らない時は?冷蔵と冷凍での保存方法は?

    紅葉の便りもきかれるころになると、空気が急に冷たくなってきたような…

  3. 食べ物

    らっきょうの健康効果と食べ過ぎ注意!漬け方と残り汁の有効活用

    らっきょうって、あのカリカリ音がクセなりますね。6月ころから店頭に…

  4. 食べ物

    アボカドの効果的な美味しい食べ方は?時期や産地や選び方は?

    素晴らしい栄養成分がたっぷり含まれているアボカドは、「森のバター」とか…

  5. 食べ物

    ゴーヤの栄養と効果!あの苦味成分は?食べ過ぎには注意が必要?

    夏になるとスーパーの店頭に夏野菜の代表ともいえるゴーヤがたくさん並びま…

  6. 食べ物

    ゴーヤ茶のすごい効能 ダイエットに効く?自宅でできる簡単な作り方!

    6月〜8月 最もゴーヤがおいしい季節です。私は、あの苦味にハマって…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP