健康

とうもろこしは夏バテに効果ある?甘いゆで方とひげ茶の効果と作り方

スーパーに、皮付きのとうもろこしが並ぶ季節。
6月から9月ころまで出回りますが、7月が旬な食材のとうもろこしです。

夏のお祭りやイベントなどでこんがり焼いたとうもろこしをかじる姿は、夏の風物詩ですね。

家庭でもこの時期には必ずおやつで食べる機会も多いでしょう。
しっかりした歯ごたえや甘みは子供も大人も大好きですよね。

人気の食材ですが、とうもろこしの効果を知らない人が多いのではないでしょうか?

今日は、
とうもろこしの夏バテ効果や、
甘くジューシーになるとうもろこしのゆで方、
とうもろこしに必ずついているひげの効能やひげ茶の作り方をご紹介します。

スポンサードリンク

とうもろこしは夏バテに効果があるの?

とうもろこしは、
小さな一粒一粒の実が種なので「栄養分の宝庫」と言われています。

暑さのきびしいこの時期は、
冷房などの温度変化に身体がうまく対応できず、
夏の疲れが出てしまったり、夏バテの症状が出てしまうものですよね。

こんな夏バテ時の「エネルギーチャージ」や、
食欲がない時など、
ジューシーでさっぱりとした甘さで食べやすいとうもろこしは、
エネルギーや汗で流れてしまうミネラルを補給することができておススメの野菜なんです。

では、実際にどのような効果が期待できるのでしょう・・・

夏バテ防止の【カリウム】
ストレスを溜めない為に必要な【ビタミンB1】
細胞の再生や粘膜を丈夫にし、免疫力もアップする【ビタミンB2】
アンチエイジングに必須、冷え性改善、肩こりに【ビタミンE、リノール酸】
ホルモンバランスやデトックスに有効な【亜鉛】
貧血に効く【鉄分】

とうもろこしは野菜の中でも高カロリーで、
糖質を分解してエネルギーになり、
脳や神経を正常に働かせる作用があるので、
精神を安定させてくれる効果が期待できます。

また食物繊維も豊富なので、腸をキレイにする効果も期待できます。

さらに、
疲労回復のビタミンやアスパラギン酸も豊富に含まれているため、夏の暑さに負けない身体づくりにぴったりです。

■栄養素をしっかりとるためには、
胚芽の部分も残さず食べ、そしてよく噛んでいただくのがオススメですよ。(噛まないとそのまま出てしまいます)

このように効果を期待できるのなら、
栄養ドリンクを飲むよりも、ゆでたとうもろこしにかぶりつくほうが、なんだかとっても元気になれそうですよね!

とうもろこしが甘くジューシーになるゆで方

甘くジューシーなとうもろこしにかぶりつきたい!
そんな気持ちになってきましたよね。

では、
甘くジューシーになるおいしいゆで方です。
【材料】皮付きとうもろこし…1本
【塩水】水50cc 塩2g
1.とうもろこしの根元を切り落とし、できるだけ短くして鍋に入れやすくします。

2.外側の方はを3~4枚はぎ取ります。

3.大きめの鍋にとうもろこしを入れ、かぶるくらいのたっぷりの水を入れます。
沸騰してから3~5分茹でます。
時々、はしで回し、均等にゆで上がるようにします。

4.とうもろこしをゆでている間に、ボウルに塩水を作ります。

スポンサードリンク

5.ゆで上がったら、1~2分置いて荒熱を取ります。
(皮を冷ましてむきやすくするため)

皮もひげ(絹糸)も取ります。

6.塩水を表面にハケで塗ります。

7.熱いうちに食べたら最高ですよ!

この方法でゆでると、実がプクッとふっくらしたジューシーで甘~いとうもろこしが食べられますよ。

それはなぜ?
皮付きでゆでると旨味が逃げないからです。
皮の中のひげ(絹糸)に色素があるので鮮やかな黄色を出してくれます。
それと、
水からゆでることで実の膜が水をしっかり取り込むのでジューシーになるのです。

ゆでる時の水に塩は入れませんよ。
ゆで上がった後に皮をむしりとって、塩水を表面にベチャベチャと塗りましょう。
塩水を塗ると、とうもろこしの実がシワシワになりにくくなります。

それと、
塩水なら塩は少量で済みますよ。
これも主婦としては嬉しいことですね。

スイートでジューシーなとうもろこしを是非試してみて下さい。

とうもろこしのひげ茶の効果と作り方

とうもろこしのひげの部分は、普通捨てている方が多いでしょう。
実は私も捨てていた一人でした。

しかし、
とうもろこしのひげは、中国では漢方として、欧米でも「コーンシルク」と呼ばれ、昔から健康増進に使われていました。
漢方では「南蛮毛」という立派な薬です。

南蛮毛には、ブドウ糖やクエン酸、脂肪酸、ビタミンKなどが含まれていて、煎じてお茶がわりに飲むことで、さまざまな効果が得られます。

もっとも知られているのが、体のむくみをとる作用です。
急性腎炎や妊娠中のむくみには、
とうもろこしのひげを乾燥させたもの60gを煎じて、1日3回に分けて飲みます。
強い利尿作用があるので、尿が多く出てむくみを解消してくれます。

ぼうこう炎や尿道炎場合も、これをお茶がわりに飲むと、症状が改善されます。

とうもろこしのひげ30gとミカンの皮10gを煎じて、1日2回分けて飲むと、咳止めやたんを切る効果もあります。

このひげ茶、皮付きのとうもろこしを買えば手作りできちゃうんです!
さっそく作ってみませんか?

【材料】 コーンのひげ  作りたいだけ
(ひげは、黒くなった部分はすてて、きれいな部分だけ使う)
1.ひげはザルなどにのせて2~3日放置し、少し乾燥させる。

2.ひげを3cmくらいにハサミで切って、フライパンで乾煎りします。
(弱火で時々混ぜながら気長に)

3.きつね色くらいになって、手で触るとパサッとして乾燥していればOKです。
香ばしく甘い匂いが漂ってきます。

4.ポリ袋にいれて、手で揉みくずします。

5.紅茶を入れるみたいに、茶こしに入れ、お湯を注げば出来上がりです♪
(マグカップ1個につきティースプーンで2杯くらい)

まとめ

これから、とうもろこしの旬がやってきますね。
家族で、夏バテ防止・疲労回復の為にもジューシーで甘いとうもろこしを食べましょう!

ゆで方も、ひげ茶の作り方も簡単でしたね。

一手間かけることで、健康的にも家計にも嬉しい、美味しいとうもろこしで、
きびしい夏を乗り切りましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. だるま目入れのタイミング右左どちらから?設置場所や供養方法!願い叶わぬときは?
  2. 土鍋ひび割れの原因と修理方法は?接着剤は使える?蓋だけ買えるの?
  3. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?
  4. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?
  5. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?

関連記事

  1. 健康

    えごま油の効果は?酸化しやすい油の保存方法と効果的な食べ方!

    テレビや雑誌などで特集されることで大注目の人気食物油のえごま油です。…

  2. 健康

    夜中に咳が止まらない原因とその対処方法は?病院へ行った方がいい?

    夜中に「さぁー、早く寝て風邪を治そう!」と布団に入り横になるけれど、咳…

  3. 健康

    帯状疱疹の気づきにくい初期症状と原因は?出る場所は?顔には注意!

    虫に刺されたかも?何だか痒くて、痛くてたまらない!虫刺されの塗…

  4. 健康

    五月病の症状その原因はなに?なりやすい人と克服する為の対処法は?

    ゴールデンウイークも終わり、学校や会社での生活にも慣れてきたこの時期に…

  5. 健康

    認知症と物忘れの違いは?疑いある時は何科を受診?受診拒否されたら?

    母の様子がおかしい・・・以前から物忘れがひどかったけれど・・・…

  6. 健康

    りんご病とは?大人の症状と妊婦から胎児への感染の影響は?

    りんご病。幼稚園や保育園に通園している子供をもつママであれば、一度…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP