赤ちゃん 子供 育児

赤ちゃんは温泉にいつから入れていいの?泉質のおすすめと注意点は?

秋の行楽シーズンです!
この季節になると行きたくなるのが温泉旅行ですね!!

紅葉の見える温泉に行きたいけれど、
「赤ちゃんを温泉に入れても大丈夫?」なのかしら・・・

と新米のパパやママは、
不安に思うことがいっぱいで迷っていませんか?

今日は、
赤ちゃんはいつから温泉に入れて大丈夫なのか?
泉質のおすすめや温泉に入れる時の注意点をお話しします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

赤ちゃんは温泉にいつから入れていいの?

赤ちゃんの温泉デビューで悩むのは、
「いつから温泉に入れていいのか?」ですよね。

基本的には、
ベビーバスでの沐浴を卒業して、
パパやママと同じ湯船につかっている赤ちゃんであればいれば、
温泉も同じように入ることができますよ。

温泉地などで育つ赤ちゃんは、
家庭のお風呂に温泉を引いていたり、家庭にお風呂がない場合もあるので、
かなり小さい時から温泉に入れています。

なので、
温泉だからといって特別心配することはないのです。

ベビーバスを卒業した赤ちゃんなら、
いつから温泉に入れるかは、パパとママ次第ってことですね。

ただ、
やっぱり首がすわないうちは心配も多いので避けたほうが無難です。
赤ちゃんだけでなく、
パパやママの負担にもなっちゃいますから。

できたら、
一定の時間、
一人でお座りができるようになってからがおすすめです。

この頃になれば、
パパやママだけでなく赤ちゃんも温泉を楽しめるのではないでしょうか。

一般的にも、
生後6ヶ月でデビューした赤ちゃんが多いですね!

初めての温泉で、
ママと赤ちゃんの二人だけで大浴場に入るのはちょっと心配・・・

そんな時には、
家族風呂や貸し切り風呂で、
パパと協力しながら温泉デビューさせるのも楽しいのではないでしょうか!

温泉旅館の中には、
ベビーチェアや、
赤ちゃん専用のお風呂が用意されているところや、
大浴場に赤ちゃんのためのグッズが用意されていることもあります。

しかしその反対に、
温泉施設によっては、
「0歳以下の入浴は禁止」
「オムツがとれていない乳幼児の入浴禁止」
などと、制限があるところもありますよ。

行ってからガッカリしないためにも、
旅行の予定を立てる時には必ず、
宿泊する温泉施設に事前に確認をしましょうね。

赤ちゃんにとって温泉でおすすめの泉質は?

温泉選びで気になる「泉質」
赤ちゃんにとっておすすめの泉質ってあるのでしょうか?

酸性・アルカリ性の強い温泉(酸性泉、炭酸水素塩泉)や
硫黄泉は刺激が強いので避けましょう。

それ以外の泉質であれば、
赤ちゃんの健康に問題なく入浴できますよ。

気になる場合は、
上がり湯に温泉成分を含まないお湯を掛けて流してあげれば大丈夫です。

それでも、
肌のバリア機能がまだ未発達の赤ちゃんを、
初めて温泉にいれるとなるとパパやママは心配ですよね。

大人でも、刺激の強い温泉はピリピリすることがあります。

なので、
大人がちょっと濃い温泉だなって思うところは避けた方が無難ですね。

ならば、
とにかく刺激の少ない温泉を選んで入れてあげるのがいいでしょう。

特におすすめなのは「単純温泉」ですよ。

単純温泉は肌への刺激が少ないため、
赤ちゃんからお年寄りまで、
肌や抵抗力の弱い方でも比較的安心して入ることができる温泉です。

とわいえ、
元々皮膚疾患のある赤ちゃんは事前に医師と相談しましょう。

スポンサードリンク
単純温泉とは
お湯に含まれる成分の量が、 一定量に達していないため、
泉質名がつけられていない温泉のことを指します。

赤ちゃんを温泉に入れるときの注意点は?

赤ちゃんでも温泉は楽しめますが、
大人とは違うことを忘れずに、
赤ちゃんを温泉に入れる時に注意したいことを確認しましょうね。

ぬるめのお湯・長湯は厳禁

泉質よりむしろ心配しなければならないのは、温泉の温度かもしれません!

赤ちゃんの入浴に適温なのは37〜40度です。

大人が気持ち良いと感じる42度の湯温も、
赤ちゃんにとっては熱く、肌がすぐに赤くなるので注意してくださいね。

また源泉掛け流しの温泉は大人にとっては魅力的ですが、
場所によっても季節によっても大きく温度が違ったりするので、
事前に温泉施設に問い合わせておくことをおすすめします。

かといって、
ぬる湯に長くつかるのも、
赤ちゃんは体が小さくてのぼせやすいので注意しましょう。

赤ちゃんを抱っこして入浴する時は足元に注意

赤ちゃんを抱っこして入浴する場合は、
温泉の成分で床が滑りやすくなっているので、
滑らないように細心の注意を払ってくださいね。

照明が暗い露天風呂は特に気をつけましょう。

マナーを守って入浴

施設によっては、
オムツのとれていない子供の入浴を禁じているところもあるくらいです。
湯船に入る前に、お尻などをシャワーでしっかり洗い流して清潔にしてから湯船に入るようにしましょうね。

あくまで温泉は公共の場です。

その公共の場で、
赤ちゃんが大浴場で粗相してしまったら大変ですよね。

必ず用を足したタイミングで温泉に入りましょう。
赤ちゃんが温泉の中で用を足してしまうことだけは絶対に避けなければいけません

こういったことを考えると、
赤ちゃんと温泉旅行に行く場合は、
家族風呂のある施設を選ぶことをおすすめします。

家族風呂なら水を足して温度調節もできるし、他のお客さんに迷惑がかかりません
なんといっても、
周りを気にする必要がないのです。
赤ちゃんにとっても、
パパママにとってもストレス無しで楽しむことができますね。

無理はしない

赤ちゃんが眠っていたり、
ぐずっていたり
泣き止まなかったりした場合は、
無理して入れようと頑張ることは控えましょう。

せっかく温泉に来たのだから、
この子も楽しませてやりたいと思うでしょうが、
もしかしたら赤ちゃんにはありがた迷惑かもしれませんよ。

赤ちゃんにしてみたら、
いつもと違う場所で、怖いと感じてしまうかもしれなし、
熱いお湯でいつもより疲れるかもしれないし・・・

こんな時は、
残念ですが、パパとママで交代で温泉に入り、
交代で赤ちゃんと部屋で過ごしましょう。

旅館で渡す心付け 詳しくはこちらから
旅館で心付けを渡すタイミングやマナーは?相場はいくらでチップとの違いは?

まとめ

赤ちゃんを連れての温泉旅行はいろいろ注意することがありますが、
尻込みせずにぜひチャレンジしてみてくださいね。

周りの宿泊者の方々に迷惑をかけないためにも、
「赤ちゃん大歓迎」の宿をさがし、
予約する時は必ず「◯か月の赤ちゃんと一緒に泊まる」
ということを宿に伝えましょう。

無理せず、赤ちゃんを第一に考えて、
赤ちゃんの温泉デビューを楽しんでください。

パパ、ママがんばって!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 車の運転中に眠くなる理由は?眠気対策はこれ!もしかしたら病気?
  2. だるま目入れのタイミング右左どちらから?設置場所や供養方法!願い叶わぬときは?
  3. 成人式の振袖レンタル予約はいつする?相場は?選び方のポイントは?
  4. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?
  5. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?

関連記事

  1. 赤ちゃん 子供 育児

    子供へ運動神経は遺伝する?良くするには?おすすめトレーニング方法!

    赤ちゃんが生まれたとき、「健康で元気に育ってくれたら何も言うことはない…

  2. 赤ちゃん 子供 育児

    断乳と卒乳どちらがいいのか その時期はいつ?おっぱいのケアは?

    赤ちゃんが離乳食にも慣れ、すくすくと成長し1歳頃になると、ママは断…

  3. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃん ダニ刺されの症状 刺されたらその時どうする?対策は?

    暖かくなってくると、畳やカーペット、布団など私たちの身近なところにいる…

  4. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃん鼻水は放置していい?病院へ行くタイミングは?耳鼻科?小児科?

    赤ちゃんの鼻水は健康状態を表すバロメーターのひとつと言われていますが、…

  5. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんに牛乳をいつから飲ませていい?量は?賞味期限に注意!

    牛乳といえば、ほとんどの人が小さい時から「体にいいからとたくさん飲…

  6. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃん夏かぜの症状 その時エアコンは?お風呂はどうする?

    いつも元気に動き回っている赤ちゃん。なのに今日は元気がない・・・…

おすすめの記事

最近の記事

  1. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  2. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  3. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  4. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
  5. 母の日のプレゼント鉢植え紫陽花の上手な育て方!植え替えや剪定…
PAGE TOP