健康

デング熱の症状は?人から人への感染はあるの?予防と対策はこれ!

ジメジメした蒸し暑い夏がやってきました。

この季節、
気になるのは2014年に都内を中心に70年ぶり大流行したデング熱です。

今年もまた、
デング熱が流行してしまうのか、ちょっと心配ではないですか?

外遊びの大好きな子供がいる家庭では気が気ではないですよね・・・

今日は、
デング熱にかかった時の症状や人から人への感染があるのかどうか?
とても重要な予防と対策のお話をします。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

デング熱の症状は?

夏本番になり、
2014年に都内を中心に70年ぶり大流行したデング熱が、
今年も流行したらと思うと心配でたまりませんね。

デング熱は、
ネッタイシマ蚊やヒトスジシマ蚊によって媒介されるデングウイルスの感染症です。

デング熱には、
比較的軽症のデング熱と、
重症型のデング出血熱があります。

デング熱とデング出血熱。
おなじような名前ですが症状の重さはとても大きく違うんですよ。

しかし、
感染したからといって人がすべて発症するわけではなく、
2割程度の人に症状が現れるのです。

では、
デング熱とはどんな症状なのでしょう。

インフルエンザにとてもよく似た症状のようですよ。

感染後2日~7日ほどの潜伏期間の後に、
突然の高熱(38~40度程度)で発症します。
頭痛や眼の奥の痛み、腰痛、筋肉痛、骨痛が主な症状として現れます。

さらには、

食欲不振や腹痛、吐き気、嘔吐、脱力感、全身倦怠感(けんたいかん)も現れることがあります。
全身のリンパ節のはれもみられ、

ウイルス疾患のため、

発熱してから3〜5日目には胸、背中、顔面、腕、脚に発疹が出ることもあります。

これらの症状は約1週間で消え、通常は後遺症を残すことなく回復します。

しかし、
重症化した場合「デング熱出血」を起こすことがあり、
治療が遅れたり適切な治療を行えない場合に、
まれに出血にともなうショック死をすることがあるため注意が必要なのです。

デング熱が恐れられているのはこのことからなんですね。

関連記事
ジカ熱 詳しくはこちらから
ジカ熱とはどんな症状で感染経路は?人から人の感染や予防方法は?

デング熱は人から人へ感染するの?

このデング熱の感染経路はどうなっているのでしょうね。

初期症状はインフルエンザに似ていますが、
デング熱は蚊から媒介する感染症です。

なので、
インフルエンザのように、人から人への感染はありませんよ
○空気感染
○接触感染
はおこらないということです。

つまり最大の予防と対策は、
感染経路である蚊に刺されないことです。

ただ、
感染した人を刺した蚊から感染することはあります。
どういうことかというと、

蚊 ⇔ デング熱に感染した人 ⇔ 蚊 ⇒ 人

このような感じです。

デング熱にならないための予防と対策!

デング熱で一番困ることは、
世界的にも予防薬や特効薬がなく、有効なワクチンというものがありません。

スポンサードリンク

そのため一番の予防法は、
ヒトスジシマ蚊に刺されないようにすることです。

ヒトスジシマ蚊が人を刺すのは「日中!」なんですよ。

なので、
昼間に刺された蚊には特に注意が必要です。

気温が下がればヒトスジシマ蚊は活動を停止すると言われているので、
もうしばらくは、注意して生活しましょう。

では、
そのための対策はどうしたらいいのでしょう。

◎外出するときには、肌が露出している部分には虫よけスプレーを使いましょう。
虫よけに有効な成分は「ディート」です。
厚生省が認可している虫よけ剤としての「ディート」の最高濃度は12%です。
濃度の違いは効き目の時間の長さになります。

虫よけスプレーを購入するときは、パッケージの裏面にある成分表示に「ディート」があることを確認しましょう。

日焼け止めを併用する場合、日焼け止めの上に虫よけ剤を塗りましょうね。

◎ 屋外、屋内を問わず香取線香など利用しましょう。

◎蚊がいそうな場所(山や公園などの茂み)に出かける時は、
長袖、長ズボン、首元は襟がある物を選び肌の露出を抑えましょう。

長袖、長ズボンも肌と服の間に空間をなくし、
厚手の生地にして蚊に刺されても肌に届かないような素材を選びましょう。

蚊に刺されない基本は、蚊に刺されにくい服装にということになりますね。

◎蚊は黒っぽい服に寄ってくる習性があります。
白などの明るい色の服装がいいでしょう。

ヒトスジシマ蚊の行動範囲は50mから100mなので、
デング熱が発生したと騒がれる場所には近づかないことも有効な対策になります。
デング熱対策として特に子供は注意しましょう

子供は体温が高いですよね。

さらに、
たくさん汗をかくので、汗のニオイにつられて蚊はやってきます。

だから、
子供は大人よりも蚊にさされやすいのです。

蚊は体温を察知する能力が高いので、
体温が高い子供は狙われやすい。
無防備に茂みなどに近づくので、
蚊に刺される可能性が高い。
デング熱の症状が重くなることもある
ディートが入った虫よけ剤を子供に使うときの注意点

一度大人の手にスプレーしたもの塗りましょう。

長時間塗ったままにしない(子供4時間程度)ようにしましょう。

帰宅後は石鹸を使って虫よけ剤を洗い落としましょう。

子供は外で活動をすることが大好きです。
この暑い時期は夏休み中の重なるので、
万全の対策をしてデング熱を防ぐ努力をしましょうね。
大人も十分気をつけなくてはいけませんが、
むじゃきに、無防備に遊ぶ子供には、大人が十分気を配ってあげるようにしましょう。

こちらの「赤ちゃんの蚊よけ対策 ディートに注意!安全なハッカ油スプレーの作りかた」
の記事も参考にどうぞ。

まとめ

8月下旬から9月にかけて、
産卵期を迎える蚊が増えると、
活動が活発になり、デング熱の被害が増加するようです。

デング熱は日中の野外で活動する可能性が高いので、
日中の野外での活動には注意をし、
できるだけ不要な外出はしないようにしたいですね。

デング熱から身を守るのは、
ヒトスジシマ蚊に刺されないようにすること!

ただそれだけなのです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. さつまいもの栄養と効能!調理法の注意点と新鮮に長期保存するには?
  2. 深大寺だるま市2017年の開催日程や気になる開眼時間!見どころやアクセス情報は?…
  3. 大学入学式で男性が着るスーツの値段や色は?コーディネートに必要な物は?
  4. 雪道で滑らない歩き方のコツと靴の対策は?ブーツは安全?
  5. 車の運転中に眠くなる理由は?眠気対策はこれ!もしかしたら病気?

関連記事

  1. マナー

    日傘と雨傘の違い 選び方のポイントは3つ さす時のマナーに気をつけて!

    やっぱり美白がいい! 最近 日焼けが気になってきたあなた。 日傘をさし…

  2. 健康

    りんご病とは?大人の症状と妊婦から胎児への感染の影響は?

    りんご病。幼稚園や保育園に通園している子供をもつママであれば、一度…

  3. 健康

    ゴキブリ駆除にホウ酸ダンゴ効果あり!作り方は?赤ちゃんに安心?

    毎年夏場、ゴキブリの出没に悩まされていませんか?一匹見たら30匹い…

  4. 健康

    食中毒の症状と原因 家庭での治療法 病院は何科に行ったらいい?

    細菌が育ちやすい6月から9月ごろ。気温が高く湿度も高くなってく…

  5. 健康

    インフルエンザ予防にマスクの効果は?種類や家族にうつさないためには?

    そろそろインフルエンザが気になる季節。毎年流行するインフルエンザで…

  6. 健康

    とうもろこしは夏バテに効果ある?甘いゆで方とひげ茶の効果と作り方

    スーパーに、皮付きのとうもろこしが並ぶ季節。6月から9月ころまで出…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP