赤ちゃん 子供 育児

赤ちゃんインフルエンザ予防接種はいつから?受けるべきなの?副作用は?

流行すると、猛威をふるうインフルエンザ。

お母さんは、
大事な赤ちゃんをインフルエンザから守るために、
どうしたらいいのか悩んでいるのではないですか。

大人と同じようにインフルエンザの予防接種は受けることが出来るの?
それはいつから?
予防接種は受けるべきなの?
副作用ってあるのかしら?

今日は、
このような心配や疑問点についてお話しします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

赤ちゃんはインフルエンザの予防接種をいつから受けることができるの?

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種は、
生後6か月(満6か月)から受けることができますよ。

希望する人だけが受ける「任意接種」なので、費用は全額自己負担になりますね。

生後6ヶ月未満の赤ちゃんが予防接種しないのは、
まだまだ、
お母さんからの免疫が働いていることが期待されているからなんです。

日本では、
生後6ヶ月〜3歳未満そして、
3歳〜13歳未満については、
2回の予防接種をすすめられていています。

■6か月~3歳未満 1回0.25ml 計0.5ml
■3歳~13歳未満 1回0.5ml 計1ml

なぜ13歳未満は予防接種を2回するのでしょうね。

それは、
赤ちゃんや子供は家族に守られていますよね。

なので、
まだ様々なウイルスや菌に触れていないのです。

そのため、
大人に比べて免疫力が低いので、
より効果を高めるためには2回の予防接種が必要なのです。

2回接種することによってその効果は、
1回打った時と比べて、
10倍ほど上がるといわれているんです。

これを、
ブースト効果といいます。

このブースト効果は、
2回の予防接種をしないと期待できないのです。

ですから、
赤ちゃんや子供が、
インフルエンザの予防接種を受けるときは、
しっかりと2回受けるようにしましょうね。

赤ちゃんはインフルエンザの予防接種を受けるべきなの?

流行すると、猛威をふるうインフルエンザ。
大人でもインフルエンザにかかるととてもつらいですよね。

もし、体の小さな赤ちゃんかかっったら・・・
そう思うだけで心配でたまらないでしょう。

やはり、
生後6ヶ月を過ぎていたら、
赤ちゃんにインフルエンザの予防接種を受けさせるべきなのでしょうか?

これは、
お医者さんによっても判断が分かれるようです。

厚生労働省から発表されている資料では、
1歳未満のお子様本人への接種は、免疫をつけることが難しいため推奨されません。」
とされています。

ということは、
1歳未満の赤ちゃんがインフルエンザの予防接種を受けたからといって、
完全に防げるというわけではないってことですよね・・・

しかしよく考えると、
大人だってインフルエンザは、
新型やA型、B型、C型など毎年流行する型が違っているから、
予防接種を受けたからと言って必ずしもからないというわけではないですよね。

予防のために任意で打っているのですから。

赤ちゃんにとって100%予防できなくても
予防接種は、
インフルエンザの感染を少なくする効果があることが認められています
また、
インフルエンザは老人と乳児がかかると重症になることも明らかになっています。
そして、
インフルエンザは自然発生的に赤ちゃんが発症するものでは決してないのです。

このことを踏まえて考えてみましょう。

■赤ちゃん本人が、保育園に行き集団生活をしている場合は、
インフルエンザの予防接種を受けるのがよいでしょう。

この場合は、
うつる確率はとても高いですからね。
うつってしまった場合でも、症状が軽くなるのであれば◎ですもんね。

■赤ちゃんはまだ集団生活をしていないけれど、
家族の中にインフルエンザにかかるチャンスの高い人がいる場合、
たとえば、
兄弟など上の子からの感染が心配な場合。
両親医療関係の仕事をしている場合や大勢の人の中で働く場合。
通勤公共交通機関を利用している場合。

スポンサードリンク

この場合は、
家族全員がきっちりと予防接種をし、家族から赤ちゃんへ感染を防ぐべきですね。
そして赤ちゃんもインフルエンザの予防接種を受けていれば尚、効果があるでしょう。

■家族にこのような人がいない場合、
インフルエンザのシーズン(年末から2月いっぱいくらい)は、
人ごみの中への外出を控えましょう。
そして、
マスクの着用や帰宅時の手洗い
うがいを徹底し、
家族がウイルスを持ち込まない
部屋の温度や湿度を適切に整える。

これらの予防策を家族で実行することで、
赤ちゃんはインフルエンザの予防接種を受けなくても
ある程度防ぐことはできるでしょう。

それでも迷ってしまう時は、
かかりつけの小児科のお医者さんに相談するのをおすすめします。

ちなみに、
インフルエンザワクチンの効果が現れる時期と効果の持続時間には個人差があります。
一般的に効果が持続するのは、
インフルエンザワクチンの接種後、2週間目ごろから5カ月間程度とされています。

赤ちゃんがインフルエンザの予防接種を受けて副作用は大丈夫?

インフルエンザの副作用(副反応)としては次のようのものがあります。

■局所反応
(発赤、腫脹、疼痛等)は10%程度
■全身反応
(発熱、悪寒、頭痛、倦怠感、嘔吐、下痢等)は1%以下です。

これらの症状は、
通常2~3日で消えるので、特別に処置をする必要はありません。

しかし、
言葉が話せない、辛さを訴えられない赤ちゃんです。
心配な時は医師に相談しましょうね。

ここで問題なのが、
卵アレルギーを持っている赤ちゃんです。

ワクチンの製造に鶏卵を使っているので、
微量ですが卵の成分がワクチンの中に間違いなく残存します。

そのため、
卵アレルギーの人がインフルエンザワクチンを接種すると、
じんましん、発疹、口腔のしびれなどの「アナフィラキシー」になるかもしれない」のです。

「アナフィラキシー」とは、
発症後、
極めて短い時間のうちに全身性にアレルギー症状が出る反応のことです。

まだまだ離乳食も進んでいない赤ちゃんの場合、
食べ物のアレルギーがあるかわからないこともあり得ますよね。

その場合は、
卵ボーロなどを少しづつ口に含ませてあげて確認してみるのがいいと言われています。

やはり、
1歳未満の赤ちゃんの予防接種を受ける場合は、
かかりつけの小児科のお医者さんに相談することをおすすめします。
ワクチン接種前と後の注意点

副作用(副反応)のリスクをなるべく少なくするために、
お母さんは覚えておきましょう。

ワクチン接種によるアナフィラキシー反応は、接種後30分以内に起こることが多いのです。
なので、
ワクチン接種後30分は、
場所を移動したりせずに、安静にして赤ちゃんの様子をみましょう。

また、
接種した当日激しい運動をさせないようにしましょう。

入浴時は、
注射した箇所をこすらないように気をつけてください。

予防接種後に副作用が出た場合は、
なるべく早く、
接種してもらったお医者さんに相談しましょうね。

関連記事
「赤ちゃんインフルエンザの最適予防接種時期と間隔は?他の予防接種と費用は?」
「インフルエンザの症状は?病院へ行くタイミングと外出はいつまで控える?」
「インフルエンザの予防と対策!加湿器は有効なの?効果的に使うには?」

まとめ

インフルエンザから赤ちゃんを守るのは、
赤ちゃん本人に予防接種を受けさせることも大事ですが、

インフルエンザにかからないためにも普段から、
一緒に暮らす家族が自覚を持って予防策を実行し、
ウイルスを持ち込まないこと。

そして、
予防接種を受けることのほうが大事だと思います。

寒い冬、ぜひとも
インフルエンザにかからないで乗り切りたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 大学入学式で男性が着るスーツの値段や色は?コーディネートに必要な物は?
  2. 成人式の振袖レンタル予約はいつする?相場は?選び方のポイントは?
  3. 車の運転中に眠くなる理由は?眠気対策はこれ!もしかしたら病気?
  4. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?
  5. 深大寺だるま市2017年の開催日程や気になる開眼時間!見どころやアクセス情報は?…

関連記事

  1. 赤ちゃん 子供 育児

    プールの水着は毎日洗濯するべき?洗濯方法と干し方は?早く乾かす方法は?

    夏になると子供たちが大好きなプールが学校や幼稚園で始まります。夏休…

  2. 学校行事

    ランドセルの選び方 素材はどれに?色は子供の希望でいい?サイズも重要

    年々、ランドセルの購入時期が早くなっているようです。来年、小学…

  3. 赤ちゃん 子供 育児

    幼児とびひの原因と症状 予防の5つの心得!大人にもうつるって本当?

    今年の夏も猛暑のようです。この時期はあせもや虫刺されなどの…

  4. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんにチョコレートはいつから?アレルギーは?食べてしまったら?

    もうすぐバレンタインですね!今年はどんなチョコレートにしようか今か…

  5. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんファーストシューズはいつから?選び方は?嫌がる時はどうする?

    つかまり立ちから、伝い歩き、よちよちとバランスをとりながらのひとり歩き…

  6. 赤ちゃん 子供 育児

    里帰り出産 病院の手続きと帰る期間とお礼の相場はどれくらい?

    待望の赤ちゃんを授かり、妊婦さんになったあなた。おめでとうございま…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP