赤ちゃん 子供 育児

赤ちゃん発熱時は温める冷やす?冷やす場所や解熱剤は?お風呂は?

だんだんと気温が低く肌寒くなってくると心配なのが、赤ちゃんの発熱ですね。

赤ちゃんが熱を出したときは温めるのか、それとも冷やすのか・・・
迷っていませんか?

冷やすと効果的な場所は?
熱冷ましに解熱剤は使っていいの?
お風呂は?

分からないことがいっぱいで悩んでしまうでしょう。

今日は、
赤ちゃんの発熱時はどうしたらいいのかについてお話しします。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサードリンク

赤ちゃんの発熱時は温めるの?それとも冷やすの?

赤ちゃんが熱を出したときに迷いがちなのが、
 温めた方 がいいのか、 冷やした方 がいいのかの選択ですよね 。

どのように対処したらいいのでしょう。

温めるか、冷やすかは、
赤ちゃんの状態と熱の上がり方みて判断しましょう。

急激に発熱をした場合、
熱がまだ上がる途中(上昇期)では、
 手足が冷たくなって体が小刻みに震え、顔色が悪く なったりします。
このようはときには、
体が冷えないように温かくする必要があります。

布団や毛布を多めにかけたり、厚着をさせたりしましょう。

赤ちゃんがぐずるときには、
毛布にくるんで抱っこするのもいいですね。

ただ、
この状態はそう長くは続きませんよ。

そして、
熱が上がりきってしまえば震えはおさまります。

その後、
 今度は体が熱くなり、顔色も赤み をおびてきます。

このような状態になった時に冷やすようにします。

この時、
布団や毛布のかけすぎや着せすぎ、部屋の温めすぎは良くありません。
体に熱がこもらないようにしましょう。

赤ちゃんの背中に手を入れて様子をみてください。
汗ばんでいたら熱すぎる証拠なので、衣服や布団などで調節しましょう。

熱があると発汗が多くなり、水分が失われます。

赤ちゃんにとって 脱水状態はとても危険 です。

母乳を飲ませたり、
刺激の少ない麦茶や湯冷まし、
イオン飲料などで水分を何回にも分けて十分に与えましょう。

汗をかいたときは、
下着やパジャマをこまめに着替えさせることも忘れないでくださいね。

赤ちゃんの発熱時に効果的に冷やす場所はどこ?

赤ちゃんの発熱時に、
熱冷まし効果を期待できる、
 冷やすと効果的な場所 はどこなのでしょう。

その場所は、
首、わきの下、足の付け根です。
おでこはあまり効果がありません

発熱時は、
むやみやたらに全身を冷やせば、熱が下がるわけではなく、
発熱で熱くなっている血液を冷やすために 太い血管を冷やすことが効果的 なのです。

首のリンパ

発熱時は首のリンパ部分を 触ると熱さが伝わってきます。 

発熱でリンパ腺が腫れていると、
中耳炎など耳の病気が関わっている可能性があったり、
喉が痛くなったり
赤ちゃんも母乳やミルクを上手に飲むことができなくなります。

熱中症を予防する時と同じように首の両サイドを冷やしてあげるましょう。

首のリンパを冷やすには、
ケーキを買うと付いてくる小さなの保冷剤を使用して冷やすのがおすすめです。

 直接肌に当てない よう、ガーゼやハンカチで包んでから当ててくださいね。

首を冷やす時は、
強く押すと苦しくなってしまうので、 軽く手を添えるだけ で大丈夫です。

あまり冷たくする必要はありません。
急に冷たいものをで冷やすと赤ちゃんは驚いてしまいます。

脇の下

脇の下は、熱を測る時にも使いますよね。
太い血管が通っているので、
発熱で 血液が熱くなっている状態を確認しやすい のです。

スポンサードリンク

赤ちゃんは、
脇の下を冷やすと気持ち良いと感じ嫌がりません。

もしも嫌がるようであれば、冷たすぎるのかもしれませんよ。

脇の下も、
ケーキを買うと付いてくる小さなの保冷剤を使用して冷やすのがおすすめです。

皮膚が薄いので、ガーゼやタオルで包んで肌を傷めないようにしましょう。

冷やした時に肌着や洋服が濡れないように気をつけてくださいね。
濡れた場合、
そのままにしておくと肌が冷えてしまいますよ。

足の付け根

赤ちゃんの足を、
 おむつ交換の時のように軽く開かせて、  足の太ももの付け根を冷やすことがおすすめです。

しかし、
寒い環境では、逆に冷えてしまいます。
暑い季節でないときは、
短時間で赤ちゃんの気分転換に行う程度がいいでしょう。

おでこを冷やす効果は・・・

高熱と聞くと、
おでこに冷たいタオルや氷嚢(ひょうのう)をあてているイメージがありますよね。

しかし、
赤ちゃんのおでこを冷やすことで、
 高熱を下げることはあまり期待できません。 

嫌がる時は無理におでこを冷やす必要はないでしょう。

赤ちゃんは、
ちょっとタオルがずれて鼻にかかっただけで呼吸困難になってしまいます。

おでこを冷やす時は、
必ずママが付き添って短時間にしましょうね。

赤ちゃんの発熱時に解熱剤を使っていいの?

発熱は、怖いものではありませんよ。
自分の体を守るための防御反応です。

体温が上がると、
体内にいる ウイルスや細菌の活動が鈍くなります 

逆に、
体内の 免疫細胞の活動は高まってウイルスや細菌への攻撃力が高まる のです。

つまり、
発熱は、脳からの命令によって、
ウイルスや細菌と闘うために、体温を上げているのです!

解熱剤を使うということは、
脳からの命令に逆らって攻撃を休ませてしまうことになるので、
発熱の原因となっている病気を長引かせることになります。

急に体温を下げるということは、
赤ちゃんの体力を著しく消耗させることにもなりますよ。

解熱剤で病気は治りません。
一時的に熱を下げるだけで、病気が改善するわけではないのです。
解熱剤はむやみに使うのは控えましょう。

しかし、
高熱でつらそうにしている姿を見ているのは辛いですよね。
解熱剤を使って一時的に熱を下げれば楽になります。

解熱剤を使うタイミングは、体温や時間で決めないで、
赤ちゃんの様子や状態によって判断してください。

赤ちゃんの発熱時のお風呂はどうする?

お風呂に入れるかどうか判断に迷ったときは、
 無理せずに入浴を控える のがいいでしょう。

まずは、
赤ちゃんが元気になるのが先決だと考えてあげてくださいね。

とはいっても、
熱があるときはたくさん汗をかくので、オムツの中も蒸れやすくなっていますよね。

無理のない範囲で、きれいにしてあげたいですよね。

そこでお風呂に入れないときは、
 お湯でしぼったガーゼや柔らかいタオルで、  全身をきれいに拭いてあげましょう。

汗をかきやすい 首やわきの下、おむつの中など を拭いてあげるだけでもさっぱりして、赤ちゃんもご機嫌になるでしょう。

おむつだけ外して、シャワーでサッと洗ってあげるのもいいですね。

まとめ

赤ちゃんの発熱時は、
ママの心のゆとりが、赤ちゃんを快方に向かわせてくれるでしょう。

ママの笑顔が、一番の特効薬になるのではないでしょうか。

発熱時は、
家事を放り出して、1日中赤ちゃんに付き合ってください。

そんなママの気持ちを感じて赤ちゃんも安心して早く快方に向かうことでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連コンテンツ$スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 土鍋の使い始め目止めにおかゆを作る理由は?上手なお手入れと使い方は?
  2. 大学入学式で男性が着るスーツの値段や色は?コーディネートに必要な物は?
  3. 大学入学式に男性はスーツ?成人式や就活と兼用でもいい?いつ買うの?
  4. 深大寺だるま市2017年の開催日程や気になる開眼時間!見どころやアクセス情報は?…
  5. さつまいもはダイエットに効果ある?カロリーは?注意点はなに?

関連記事

  1. 赤ちゃん 子供 育児

    幼児の水遊び時間の目安は?注意すべきこととオモチャの工夫!

    夏目前!ジメジメとした暑い日が続き不快指数アップ (さ…

  2. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃん蚊に刺されたら!跡が消えないときは?病院に行った方がいい?

    夏に悩まされるのは、あのどこからともなくやってくる、憎っき「蚊」ですよ…

  3. 赤ちゃん 子供 育児

    赤ちゃんの歯磨きはいつから?生後6ヶ月のやり方とフッ素はどうする?

    赤ちゃんが生後6ヶ月になり、かわいい小さい歯が生えてくると、ママは歯磨…

  4. 赤ちゃん 子供 育児

    母乳にカフェインは影響する?移行する時間は?カフェインゼロの飲み物は?

    母乳で育児中のお母さんを見かけると、とっても微笑ましく心が温かくなって…

  5. 赤ちゃん 子供 育児

    手足口病の口内炎はいつ治る?痛い時の食事は?赤ちゃんの場合は?

    子供が手足口病にかかり、一番つらくかわいそうなのが口内炎です。…

  6. 赤ちゃん 子供 育児

    子供の咳で病院に行く目安は?何科を受診する?考えられる病気は?

    冬は乾燥がとっても気になります。最近は寒暖差も激しくて、大人でも体…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 春キャベツと冬キャベツ美味しい見分け方と保存方法は?簡単で美…
  2. ボディバッグはウエストポーチと何が違い利点は?何を入れる?
  3. 女性のボディバックと服装の合わせ方 胸が大きく気になるときの…
  4. 佐久間由衣が<ゼクシィ>10代目CMガールに抜擢 新婦役の清…
  5. 修学旅行バッグの選び方や容量は?小学、中学、高校生におすすめ…
PAGE TOP